漫画の地球儀

『タイムラプス動画』の作り方、編集方法!【YouTube、写真から、おススメ動画編集ソフト、タイマーリモコン】

スポンサーリンク

タイムラプス動画

f:id:rick1208:20210115003636p:plain

YouTubeなどによく投稿されていて見ること数を伸ばしているタイムラプス動画は、複数の静止画を編集してつなげることで、コマ送りの動画にしているものです。

とても凝った編集技術が必要と誤解している人も多いですが、実ときは写真を元に作っている動画なので、作り方さえわかれば、一般人でも簡単に作ることが可能です。

タイムラプス動画の作り人は複数の静止画を撮影して、パソコンに取り込み、動画編集をして、データを書き出しします。

タイムラプス動画の作成に向いているソフトは、Premiere ProやStarTrailsなどが使いやすく初心者におススメです。

複数の静止画をつなぎ合わせて作ったコマ送り動画

タイムラプス動画に利用される静止画は、スマホよりも本格的な機能を搭載した高画質カメラで撮ることが多いです。

スマホでも高画質な撮影を撮影することは可能ですが、タイムラプス動画の素材となる静止画を複数枚撮影するのでには、スマホのカメラ機能にはない機能が必要です。

スマホで撮影した写真でも作れないわけではないのですが、画面が小さいので動画編集のときに細かいところまで気が付けず、パソコンでPremiere ProやStarTrailsなどを利用して作ったタイムラプス動画に比較してクオリティに差が出てしまいます。

タイムラプス動画を作るのに必要なもの

f:id:rick1208:20210115001821p:plain

Premiere ProやStarTrailsなどでタイムラプス動画を作る場合、作り方や編集方法の前に、まずライムラプス動画のために必要な機材を知っておきましょう。

タイムラプス動画を作成するのに必要な機材はどれも一般的な家電量量販店や家電の通販サイト、Amazon楽天などで販売されています。専門的な機材はないので、知識のない人でも扱いやすいです。

