漫画の地球儀

『Twitter』のDMを改行しようとしても送信される原因、対処法!【iPhone、android、スマホ、アプリ】

スポンサーリンク

ツイッターのDMを改行すると送信される

f:id:rick1208:20210131194712p:plain


パソコン版のツイッターでもツイート時は、エンターを押すと改行することが可能です。

しかし、DM作成中にエンターを押して改行しようとすると、そのまま送信されてしまう症状が見られます。

これは発生する場合と発生しない場合があり、バージョンごとの仕様なのか不具合なのかは明らかになっていません。

考えられる原因

ツイッター側の不具合
ブラウザの不具合
アップデートによる仕様
電波状況が悪い
システムの不具合

DMの取り消しは出来ない・設定変更も不可

DMを送ってしまった場合、送信取消は可能でせん。

自分自身自身の画面からは消すことが可能ですが、この操作をしても相手には出たままです。

また、設定を変更して、エンターで改行が行われるようにする機能もありません。


スマホのブラウザ版でも発生している

DMを改行しようとしてエンターを押すと送信されてしまう症状は、元々パソコン版で多く見られていました。

しかし、最近ではスマホのブラウザ版を使っている場合にも、この症状が報告されるようになっています。

また、ツイッターの外部アプリを使用している場合にも、同じ症状が発生しています。

DMを改行すると送信される場合の対処法

f:id:rick1208:20210131192255p:plain

下記ではDMを改行すると送信される不具合の対処法を説明していきます。

対処法

アプリやデバイスの再起動
電波状況のチェック
スマホやブラウザのアップデート

Shift+エンターを2回使う

パソコン版のDMはShift+エンターを押すことで、確実に改行することが可能です。

この場合は通常の改行の様に行と行の間が空かず、画像のような改行になります。

行と行の間の空いた通常の改行にしたい場合は、2回Shift+エンターを押して下さい。


メモ帳に書いてコピペする

パソコン版のDMではエンターを押した時に、高確率で送信されてしまいます。

上記の通り送り直すことは可能でせんし、分けて送信すると相手に何度も通知が行ってしまいます。

ミスで送信してたくない相手の時は、一度メモ帳などで改行した文章を作ってから、コピペをする事をオススメします。


「D @〇〇」を使用する

通常のツイートを行う際に「D @〇〇 (〇〇内は相手・自分自身のID)」か「D 〇〇 (〇〇内は@無しの相手・自分自身のID)」を文頭に付けて呟くと、DMとして扱われます。

この場合に文字を記入するのは通常のツイート画面なので、エンターを押しても送信されることはありません。

ただしこのDコマンドはバージョンによって使えたり使えなかったりしており、最近のバージョンでは使うことが出来なくなっています。

Dコマンドが効かないと、普通のツイートになってしまうので気を付けて下さい。


アプリ版を使用する

パソコン版とブラウザ版ツイッターのDMでは、改行した時に送信されてしまう確率が高いです。

アプリ版のツイッターでは正常に改行が可能なので、DMを送る際はそちらを使って見て下さい。

同一アカウントであれば、パソコン版とブラウザ版、アプリ版はリアルタイムで同期が行われます。