漫画の地球儀

『Teams』でカメラが映らない原因、対処法!【音が聴こえない、スピーカー、イヤホン、pc】

スポンサーリンク

カメラやサウンドに問題起きている

f:id:rick1208:20210219124222p:plain

Microsoft Teams」で提供されている通話機能の「ビデオ通話」で、カメラが映らない問題や相手の音声が聴こえないといった不具合がチェックされています。

このようなトラブルに直面した際は、サービス側に問題があると思われがちですが、ユーザー側の設定等に原因があることが多いです。
使用環境を見直すことで、問題を解消可能なと思います。

ユーザー側(自分自身あるいは相手)の設定に原因がある可能性が高い

f:id:rick1208:20210219125602p:plain


ユーザー側の使用環境に原因がある可能性があります。

原因

カメラ、スピーカー(イヤホン)が接続されていない。音量が小さい。
相手がマイクをミュートにしている。
バイスのアクセス許可が有効になっていない。
使用するデバイス(カメラ、スピーカー等)を選びていない。

カメラが映らない・音が聴こえないといった不具合のほとんどは、主に上記のものが挙げられます。

設定のチェックや、相手に設定のチェックを促すことで解消されると思います。

カメラやスピーカー(イヤホン)は接続されているか?

内臓タイプではなく、WebカメラなどのUSBに接続して使用する「外付けタイプ」を使用しているときは、正しく接続されているかチェックしましょう。

パソコンとの接続においては、何らかの拍子でUSBが抜けてしまうことがあります。

奥までちゃんとと挿し込みましょう。

また、稀にケーブルの断線や故障等で機器が使用できないことがあります。

外付けタイプの機器を使用しているときは、機器のメンテナンス等を行ってみましょう。

対処法

f:id:rick1208:20210219125923p:plain

カメラが映らない・音声が聴こえないときの対処法をご説明します。

まずは、次の対処法を試し、改善しないときはさらに別の対処法を試してトラブルの解決を図ります。

対処法

バイスの再起動。
通信環境をチェックする。
クライアントアプリを使用しているときは、アップデートや再インストールする。
OSを最新バージョンへアップデートする。

通話を終了して再度掛け直す

カメラが映らない・音が聴こえないときは、一旦通話を終了します。

通話を終了後、再度相手へ掛け直すことで改善する傾向があります。

ブラウザ、クライアントアプリの再起動

Microsoft Teams」を使用するブラウザあるいはクライアントアプリを一旦終了し、再起動します。

再起動後にもう一度通話を開始し、不具合が発生しないチェックしましょう。

バイスの指定を行う

使用するカメラやスピーカーといったデバイスが、Teamsで使用可能なようになっているかチェックします。

使用できないときは、Teamsで使用可能なように機器を切り替えます。


f:id:rick1208:20210219130025p:plain



通話中の画面で、「・・・」を押します。


f:id:rick1208:20210219130201p:plain



「デバイスの設定を表示する」を開きます。


f:id:rick1208:20210219130355p:plain


スピーカー、マイク、カメラとTeamsの通話で使用するデバイスが出ています。

カメラなどが接続されていない機器を選びていることがあるため、正しい機器を選びます。

スポンサーリンク



カメラのアクセス許可を行う

カメラのアクセス許可がオンになっていないと、映りません。



f:id:rick1208:20210219130607p:plain



Windowsボタン(あるいはキー)」を押し、「Windows設定」を開きます。

設定項目内の「プライバシー」を開きましょう。



f:id:rick1208:20210219130617p:plain




左側メニュータブ内の「カメラ」を押します。




f:id:rick1208:20210219130625p:plain




クライアントアプリを使用しているときは、「アプリがカメラにアクセス可能なようにする」のスイッチをオンにします。




f:id:rick1208:20210219130635p:plain



ブラウザ版を使用しているときは、「デスクトップアプリがカメラにアクセス可能なようにする」のスイッチをオンにします。

アクセス許可でカメラが使用可能なようになるため、再度ビデオ通話が行えるチェックしてみましょう。

スピーカーを有効にする

スピーカーが「無効」になっていると、音が流れません。



f:id:rick1208:20210219130651p:plain




「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアとサウンド」を開きます。



f:id:rick1208:20210219130700p:plain



サウンド」を開きます。




f:id:rick1208:20210219130711p:plain


「スピーカー」にカーソルを合わせ、右押します。

「有効」を押すことでスピーカーが使えるようになります。

なお、すでに有効のときはこの方法を行わなくて構いません。

「デバイスマネージャー」でドライバーの更新を行う

ドライバーの更新を行うことで改善する傾向があります。



f:id:rick1208:20210219130727p:plain



「コントロールパネル」内の検索ボックスに「デバイスマネージャー」を記入し、検索します。



f:id:rick1208:20210219130736p:plain




検索結果の「デバイスマネージャー」を開きます。



f:id:rick1208:20210219130746p:plain




「オーディオの記入および出力」をダブル押します。

「スピーカー」を右押し、「ドライバーの更新」を行います。




f:id:rick1208:20210219130757p:plain


同じように「カメラ」もドライバー更新を行います。