撮影に必要なもの

タイムラプス動画の撮影に必要なものは主にカメラとその周辺機器です。これらの機材が揃っていれば必要最低限の環境は整っています。

カメラは所持している人が多いデジカメではなく、一眼レフカメラがおススメです。

カメラが趣味の人以外で一眼レフを所持している人は少ないですが、タイムラプス動画を作る上で必要な機能が搭載されている一眼カメラを選びましょう。

それ以外の機材は機能に大きな差がありませんが、失敗を防ぐために実物を家電量販店などでチェックしてから購入するのがおススメです。

タイマーリモンコン接続可能なカメラ

f:id:rick1208:20210115003819p:plain

タイムラプスの静止画を複数枚撮影するのに必要な機能を、タイマーリモンコン機能といいます。


インターバルタイマーともいい、この機能があるカメラでないとタイムラプス用の写真は撮影可能でせん。

タイマーリモンコン機能がある一眼レフカメラは、20,000円代~300,000万円代と幅広い価格帯があります。

20,000円代の一眼レフは小型なので女性におススメです。相場は20,000円代~30,000円代のカメラです。

あまり高いものを買う必要はありませんが、安すぎるものだと画質が悪かったり、必要な機能がなかったりするので、ある程度の値段がするカメラを購入しましょう。


タイマーリモコン
f:id:rick1208:20210115003847p:plain

タイマーリモンコン機能がある一眼レフカメラを使うためには、タイマーリモコンが必要です。

タイマーリモコンは1,000円代~5,000円代の商品が発売されています。相場は1,000円代のものがおススメです。

タイマーリモコンは本体にストップウォッチ機能が付いていて、秒単位で時間を図り、等間隔で複数の静止画を自動で撮影可能なようになっています。

タイマーリモコンで等間隔に写真を撮ることで、スムーズに動くタイムラプス動画が完成します。

タイマーリモコンを使わないでもタイムラプス動画を作成することは可能ですが、クオリティが高くならないので使うのがおススメです。

三脚

f:id:rick1208:20210115004042p:plain

一眼レフを固定しておくための三脚も必要です。一眼レフの三脚も1,000円代~15,0000円代まであります。

相場は3,000円前後のものです。1,000円代の三脚でもカメラの高さ、向きを変えることが可能なものもあります。

ただ軽量なものや小型なものだと、風が強い場合倒れてしまう可能性があるので、ある程度重さがあり、ちゃんとしている三脚がおススメです。

タイムラプス動画を作成するときはカメラの角度や方向が1枚1枚ずれた写真だと、滑らかな仕上がりになりません。

三脚でカメラをきちんと固定して撮影すると綺麗なタイムラプス動画に仕上がります。

カメラ タイマーリモンコン機能を搭載した一眼レフ
タイマーリモコン 時間設定で自動シャッターが切れるもの
三脚 ある程度の重さがあるもの

タイムラプス動画を作成するとき、カメラ、タイマーリモコン、三脚はこれらのポイントに気を付けて必要な機材を選びましょう。

カメラは一眼レフではなくてもタイマーリモコン機能を搭載しているか、商品の説明に「タイムラプス動画に適している」と記載されていれば問題ありません。

ただタイマーリモコンの自動シャッター機能や三脚のある程度の重さがないと、快適にタイムラプス動画を作成できないので気を付けましょう。

一眼レフと三脚はタイムラプス動画を作成する以外にも使うことが可能なので、他の用途にも利用しやすいかどうかもチェックしてください。

動画編集に必要なもの

タイムラプス動画を撮影するのでに必要な一眼レフカメラやタイマーリモコン、三脚などの機器が揃ったら、今度は動画編集のために必要なものを揃えましょう。

動画編集のために必要なものは主にパソコンとその関連商品です。

パソコンや関連商品もカメラ周辺機器と同様に専門的なものではなく、一般的なものを利用してタイムラプス動画は編集していきます。

パソコンを利用してのタイムラプス動画の編集はちょっと時間がかかるので、時間に余裕がある日に行いましょう。

素材用の写真

タイマーリモンコン機能を搭載した一眼レフカメラで撮影した複数の静止画が、タイムラプス動画の元になります。


タイムラプス動画を作成するのでには、この写真が必要不可欠ですし、この写真のクオリティでタイムラプス動画のクオリティが決まります。

用意する素材となる静止画は短い間隔で撮影したものを多く用意すると滑らかなタイムラプス動画になり、長い感覚で撮影した写真を数枚用意するとカクカクした動きのタイムラプス動画になります。

パソコン

タイマーリモンコン機能を搭載した一眼レフで撮影した複数の静止画データを取り込み、編集するのはパソコンです。スマホには一眼レフの写真データを取り込み、編集する機能はありませんので、パソコンを用意しましょう。

パソコンは写真編集に特化したものや、写真やイラストなどに特化したパソコンを用意する必要はありません。

一般的なパソコンでもタイムラプス動画の編集は可能です。

これからパソコンを購入する場合は、無理に高額なパソコンを買うよりも、普段の仕事や作用にも使えるパソコンを購入するのがおススメです。

動画編集ソフト

タイムラプス動画を編集するのでに、ダウンロード可能なパソコン用の動画編集ソフトを使います。

動画編集をしたことがない人でも利用しやすい直感的な操作が可能ですので、タイムラプス動画をはじめて作る人でも作り方に困りません。

パソコン用の動画編集ソフトの中にはタブレットスマホにもダウンロードして、同期することで複数のデバイスで動画編集することが可能なものもあります。

動画編集はタブレットの方が直感的に編集可能なので、動画編集ソフトを選ぶ上でタブレットに対応していることは重要なポイントです。

Lightroomのメンバーシッププランと価格



タイムラプス動画の作り方

f:id:rick1208:20210113120407p:plain


タイムラプス動画を作るために複数の静止画を撮影して、パソコンとソフトを揃えたらいよいよタイムラプス動画を編集していきます。

ここからはPremiere ProやStarTrailsなどを使ったタイムラプス動画の作り方を説明していきます。

LightroomなどでRAW現像する

f:id:rick1208:20210115004226p:plain

タイムラプス動画はLightroomのようなソフトを利用して、パソコンで編集していきます。

RAW現像とは無加工に近い状態の写真データの形式です。

タイムラプス動画を作成するときに使う複数の静止画がそれぞれバラバラの加工をされていると、動画にしてつなげたときにちらついてしまうので、RAWで編集してから動画を作成するのがおススメです。

