漫画の地球儀

Spotifyからの『お支払い情報が見つかりません』の原因、対処法!【フィッシング詐欺メール、アプリ】

スポンサーリンク

Spotifyから「お支払い情報が見つかりません」

f:id:rick1208:20210208215515p:plain

5月の終わりごろから、Spotify名義で「お支払い情報が見つかりません」というメールが届く人が増えています。


f:id:rick1208:20210209211450p:plain


このメールはSpotifyを使用していない人にも届いており、かなり無差別に送られててきているので、強い不信感を抱いてしまう人がほとんどです。

また、Spotifyは基本無料のアプリとなっており、課金をしていない人でも来る、あるいはちゃんとと支払いを済ませていても来るということで不安に思ってしまうときもあります。


その他の不審なメール

Spotifyの名義から届く不審なメールは増えており、他にも「Spotifyに新しいログインがありました」や、「パスワードをリセットしました」と英文で書かれたメールも届くことがあります。

これらの不審なメールは最近急激に増えているので、十分にご注意ください。

フィッシング詐欺メール

今回の「お支払い情報が見つかりません」というメールは、「フィッシング詐欺」と呼ばれる詐欺メールです。ご注意ください。

フィッシング詐欺とは、特定のサイトや会社を偽り、類似したサイトなどを作成してログイン情報やパスワード、支払情報などを抜き取る詐欺行為です。

名乗ったサイト(今回であればSpotify)にそっくりのサイトURLへ誘導し、そこでログイン情報などを記入させます。そうすると、気づけなかった人はそのままログイン情報を抜き取られ、悪用されてしまいます。

サイトのデザインはかなり類似していることもあるので、その前のメールやURLを見た段階で見破る必要がありますが、こういった詐欺行為に疎い人は疑わずに進めてしまうことがあるので注意が必要です。


Spotify名義でフィッシング詐欺メールが来たときの対処法

f:id:rick1208:20210209050657p:plain

Spotify名義でフィッシング詐欺メールが届いたとき、いくつかの対処法があります。

ゆうちょ銀行名義で口座の更新詐欺メールが流行!危険性の詳細と対処法を徹底説明!

フィッシング詐欺に関する情報と対処法は↑の記事に詳しく書いてあるので必ず見るようにしてください


メールアドレスのチェック

不審なメールが来たとき、まずはメールアドレスをチェックするようにして下さい。

Spotifyからのメールアドレスは「no-reply@spotify.com」が基本です。特に「@」以降のドメインと呼ばれる「spotify.com」の部分はほぼ変わることがありません。

もし違うアドレスからメールが来たときは、フィッシング詐欺メールを疑うようにしましょう。


Spotifyで支払い状況をチェック

Spotifyに実際課金を行っているユーザーの方は、メールアドレスのURLではなく、実際に自分自身でSpotifyアプリを開き、支払い状況をチェックしてください。


f:id:rick1208:20210209211546p:plain



アプリ内の「Pemium」にある「ご使用中のプラン」と記載されているプランが自分自身が課金しているプランです。

また、iPhoneホーム画面の「設定」からApple IDを選択。



f:id:rick1208:20210209211557p:plain



サブスクリプション」を選択すると、自分自身が課金している情報を見る事が可能です。

こちらで特に異常が無ければ支払い状況に問題はありません。安心してご使用下さい。


Spotifyに問い合わせ

不安なときはSpotifyに問い合わせを行い、一時的に使用を制限するようにしてください。

Spotify 問い合わせフォームにアクセスし、どれでもいいので問題を選びます。


f:id:rick1208:20210209212011p:plain



進めていくと「さらにサポートが必要なとき」と出るので選び、詳しい問い合わせ内容を送信すれば終了です。

万が一詐欺メールに記載されていたURLに情報を記入してしまったとき、Spotifyの運営先と相談を行って然るべき対処をしてもらうようにしてください。


支払い方法を選びている会社に問い合わせ

もしフィッシング詐欺メールに記載されているURLに情報を記入してしまったとき、Spotifyで使用している支払い方法先の会社(各種キャリアやクレジットカード会社など)に連絡をして下さい。

特にクレジットカードを使用しているときなどは、不正使用で多額の損害を受ける可能性があるので気を付けましょう。

こういった問題は後回しにせず、必ず早めに行うようにしてください。