漫画の地球儀

『Mac』をセーフモードで起動できない原因、対処法!【セーフブート、起動させる方法】

スポンサーリンク

Macのセーフモード

f:id:rick1208:20201228073747p:plain

Macのパソコンには、通常の起動とは異なる、セーフモードという起動方法があります。

Macの使用中に、動作が固まりやすくなったり、起動しなくなったりする問題が起きている場合に使用します。

セーフモードで起動する方法や、セーフモードが持つ機能についてご解説します。

セーフモード(セーフブート)

セーフモードは、セーフブートとも呼ばれています。

Macを起動するときに動作が重く、最後まで起動できなかったり、起動までに時間がかかったりする問題の解決に役立ちます。

セーフモードで起動すると、起動ディスクをチェックし、ソフトウェアが自動読み込みや起動をしない処理をして、起動時に関する問題の検証が可能です。

Macのセーフモード(セーフブート)が作動中に行う処理は、以下の通りです。

起動ディスクの検証をして、問題が検出されれば、ディレクトリの問題の修復処理を開始する
必要なカーネル機能拡張のみ読み込む
起動項目とログイン項目が自動で開かないように処理する
OSに付属されたものではなく、ユーザーがインストールしたフォントを無効にする
フォントキャッシュや、カーネルキャッシュ等、システムキャッシュファイルを消去する


Macは起動時に、多くのプログラムを読み込んで動作を開始しますが、セーフモードでは問題の検証に必要なシステムだけを読み込みます。


ディレクトリとは、ファイル等のデータを保存する、パソコンにおける容れ物を指します。”フォルダ”と似た意味を所持しています。

セーフモードではディレクトリに問題があるかどうかチェックし、修復を開始します。

カーネルとは、Macの起動時に、最初に動作します。

Macのハードウェアの初期化をして、アプリケーションが動作可能な環境を整える役割を所持しています。

通常の起動時に起こった問題が、セーフモードで起動したときに起きなければ、起動ディスクやディレクトリの問題である可能性が高く、セーフモードによるメンテナンスで解決可能な場合があります。


セーフモードで起きなかった問題が、通常の起動に戻ったときに再び起きてしまった場合は、”システム環境設定”から、”ユーザーとグループ”の”ログイン項目”をチェックします。

ログイン時に開くアプリケーションが表示されているので、このアプリケーションを消去して再起動し、問題がなければ戻します。どこに不具合が起きているのか明確に可能です。



f:id:rick1208:20201228074122p:plain



起動時等でMacに不具合が起きた場合は、Appleサポートに連絡が主な対処法ですが、セーフモードで解決できれば、サポートに連絡する必要もありません。

それでも解決せず、Appleサポートに連絡した場合も、セーフモードでは解決しなかった、起動時に使用しているアプリケーションが自分自身で分かっていれば、サポートにも問題を詳細に伝えられます。

Macをセーフモードで起動させる方法

f:id:rick1208:20201228071914p:plain

Macがいつもよりも起動が遅い、あるいは起動できない問題をメンテナンスするのでに、セーフモードで起動する方法をご解説します。

セーフモードでメンテナンスをすれば、起動時の問題の解消に繋がり、システムの不具合の解消や、動作の軽量化が期待可能です。

Macを起動・再起動してすぐに「shiftキー」を押し続ける


まず、通常の操作でMacを起動、あるいは再起動します。

起動操作をしたらすぐに「shiftキー」を押します。その状態のまま「shiftキー」を押し続けて待ちます。

この間、画面はAppleのロゴが表示されます。

ログインウィンドウが表示されたら「shiftキー」を離す

Appleのロゴから画面が切り替わり、ログインウィンドウが表示されたら「shiftキー」を離します。

これでセーフモードでの起動操作は終了です。

「セーフブート」とでたら起動成功


セーフモードで起動できれば、ログイン時にウィンドウの右上に「セーフブート」と表示されます。

また、データの保護のためにFileVaultを有効にして起動ディスクの暗号化をしている場合は、ログインが2回必要です。ログインの1回目で起動ディスクのロックを解除し、2回目でFinderにログイン可能です。

