漫画の地球儀

『ココナラ』のメリット、デメリット!【デザイン、似顔絵、イラスト、デザイン、Webサイト制作】

スポンサーリンク

ココナラ(coconala)

f:id:rick1208:20210211034339p:plain

まずは、ココナラ(coconala)について簡単に説明します。

ココナラ(coconala)は「自分自身のスキルを売り込むフリーマーケットアプリ」で、ユーザー数は現在100万人以上!どんどん需要が上がっているアプリのひとつです。

メルカリ等のフリマアプリでは「物を売る」のが基本ですが、ココナラ(coconala)のときは「自分自身の特技・スキル」を他の人に販売することになるので、どんな人でもココナラ(coconala)でお金儲けをするチャンスがあると思ってください!

例をあげると、「お金儲けをしたいけど絵を描くくらいしか特技がない」という人でも、自分自身のイラストをココナラ(coconala)で販売することが可能です。

依頼主がどのような絵を希望しているか等の情報を共有して、気に入るようなイラストを描けばいいだけです!

逆に、「ブログ等で使える著作権違反に触れないイラスト・画像が欲しい」と思っている人は、ココナラ(coconala)でイラストを依頼すれば問題は解決すると思います。

どのようなスキルを売り込むことが可能か

現在、ココナラ(coconala)で売り込むことが可能なスキルは、以下の通りです。

これらの「サービスカテゴリ」が設定されているので、どのような方法でスキルが提供されているのか・どのようなスキルを提供しているのかをチェックしてみてください。

デザイン
似顔絵・イラスト・漫画
Webサイト制作・デザイン
音楽・ナレーション
動画・写真・画像
ライティング・ネーミング
ビジネスサポート・代行
ビジネス相談・アドバイス
集客・Webマーケティング
翻訳
プログラミング
占い
恋愛・結婚
悩み相談・カウンセリング

など

イラストや漫画・翻訳は特別なスキルが必要ですが、音声ナレーションなどは「声が綺麗・滑舌がいい」という、スキルというより「長所」を活かすことで仕事に可能なかもしれません。

仕事以外に趣味で培っていた力を試すことも可能なので、誰にでもなんらかのスキルを売り込むチャンスがあります。

また、これらのカテゴリはほんの一例です。

細かく細分化していくと、例をあげると「ダイエットメニューを作成します」「勉強を見ます」「彼氏が可能なために何をすればいいか説明します」といったピンポイントな悩み解決のための売り込みもありました。

ココナラ(coconala)で自分自身のスキルを売り込みたいと考えているのであれば、もう一度自分自身のスキルや長所を幅広く考えてみてください。

以外な部分で「他の人に需要ありそう」と感じるスキルが見つかるかもしれません。


依頼主が何を求めているか

ココナラ(coconala)をインストールしている「スキルを買う人(スキルを欲しがっている人)」は、どのような目的でココナラ(coconala)を使っているのと思いますか。

もし、下記のような問題に直面している人は、試しにココナラ(coconala)をインストールしてみるのをおススメします。

アフィリエイトをはじめたいけどブログのデザイン等が決まらない
ブログにイラストを貼りたいけど著作権が怖い
フリーゲーム・同人ゲームを作成しているけれど、声優がどうしても見つからない
ビジネス助けを受けたい
手っ取り早く有名な占い師を探したい
バンドをやっているけれど作詞作曲ができないから誰かに代行してもらいたい

など

自分自身が何かをしようとしているけれど、自分自身ひとりでは問題を解決できない。そういう時に、ココナラ(coconala)で売り込まれているスキルが役立つことがあります。

ココナラ(coconala)で稼ぐ方法とは

f:id:rick1208:20210211033926p:plain

ココナラ(coconala)はフリマアプリとして知られていますが、実際は「クラウドソーシング」に近いです。

クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」や「ランサーズ」のように、インターネット上で仕事を請け負ってお金を得るのと似ています。

ただし、ココナラ(coconala)はクラウドワークス等とは逆で、「出品者が自分自身がスキルを販売し、スキルを求めているサービス使用者が出品を探す」というスタンスになります。

