漫画の地球儀

『リフレッシュレート』の意味!【ディスプレイ、オンラインゲーム、FPSをやる場合の目安】

スポンサーリンク

リフレッシュレート

f:id:rick1208:20201218070353p:plain

オンラインゲームやFPSなどの対戦ゲームを行っているユーザーであれば、「リフレッシュレート」という単語を耳にすることがあると思います。

このリフレッシュレートというのは、ディスプレイが1秒間に最大何フレームの映像の書き換えを行うことが可能なのかを示す数値で、単位は「Hz(ヘルツ)」で示されます。

144Hzのディスプレイであれば、1秒間に144回の映像書き換えを行うことが可能です。

分かりにくい場合は、パラパラ漫画で例えると分かりやすいかもしれません。

1秒間に60枚の紙を利用してパラパラ漫画を作るのと144枚の紙を利用してパラパラ漫画を作る場合では、後者のほうが動きをなめらかに表現可能です

要するに、リフレッシュレートが高いということがそれだけ映像をなめらかに描画可能なということになります。

フレームレートとの違い


同様な単語として「フレームレート(単位:FPS)」というものがあります。フレームレートは1秒間に表示可能な映像の枚数のことを指しており、リフレッシュレートと同じ意味に思えるかもしれません。


ではどういった使い分けをしているのかと言いますと、「ソフトウェア」ではフレームレート・「ハードウェア」ではリフレッシュレートを用います。

ゲーム上での数値はフレームレート・ディスプレイ本体に記載される数値はリフレッシュレートと覚えるといいと思います。

リフレッシュレートの目安

f:id:rick1208:20201217213021p:plain

上記で説明している通り、リフレッシュレートは高ければ高いほど映像がなめらかになります。では、具体的にどれくらいの数値のものを選べばいいのか気になりますよね。リフレッシュレートの目安は下記の通りとなります。

60Hz~75Hz:一般的なテレビはこのあたりのリフレッシュレートになります。動きが激しい映像を映した場合、残像が発生することもあります。
144Hz:FPSなどのゲームを快適にプレイするには、144Hzのものを使用することがおススメされています。

240Hz:e-Sportsをフルに楽しみたい場合は、144Hz以上のリフレッシュレートである240Hzがおススメされます。

ゲーミングモニターなどであれば、応答速度も早いものが多いためとても快適にゲームをプレイすることが可能です。

リフレッシュレートのチェック方法

リフレッシュレートがどういったものなのかを説明してきましたが、自分自身の使用しているディスプレイのリフレッシュレートがどれくらいなのか気になります