漫画の地球儀

Macの『QuickTime Player』の使い方!【録画、画面収録、動画編集する方法、iPhone、iPad、YouTube、pc】

スポンサーリンク

MacQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)

f:id:rick1208:20210115134505p:plain

Macに標準インストールされているQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を知っていますか?


QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)は、動画再生用のメディアプレイヤーとして使用している人が多いですが、その他にもとても便利な機能が沢山搭載されています。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の機能を細部まで知っている人は多くありません。


Macユーザー、あるいはiOSユーザーでれば、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の使用方法を覚えておくことで、更に便利にAppleバイスを活用可能なので、使用可能な機能を覚えておきましょう。


QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で可能なこと一覧

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で使用可能な機能一覧は、下記のリストを参照してください。

QuickTime Playerの使用方法1」動画の再生
QuickTime Playerの使用方法2」動画の編集
QuickTime Playerの使用方法3」コンテンツの共有
QuickTime Playerの使用方法4」MacおよびiPhoneiPad画面収録機能
QuickTime Playerの使用方法5」MacおよびiPhoneiPad音声収録機能
QuickTime Playerの使用方法6」動画撮影

上記それぞれの機能について、個別に詳しく説明していきます。

興味のある機能項目があれば、実ときにどのように使用するのかチェックしておきましょう。

動画の再生

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)はメディアプレイヤーなので、音楽の再生、動画ファイルの再生に対応しています。


一般的なQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の使用方法として、これらの機能が代表的なものと思います。

動画の編集

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)は動画を編集することも可能です。


iPhoneiPad Proなどで撮影した動画を、YouTubeにアップロードするときにも活用可能です。

コンテンツの共有

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で編集・保存した動画ファイルは、「AirDrop」「メール」「YouTube」「FaceTime」などさまざまな方法で共有することが可能です。


QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を使った共有方法は、ここ後半の「QuickTime Playerでのコンテンツの共有方法」の章で解説します。

MacおよびiPhoneiPad画面収録機能

MacパソコンとiPhoneiPadをライトニングケーブルで接続することで、それぞれのデバイスに表示されている画面を録画することが可能です。


画面収録機能を利用して、YouTubeなどの動画を録画すれば、オフラインでYouTubeのお気に入りの動画を見ることも可能です。

YouTuberを目指している人は、iPadiPhone専用のアプリゲーム実況動画を作成でき、外部マイクを接続すれば、実況音声を吹き込むことが可能です。

MacおよびiPhoneiPad音声収録機能

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の画面収録機能は、画面録画以外に音楽・音声だけを録音することが可能です。


YouTubeなどのオンラインコンテンツから、音楽ファイルだけを録音して、オフラインでお気に入りの音楽を楽しむことが可能です。

動画撮影

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)はMacパソコンの内部搭載カメラ、あるいは外部カメラを利用して動画撮影することが可能です。


撮影した動画ファイルは、そのままQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)内で編集することが可能です。

QuickTime Playerでの動画の再生方法

f:id:rick1208:20210115135321p:plain

本章ではQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を使った動画再生方法や、動画再生画面の機能について解説します。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で音楽ファイル・動画ファイルを再生する方法は、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を起動して画面上部のメニューから「ファイル」>「ファイルを開く」を選び、再生したい音楽ファイル・動画ファイルを選びてください。

あるいは、Finderから再生したい動画ファイル・音楽ファイルを検索して、「右クリック」>「このアプリケーションで開く」>「QuickTime Player」の順にクリックすることで、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で動画ファイル・音楽ファイルを再生可能です。

f:id:rick1208:20210115135335p:plain


上の画面がQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の再生画面です。アイコン番号に対応する機能を上記の表でチェックしてください。

音量調節
再生ボタン・巻き戻りボタン・早送りボタン
「AirPlay」出力
「共有」アイコン
シークバー(動画再生時間の表示と、希望の再生時間にジャンプ可能)

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の動画再生方法は、その他メディアプレイヤーと同じ機能を搭載しています。「共有」アイコンの使い人はここ後半の章で詳しく解説します。

QuickTime Playerでの動画の編集方法

f:id:rick1208:20210114130530p:plain

続いてQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を使った、動画の編集方法を解説します。

次の章で解説する、画面録画、音声収録機能で保存した動画ファイル・音楽ファイルを編集するときに使用するので覚えておきましょう。

トリム・分割・カット・ペースト・反転

トリム・分割・カット・ペーストを利用して動画編集する場合は、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で編集したい動画ファイル・音楽ファイルを読み込み、上部のメニュー一覧から「編集」を押して、希望の編集機能を押してください。

f:id:rick1208:20210115135411p:plain


QuickTime Player (バージョン 10) を利用して、Mac でオーディオファイルやビデオファイルを再生、録音、録画、編集、および共有可能です。

「トリム」は動画・音楽の一部分を切り取りする機能です。

「トリム」を選択すると、上の画面がQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)上に表示されるので、黄色く表示されている部分を調整して「トリム」位置を設定して「トリム」を押してください。