そんなココナラ(coconala)ですが、「ココナラ(coconala)一本で生計を立てている」「ココナラ(coconala)のおかげでちょうどいい副業が可能な」と言う人もたくさんいます。

「なんらかの副業をしたい」「自分自身のスキルを多くの人に提供したい」と考えている人は、ココナラ(coconala)で儲ける算段を立てた上で、ココナラ(coconala)をインストールしてみてください。

どうすればココナラ(coconala)で儲けることが可能なかも説明します。

適切な料金設定を心掛ける

クラウドソーシングで月収10万円を達成している人がたくさんいるように、ココナラ(coconala)を使用しても月収10万円以上を達成可能なかもしれません。



f:id:rick1208:20210211041518p:plain


上記画像の赤枠で囲っているように、ココナラ(coconala)で取り扱われているスキルの値段は幅広く、例をあげると1回の取引で500円のものもあれば、20万円以上かかる取引もあります。

例をあげると、「1カ月で終わる仕事を10万円で提供するとき」と「1カ月で終わる仕事を20万円で提供するとき」だと、1カ月の収入は後者の方がいいですよね。

このように、「自分自身のスキルの値段次第でいくらでも儲けることが可能な」のが、ココナラ(coconala)の特徴です。

ただし、自分自身が提供するスキルの料金が高すぎるのも問題です。

購入者(サービスを受けたいと思う側)が、自分自身と同じようなスキルを少しだけ安い料金で提供している出品者の方に仕事を依頼しようと、そちらのサービスを優先して購入するからです。

料金を正しく設定するだけで儲かるか損してしまうかが決まるのだと考えてください。

このことから「ココナラ(coconala)で儲けることは可能なけど、儲けるための出品方法等はあらかじめ考える必要がある」と考えることが可能です。


継続してココナラ(coconala)を使用する

ココナラ(coconala)は「評価」も非常に大事です。

多くのサービスを販売することで、購入者(サービス使用者)から評価を貰うことが可能なのですが、評価が多ければ多いほど「ココナラ(coconala)でたくさんの人を満足させることができている」という証明になりますよね。

この証明があるほうが、集客効果は高くなります。

評価が高くなれば、多少料金を高めに設定したとしても「質の高いサービスがほしい」という人から購入してもらえるかもしれません。


コミュニケーションを怠らない

ココナラ(coconala)で安定して儲けを出すためには、「サービス使用者とのコミュニケーション」が大事です。

例をあげると、「このようなものがほしい」という意見を貰って仕事をこなすことになりますが、具体的にどういあった案件なのかはちゃんとと把握しておきましょう。

サービス使用者とコミュニケーションを取りながら、相手が望む最高のサービスを提供してください。

また、「支払い」「仕事終了」等のレスポンスも早くしたほうがいいです。

コミュニケーションを取る上で「この人は信用可能な人だから、もう一回取引したい」と思わせることが大事です。



他の同業者とのマーケティングに勝つ

例をあげると、自分自身と全く同じスキルで儲けようと考えている人だって、ココナラ(coconala)を使用しているかもしれません。

彼らとまったく同じサービスを提供している自分自身よりも、もしかしたら彼らのほうが儲けを出している可能性もあります。

どうして儲けを出すことができているかというと、「商品説明や価格設定が工夫されているから」です。

プロフィールをちゃんと設定したり、商品に関して詳しく説明したりして、顧客を集めているわけです。

あなたも、他の同業者に負けないように、プロフィールや商品に関しての記載をちゃんと行うようにしてください。

まだ駆け出しでココナラ(coconala)歴が浅いときは、評価を稼ぐためにあえて単価を下げてもいいかもしれません。



スポンサーリンク



ココナラ(coconala)を使用するメリット

f:id:rick1208:20210210230920p:plain

ココナラ(coconala)を使用するメリットについて説明します。

ココナラ(coconala)もクラウドワークスやランサーズのように自分自身のスキルを活かして家で仕事を見つける(依頼される)アプリです。

そんなココナラ(coconala)にはココナラ(coconala)にしかないメリットや魅力があるので、こちらもチェックしてください。

幅広いスキルを役立たせることが可能

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングで一番需要のある依頼は、やはり「ライティング」と思います。