f:id:rick1208:20210115004257p:plain



Lightroomのは完全無料では使えませんが、ダウンロードしてから7日間は無料で使うことが可能です。

Lightroomは7日間の無料期間でも有料のプランと同じ機能を使うことが可能なので、おススメのソフトです。


f:id:rick1208:20210115004305p:plain


まず無料版をダウンロードする場合でも、Lightroomは7日間を過ぎた場合にどの費用プランに加入するか選びます。


f:id:rick1208:20210115004316p:plain


Lightroomのメールアドレスを記入する画面になるので、あなたのメールアドレスを記入します。


f:id:rick1208:20210115004329p:plain



次にクレジットカード情報を記入する画面になるので、VISAやUSBなどのLightroomに対応するカード情報を記入しましょう。


f:id:rick1208:20210115004344p:plain



次にLightroomに設定するパスワードを決める画面になるので、「パスワードを設定」を押します。



f:id:rick1208:20210115004355p:plain



Lightroomに登録可能なパスワードは英字の大文字、小文字を1文字以上利用していて、数字や記号を1文字以上利用している8文字以上のものです。

ちなみにLightroomのダウンロードには20分弱かかるので、時間に余裕のある時に行いましょう。





Lightroomを利用して写真を現像する手順

f:id:rick1208:20210115004408p:plain

動画編集ソフトでタイムラプス動画に仕上げる

Lightroomで撮影した複数の静止画をRAW現像して、すべての写真を均一に加工していくことが滑らかなタイムラプス動画の作り方のポイントです。

Lightroomは7日間限定で無料で使える体験版があるので、まず最初はそちらをダウンロードしましょう。

取り込み

f:id:rick1208:20210115004422p:plain

Lightroomでの動画の作り人は初心者でも簡単に使えるようになっていて、まずに写真を取り込むために左上にある「ファイル」を押します。

f:id:rick1208:20210115004449p:plain


表示されるメニューの一番上の「写真を追加」をクリックすると、取り込む写真のデータファイルを選択するポップアップが表示されます。


f:id:rick1208:20210115004529p:plain


パソコンのポップアップが表示されるので、写真データを取り込みするファイルを選びてください。


f:id:rick1208:20210115004541p:plain


静止画データを複数枚選びた後はLightroomの画面に戻るので写真の取り込みが終わったら、右上にある「〇枚の写真を追加」を押します。

現像

f:id:rick1208:20210115004603p:plain

次に取り込みした複数の静止画の中からどれか一つだけを選び、Lightroomの右上にある「編集」を押します。


f:id:rick1208:20210115004616p:plain


明るさや色彩コントラスト、影やハイライトなどを微調整していきます。

現像した設定を全部に同期

f:id:rick1208:20210115004631p:plain

1枚の写真で適切な色彩バラン明日や明るさに調節したら、「編集」を押して、「すべて選択」を選びます。


f:id:rick1208:20210115004646p:plain


次にライブラリタブを押して、右下に表示される「設定を同期」というアイコンを押し、ポップアップの「すべてを同期」を選びます。

書き出し

f:id:rick1208:20210115004839p:plain


書き出しは「ファイル」から「保存先」を選びて、表示されるポップアップで書き出し場所を選び、「OK」を押します。


f:id:rick1208:20210115004850p:plain


ここまでの作業はタイムラプス動画のクオリティにこだわりたい人向けの工程です。

クオリティにあまりこだわらない人は、この次の作業から始めましょう。

動画編集ソフトでタイムラプス動画に仕上げる

タイムラプス動画に使う静止画の編集が終わったら、今度はいよいよ動画として編集していきます。

タイムラプス動画に仕上げる作業には、別のソフトが必要です。

タイムラプス動画を編集するのでに必要な動画編集ソフトは、YouTubeなどによく投稿されている字幕付きの動画や普通のホームビデオの編集にも使うことが可能です。

タイムラプス動画に挑戦することで、他の動画も綺麗に保存可能なようになります。

Premiere Proを利用してタイムラプス動画を作成する手順

Lightroomで静止画の編集が出来たら、次はPremiere Proで複数の静止画をつなげてタイムラプス動画に仕上げていきます。

起動とシーケンス設定

Premiere Proでの動画の作り人は、まず左上に並んでいるメニューの中から「シーケンス」を押し、一番上の「シーケンス設定」を選び、適切な設定にします。

連続した静止画を読み込み

f:id:rick1208:20210115005126p:plain


Premiere Proのトップ画面に戻り「新規プロジェクト」というメニューを押し、次の画面でタイムラプス動画の名前とタイムラプス動画を保存する場所を変更して「OK」を選びます。

読み込んだクリップをタイムラインへ

Premiere Proの編集画面は複数のウィンドウが表示されますので、左上のソースモニターに表示される静止画を右下のタイムラインへペーストて動画を作成します。

クリップの編集

右上のプログラムモニターにタイムラインで編集した動画が再生可能なので、ここでチェックをしながらPremiere Proのタイムライン上でクリップの編集を行います。

いらない部分を消去したり、画面ごとに切り取って順番を変えてつなぎ合わせたりしましょう。

書き出し

Premiere Proの左上「ファイル」から「書き出し」を選びて、「メディア」を押しまてタイムラプス動画のデータを書き出しします。

「ソース範囲」という項目で「シーケンス全体」を選んで、形式などを設定して「書き出し」をクリックするとタイムラプス動画のデータを書き出し可能です。

タイムラプス動画編集Premiere Pro以外のおススメソフト

f:id:rick1208:20210111125840p:plain

タイムラプス動画編集Premiere Pro以外のおススメソフト

美術初日。題材に馴染みがなく難しいので、完成品の一部を拡大した写真をiPadで提示する事からスタート。

「○○がどこかに隠れてる!どこだろう?」の質問から始め、繰り返す。

実は○○は全部同じ素材で作られてる事に気付かせる。興味を持たせた後、作り方をタイムラプス動画で見せて共有。導入20分。
— みはる (@Miharu106) November 13, 2018

