漫画の地球儀

『Windows10の電源メニュー』に休止状態を表示する方法!【pc、ノートパソコン、出張、メリット】

スポンサーリンク

電源メニューに休止状態を表示

f:id:rick1208:20210204132350p:plain

出張などでノートパソコンを持ち運ぶ時、スリープにしてすぐにノートパソコンを使える状態にしているユーザーの方もいらっしゃると思いますが、スリープにしているとバッテリーの減りが早い・・・と感じたことはありませんか?

バッテリーの減りを抑えたいと思っている方におススメなのが休止状態(ハイバネーション)です。

スリープと休止状態の違いは、スリープの場合すぐにパソコンが使えるというメリットがありますが一方でメモリに電力を使うというデメリットがあります。

休止状態は元の状態に戻るまで時間が少しかかりますが、メモリを起動してないので使う電力が少ないというメリットがあります。

休止状態を使いたいというユーザーの人の為に今回は、Windows10の電源メニューに休止状態を表示する方法を説明します。


電源メニューに休止状態を表示させる方法

f:id:rick1208:20210204112256p:plain

Windowsの設定からする方法

まずはWindowsの設定から電源メニューに休止状態を表示させる方法を説明します。


Windowsのマークを押します。



f:id:rick1208:20210204135601p:plain


メニューが出たら『設定』を押します。


f:id:rick1208:20210204135612p:plain


『設定』が開いたら『システム』を押します。



f:id:rick1208:20210204135654p:plain


『システム』が開いたら『電源とスリープ』を押します。



f:id:rick1208:20210204135704p:plain


『電源とスリープ』が開いたら『電源の追加設定』を押します。


f:id:rick1208:20210204135717p:plain



『電源の追加設定』が開いたら『電源ボタンの動作を選択する』を押します。



f:id:rick1208:20210204135834p:plain


『電源ボタンの動作を選択する』が開いたら『現在使用可能ではない設定を変更します』を押します。


f:id:rick1208:20210204135846p:plain



『現在使用可能ではない設定を変更します』が開いたら『休止状態』にチェックを入れ『変更の保存』を押してください。これで『休止状態』が出ます。


f:id:rick1208:20210204135902p:plain

コマンドプロンプトから設定する方法

先程説明したWindowsの設定から電源メニューに休止状態を表示させる方法で何故か休止状態にならない、設定できない・・・ということがあります。

そんな時はコマンドプロンプトから設定してください。


Windows』+『R』を押し『ファイル名を指定して実行』を開いてください。

『ファイル名を指定して実行』が開いたら『名前』に『cmd』と記入します。



f:id:rick1208:20210204135939p:plain


管理者権限でコマンドプロンプトを開く必要があるので『名前』に『cmd』と記入したら『Shift』+『Ctrl』を押しながら『Enter』を押してください。これで管理者権限でコマンドプロンプトが開きます。

管理者権限でコマンドプロンプトが開いていることをチェックしてください。

f:id:rick1208:20210204140005p:plain




管理者権限でコマンドプロンプトが開いたら

powercfg /h /type full
powercfg /h on

と記入してください。これが休止状態を有効化するコマンドです。


f:id:rick1208:20210204140016p:plain




これで休止状態を有効にすることが可能でした。

また電源管理の状態をチェックしたい場合は

powercfg /a

とコマンドを記入してください。これで休止状態が有効になっているかチェック可能です。


f:id:rick1208:20210204140029p:plain