その他編集機能「分割」「カット」「ペースト」「反転」の詳しい使い人は、上記のApple公式ページ「QuickTime Playerの操作方法」ページを参考にしてください。

QuickTime Playerでのコンテンツの共有方法

f:id:rick1208:20210114064803p:plain

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)で編集・保存した動画ファイル・音声ファイルは、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)上で簡単に共有することが可能です。


上の画面で赤い枠に囲われている「共有」アイコンを押して、共有方法を選びてください。

あるいは、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を起動して、画面上部のメニュー一覧から「ファイル」>「共有」とクリックすることで、共有することも可能です。

共有メニュー一覧から「・・・その他」を選択すると、メニュー一覧に表示されない方法のオプションをチェックすることが可能です。Macの環境設定画面にある「機能拡張」画面が表示されます。


QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)に共有アイコンを追加したい場合は、機能拡張一覧にある「チェックボックス」にチェックを入れてください。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)では「LINE」「WeChat」などのSNSアプリや、「Pocket」などのアプリにも動画ファイル・音楽ファイルを共有することが可能です。


とても使いやすく、簡単にデータファイルを共有することが可能なので、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の共有方法を覚えておきましょう。

次の章で解説する、iPhoneiPadなどの画面録画・音声収録で保存した動画ファイル・音楽ファイルを共有すれば、かYouTubeにアプリゲーム実況動画をワンクリックでアップロードすることも可能です。


動画編集機能も兼ね備えているので、MaciPadiPhoneがあれば、誰でもYouTuberになることも可能です。

QuickTime Playerでの画面録画・音声収録方法

f:id:rick1208:20210114013038p:plain

続いて本章ではQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を使った、画面録画・音声収録の方法を説明していきます。


とても便利な機能なので、iPhoneiPadを所持しているMacユーザーの人は、使用方法を覚えておくことをおススメします。

Macの画面録画・音声収録方法

f:id:rick1208:20210115135452p:plain
Macパソコンの画面上を録画・音声収録する場合は、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を起動し、画面上部のメニュー一覧から「ファイル」>「新規画面収録」を選びてください。


f:id:rick1208:20210115135509p:plain



上のウインドウが画面上に表示されます。赤い「画面収録」アイコンを押すと、パソコン上の画面が音声つきで録画されます。


「V」アイコンを押すことで、マイクの設定画面が表示されます。


外部マイクを使用すれば、パソコン内部の音声とは別に、マイクで音声を吹き込むことも可能です。

iPhoneiPadの画面録画・音声収録方法

f:id:rick1208:20210115135519p:plain
iPhoneiPadの画面上を録画・音声収録する場合は、MacパソコンとiPhoneiPadをライトニングケーブルで接続し、QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を起動してください。


続いて、画面上部のメニュー一覧から「ファイル」>「新規ムービー収録」を選びてください。音声のみを収録したい場合は「新規オーディオ収録」を選びます。


f:id:rick1208:20210115135536p:plain



「録画」アイコンの右側にある「V」を押して、iPhone・あるいはiPad名を選びて、「録画」アイコンを押してください。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)上に、接続中のiPadiPhoneの画面が表示されます。「録画」アイコンを押すと、iPhoneiPadの画面収録・音声収録を開始します。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を利用して、iPhoneiPadmp画面収録をする場合、iOS8以上のバージョンがiOSバイスにインストールされていること、及びMacOS X Yosemite以降のOSがインストールされていることが条件となります。

QuickTime Playerでの動画の撮影方法

f:id:rick1208:20210114010139p:plain

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)から、Macに搭載されている内臓カメラを利用して、動画を撮影する方法を解説します。

こちらも解説系YouTuberを目指している人におススメの機能なので、使用方法を覚えておきましょう。

QuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を起動して「ファイル」>「新規ムービー収録」を押してください。


録画アイコンの右側にある「V」を選びて、カメラ、及びマイクをMacパソコン内臓の物に設定し、録画を開始してください。

まとめ

f:id:rick1208:20210114003528p:plain

ここでは便利なQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)の使用方法を解説しました。


iPadiPhoneなどのiOSバイスを使用しているMacユーザの人は、ぜひともQuickTime Player(クイックタイムプレイヤー)を使用してみましょう。

活用方法次第では、無限大の使用方法があるので、自分自身に適した使用方法をマスターしてください。