タイムラプス動画の作り方で解説したPremiere Pro以外にも、タイムラプス動画の作成に向いているソフトはあります。

ここからは、Premiere Pro以外のStarTrailsなどのタイムラプス動画のおススメ編集ソフトを説明していきます。

StarTrails

f:id:rick1208:20210115005306p:plain

StarTrailsは、街並みや電車、植物の成長などのタイムラプス動画を作成するよりも、星空のタイムラプス動画を作成するのにおススメのソフトです。

StarTrailsは星空の動画に特化したソフトなので、夜景や街並み、電車、植物などよりも夜空などの広大な景色をテーマにタイムラプスを作るのに向いています。

YouTubeに投稿されているタイムラプス動画で人気が集中するのは星空の動画なので、自分自身のYouTubeチャンネルの再生回数を伸ばしたい人にもおススメのソフトです。

特徴と使用方法

StarTrailsはシンプルなデザインで初心者でも利用しやすいという特徴があります。

StarTrailsでのタイムラプス動画の作り人は、使いたい写真を取り込み、写真にするか動画にするかを選択するだけです。

あとはStarTrailsが自動でタイムラプス動画を作りますので、それをパソコンにデータとして書き出しします。

タイムラプス動画の編集作業の序段だけを自分自身で行い、あとはソフトが自動でやってくれるので専門知識のない人やタイムラプス動画には興味があるけど、編集作業が面倒という人にもおススメです。

Startrails



SiriusComp

f:id:rick1208:20210115010914p:plain

SiriusCompはダウンロードする前に、ダウンロードするファイルの形式を選びます。


そこからタイムラプス動画を作成するのでの環境を作っていきます。

タイムラプス動画の作り人は他の編集ソフトと組み合わせることで、さまざまなカメラの静止画を取り込み、RAW形式から処理可能なようになります。

すでに動画編集をしたことがあり、他の編集ソフトを所持していて、タイムラプス動画にも挑戦したいという人におススメのソフトです。

特徴と使用方法

SiriusCompの特徴は、長時間の動画でも取り込みの時にノイズ処理をすることが可能ですので、綺麗なタイムラプス動画を作成することが可能です。

最短3ステップで取り込みから、編集、書き出しまでタイムラプス動画の作成が全行程可能なので、初心者におススメのソフトです。

タイムラプス動画は編集作業が大変というイメージがあって、挑戦できないという人でも気軽に始められるソフトです。

またタイムラプス動画の編集以外にも、普通に動画の編集にも利用しやすいソフトですし、人込みなどで設営した動画のノイズ処理が苦手な人にもおススメです。

SiriusComp | 比較明合成&タイムラプス動画生成フリーソフト

panolaps + PowerDirector

f:id:rick1208:20210115010953p:plain


PanolapseとPowerDiectorを組み合わせて使うと、タイムラプス動画を作成するのに隊的な環境が手に入ります。

PowerDiectorはタイムラプス動画の編集ソフトと特典のファイルが一緒にダウンロード可能なので、タイムラプス動画を作成するのでの初期環境を整えるのが簡単です。

タイムラプス動画を作成するのでにはあなたにとって利用しやすいソフトをダウンロードすることが大事です。

相性の悪いソフトをダウンロードすると、タイムラプス動画を作成すること自体、諦めてしまう可能性があります。

特徴と使用方法

f:id:rick1208:20210115011004p:plain

2つのソフトをダウンロードすると、タイムラプス動画を作成するのでのチュートリアルが表示されるので、手順に従って写真の取り込み、静止画の編集、動画の作成、タイムラプス動画の書き出しが可能です。

チュートリアルの手順に沿って操作すれば、初心者でもタイムラプス動画を作成することが可能です。

PanolapseとPowerDiectorは利用している人が多いですが、タイムラプス動画の編集ソフトはデータ容量が大きいので、ダウンロードするのに時間がかかります。

Panolapse - タイムラプスとパノラマの動画作成ソフト

PowerDirector | 製品概要・最新情報


まとめ

f:id:rick1208:20210111122148p:plain

タイムラプス動画は一見作成するのは一般人では無理な印象ですが、必要な機材とソフトが揃い、作り方がわかれば初心者でも作れます。

この機会にタイムラプス動画作成に挑戦してみましょう