イラスト・音声の仕事も多いのですが、割合としてはどうしても記事作成に関する仕事が多くなっています。

しかし、ココナラ(coconala)のときはライティングに拘らず色々なスキルに需要があります。

例をあげると、「健康管理」「恋愛相談」「占い」といったカテゴリも取り扱っていますよね。

これらのスキルは企業で活かすよりも「個人向けに活かされるもの」なので、ココナラ(coconala)では個人向けのスキルも役立たせることが可能なということになります。

例をあげると、記事作成・ライティングのときは「ブログに掲載する記事を書いて・その記事に広告を貼り付けて収入を得る」というビジネス目的がありますが、個人のときはちょっとした悩みを解決したいからスキルを求めているという人もいます。

通常のクラウドソーシングとはまた違ったスキルが必要とされることがあるのが、ココナラ(coconala)の最大のメリットと思います。



価格設定が自由

ココナラ(coconala)で自分自身がスキルを売りに出したいとき、価格は自分自身で自由に設定可能です。

例をあげると、クラウドワークス等で仕事を探してスキルを提供するとき、依頼主が既に価格を設定しているので、自分自身で価格を決めることは可能でせん。

しかし、ココナラ(coconala)は自分自身が出品する側なので、価格の設定も完全に自分自身が決めていいことになります。

自分自身のスキルやスキルの市場価値を把握して価格を設定することで、ココナラ(coconala)でより儲けやすくなります。



セキュリティや違反の取り締まりもちゃんとしている

f:id:rick1208:20210211041651p:plain

ココナラ(coconala)は「出品者とサービス使用者の信頼」が大前提です。

なので、出品者あるいはサービス使用者が信頼にそぐわない行為(料金を支払わない・レスポンスが遅い)といった行為があったとき、厳しく取り締まっています。

取引の際の金銭もサービス使用者の完全先払いとなっているのですが、出品者がそのお金を受け取るとき、依頼を完全に成し遂げる必要があります。

一旦ココナラ(coconala)が取引金額を預かることによって、「取引詐欺」の防止にもなっていると考えてください。

ココナラ(coconala)を使用するデメリット

ココナラ(coconala)を使用するにあたってのデメリットも説明します。

このデメリットは「クラウドワークスやランサーズといった他のクラウドソーシングサイト」と比較してのデメリットです。

デメリットも考慮した上で、ココナラ(coconala)に登録するようにしたほうがいいと思います。

手数料が高い

ココナラ(coconala)で出品してサービス使用者がそのサービスを購入して、使用者の依頼を達成したらはじめて報酬を受け取れる仕組みになっています。

この報酬受け取りの際に、手数料がかかってしまいます。

ココナラ(coconala)は「代金の25%(最大)」取られてしまうのですが、クラウドワークスやランサーズは取られて20%程度です。


自分自身がサービスを5万円~10万円の範囲で販売するのであれば、手数料は他のクラウドソーシングサイトと変わりません。
価格設定が難しすぎる

自分自身で自由に価格を設定可能なのは間違いなくメリットではありますが、その価格設定が難しいのはデメリットと思います。

ココナラ(coconala)でどのサービス・スキルが人気なのか、他のサイトと比べて設定している価格は適切なのか等、価格に関して考えることが多いです。

また、「需要のないスキル」を売ろうとしてもどうしても契約まで行き届かない可能性が考えられるので、その分価格を下げざるを得ないときもあります。



ココナラ(coconala)の悪い評判について

ココナラ(coconala)は使いやすい・稼ぎやすいという評判が多いのは事実ですが、中には悪い評判もありました。

以下は、悪い評判の一例です。

手数料が高すぎる
質の悪い出品者と当たった
取引が円滑ではなかった

このうち「質の悪い出品者と当たった」「取引が円滑でなかった」という問題は、ココナラ(coconala)の問題というより「取引した人の問題」です。

ココナラ(coconala)は色々な人が使用しているので、使用者の質やマナーの良さも、人によって差があるということです。

「取引した人によっては、評判通り満足度の高い使い方はできないかもしれない」という可能性は、頭に入れておくべきです。