Macがセーブモードで起動しているか確かめる方法

f:id:rick1208:20201227212439p:plain

セーフモードで起動するときや、起動した後に、セーフモードで起動できているか確かめる方法をご解説します。

起動するときには、セーフモードでの起動が正常にできたかを確かめられます。

起動した後は、”今セーフモードの状態なのか”を確かめられます。

システム情報の「ソフトウェア」から

セーフモードで起動した後に、Macがセーフモードの状態なのかを確かめる場合は、まず、画面左上のAppleにあるマークを押して「このMacについて」を押します。



f:id:rick1208:20201228074334p:plain



使用しているMacのモデルや、プロセッサや、メモリ等の情報が表示されます。次に「システムレポート」を押します。



f:id:rick1208:20201228074344p:plain



ハードウェアと、ネットワークと、ソフトウェアの項目に分かれた、更に詳細な、Macのシステムについての情報が表示されます。次に「▼ソフトウェア」を押します。


f:id:rick1208:20201228074353p:plain



”システムソフトウェアの概要”が表示されます。セーフモードで起動していれば、”起動モード”が”セーフ”と表示されます。なお、セーフモードで起動していなければ、”通常”と表示されます。

ログインウィンドウの右上に「セーフブート」と表示される

f:id:rick1208:20201228074408p:plain


セーフモードでの起動に成功すれば、ログイン時に、ログインウィンドウの右上に「セーフブート」と表示されます。

「セーフブート」と表示されれば、セーフモードは正常に動作していますが、次の項目でご解説する機能はセーフモード中に使用できないので注意が必要です。

Macのセーフモードで使用できない機能

f:id:rick1208:20201227204657p:plain


Macをセーフモードで起動すれば、起動時の問題解消に繋がりますが、セーフモード中は使用できない機能があります。

次にご解説する機能は、セーフモード中に使えませんので注意しましょう。

ファイル共有は無効

セーフモード中はファイルの共有が無効化されるので、ファイル共有が必要な作業をするときは注意が必要です。

セーフモードを解除し忘れて、共有ができないと慌てることのないように注意しましょう。

セーフモードの解除方法は、記事の後半でご解説します。

DVDプレーヤーの再生

Macをセーフモードで利用している間は、DVDプレーヤーで再生できない状態になります。

セーフモードでメンテナンス中に、MacでDVDを見ながら待つということは可能でせん。

ビデオを録画


iMovieや、ダウンロードしたビデオアプリを使用したビデオの録画が、セーフモード中は可能でせん。

セーフモードでMacをメンテナンスするときは、ビデオの録画予定が無いかどうか確かめてから、セーフモードで起動することを忘れないようにしましょう。

一部のUSB、FireWire、Thunderboltデバイスが使用できない


セーフモードでは、一部のUSBや、FireWireや、Thunderboltが使用できない状態になります。Macをセーフモードでメンテナンスする間は、これらのデバイスを使用した作業が可能でせん。

バージョンに応じて、Wi-Fiが制限か使用できない


セーフモード中は、オンライン環境で作業が可能でせん。使用しているMacや、macOSのバージョンによっては、Wi-Fiネットワークに制限がかかる、あるいは、使用できなくなります。

アクセシビリティ機能が正常に機能しない

セーフモードでMacを起動すると、VoiceOver等のアクセシビリティ機能が使えない場合があります。VoiceOverとは、音声説明でMacの操作等をサポートしてくれる機能です。

Macのセーフモードの解除法

f:id:rick1208:20201227102511p:plain

セーフモード(セーフブート)の起動は、起動からログインまでshiftキーを押し続けるという簡単な操作でセーフモードに可能ですが、セーフモードを解除するときの操作もとてもシンプルです。


一つ前の項目でもご解説した通り、セーフモード中は使用できない機能があるため、セーフモードの解除は忘れないようにしましょう。

また、セーフモードにより起動ディスクやディレクトリの問題が見つかり、修復処理がされたときも、セーフモードの解除で不具合が解消されたか確かめられます。

Macを再起動する

セーフモードは、Macを再起動するだけで解除可能です。セーフモード起動操作のように「shiftキー」は押しません。

「shiftキー」を押すか、押さないかで、覚え間違えないように”セーフモードは起動時だけshiftキーを押す”ことを頭に入れておくことがおススメです。セーフモードでメンテナンスや問題の検証を終えたら、Macを再起動しましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20201227110847p:plain

Macの起動時に起きる問題の解決をサポートする、セーフモード(セーフブート)についてご解説しました。

Macの起動が遅かったり、起動しなかったりする場合は、起動や再起動のときにshiftキーを押し続け、セーフモードでメンテナンスをしてみましょう。どのソフトで問題が起きているか洗い出し、問題の解消に繋げられます。