漫画の地球儀

『Windows10』でUSBの消費電力を見る方法!【チェック、確認、pc、電力不足の解消方法】

スポンサーリンク

Windows10でUSBの消費電力をチェックする方法

f:id:rick1208:20201209012610p:plain


Windows10のパソコンで、USB機器を接続していたら電力不足になってしまったことはありませんか?


無理にUSBポートにUSB機器を接続してしまうと、電圧・電流トラブルを招いてしまいます。

Windows10でUSBの消費電力をチェックする方法ですが、「Windowsキー+Xキー」の同時押しでアドバンスドメニューを開き、「デバイスマネージャー」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201209012648p:plain



バイスマネージャーが開くので、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」の「USBルートハブ」を右押して「プロパティ」を開きましょう。



f:id:rick1208:20201209012700p:plain


USBルートハブのプロパティが表示されたら、「電力」タブをクリックすることで接続されているデバイスの「必要な電力」が表示されます。これで、USBの消費電力をチェックすることが可能です。



USBの電力不足を解消する方法

f:id:rick1208:20201208175239p:plain

USBの電力不足を解決したい場合、常に使用しているUSBデバイス以外のUSB機器は外しておくようにしましょう。



USBメモリなどは常に使用するデバイスではないので、使用する時だけ接続することをおススメします。

根本的な電力不足を解消したい場合は、パソコンの電源ユニットを変えて電力を上げるよりも簡単な方法としてセルフパワーUSBハブの導入があります。



ACアダプタにより電力供給を行うため、パソコンの電源を使用することがないため安心してUSB機器を接続することが可能です

f:id:rick1208:20201209012719p:plain