漫画の地球儀

『Outlook』のデフォルトのフォントの変更方法!【おすすめフォント、ビジネス、ゴシック】

スポンサーリンク

Outlookのデフォルトのフォントから変更

f:id:rick1208:20210116035553p:plain

Outlookで作成するメールで利用されるフォントはあらかじめ決められています。

基本的にデフォルトの設定が勝手に変わることはないのですが、ナンバリングが変わるレベルの大型アップデート(2016から2019になるなど)があった場合は、デフォルトのフォントが変更されていることがあります。

もしそうなってしまうと、メールを作成するたびにわざわざフォントを変更する必要がありますが、事前に変更していくことも可能です。

Outlookのデフォルトのフォントから変更する方法

f:id:rick1208:20210116034629p:plain

Outlookのデフォルトのフォントを変える方法は簡単です。

まず、上部メニューの「ファイル」を押します。


f:id:rick1208:20210116124619p:plain



続いて、「オプション」を押します。


f:id:rick1208:20210116124631p:plain



たくさん設定項目が表示されますが、左メニューの「メール」を押しましょう。


f:id:rick1208:20210116124641p:plain



「ひな形およびフォント」を選びます。


f:id:rick1208:20210116124655p:plain



すると、メール作成で使用するテーマや文字書式をカスタマイズ可能な画面が表示されます。


f:id:rick1208:20210116124817p:plain



全部のメール作成(新規作成・返信・転送)で使用するフォントや背景をまとめて変更して統一する場合は、テーマを変更しましょう。


f:id:rick1208:20210116124839p:plain



フォントの種類や文字サイズなどのスタイルだけを変更したい場合は、それぞれの文字書式の設定から変更しましょう。



f:id:rick1208:20210116124849p:plain



太字化やフォントの色以外にも、アルファベットを全部大文字にしたり取り消し線を受けることが可能なので、納得のいく設定するといいと思います。


また、ここで設定したからメール作成は設定したフォントしか使えないわけでもなく、必要に応じてメール作成画面でフォントを変更可能なのでふれておきましょう。



f:id:rick1208:20210116124905p:plain


全部変更が終了したら画面左下の「規定に設定」を押して変更を反映させましょう。

変更終了後、メール作成画面を出したらデフォルトフォントが変わっています。既に開いていた場合は1回メール作成画面を閉じて再作成すると反映されます。

メールの書式でおススメのフォント

f:id:rick1208:20210116025713p:plain

Outlookを使う人はビジネス目的で利用してる方が大半のはずです。

なのでポップ体などのやわらかすぎてビジネスに向かないフォントはあまりお勧め可能でせん。

ビジネス目的であれば以下のフォントがおススメです。

MS Pゴシック
BIZ UDPゴシック
メイリオ

このあたりが無難と思います。当たり障りのないビジネスメール用フォント選びで悩んでいるなら、1回ここで解説したフォントで作ってみてください。