漫画の地球儀

『Mac』での『Soundflower』の使い方!【音声、録音、設定、インストール、ダウンロード】

スポンサーリンク

SoundflowerをMacにインストールして出力音声を録音

f:id:rick1208:20201227090650p:plain

ここでは、SoundflowerというソフトをMacのパソコンにダウンロード・インストールして出力音声を録音するという使用方法について焦点を当てて特集を進めていきます。


Macのパソコンで音声やサウンドファイルをよく扱うという方には便利なソフトになります。

Soundflowerについて知らないという方に向けて、まず最初は何か簡単に説明します。

Soundflower

Soundflowerというのは、Macのパソコンで再生されている音声を録音するのでのソフトになります。

内部で鳴っているサウンドをそのまま録音可能なという機能が搭載されています。

Macのスピーカーを介してサウンドが出力されている場合はレコーダーなどでよく録音しますが、内部音声の場合は、特殊なサウンドカードソフトを使用する必要があります。

SoundflowerのMacへのダウンロード方法

f:id:rick1208:20201227090810p:plain


Macのパソコンで内部に出力されているサウンドを録音してみたいという人は、是非Soundflowerをダウンロードしてみましょう。

Soundflowerは以下のURLにアクセスしてダウンロード・インストールまで済ませてください。


Soundflowerについては無料でダウンロードすることが可能です。ディスクイメージファイルを展開して導入してください。

Macにダウンロードできない場合の対処法

f:id:rick1208:20201227090833p:plain



ここで、もしSoundflowerをMacのパソコンにダウンロード・インストールができない場合の対処法を説明しておきます。

開発元が不明の場合はファイルを開けないことがあります。

ダイアログがでましたら設定の「セキュリティとプライバシー」を押して、「このまま開く」を選びて、もう1回Soundflowerをインストールしてください。

SoundflowerのMacへのインストール方法

f:id:rick1208:20201227090901p:plain

Soundflowerのインストール方法ですが、ダウンロードしたディスクイメージファイルをそのまま開き、画面の表示にしたがってインストールを進めてください。

「インストール」をクリックすることで簡単に可能なようになっています。

もし、ヘマをしてしまうようであれば、空き容量の再チェックと設定を今1回見直してからインストールしましょう。

SoundflowerのMacでの使用方法

f:id:rick1208:20201225234445p:plain

Soundflowerをダウンロード・インストールする方法について説明してきました。

ディスクイメージファイルとしてダウンロードされますので、それを開くことによって簡単にインストールが可能なようになっています。

SoundflowerをMacのパソコンに追加可能でしたら、早速Macの内部のサウンドをソフトで録音していきましょう。

無事、Macのパソコンにインストール可能でしたら、ここからはSoundflowerのMacでの使用方法を説明していきます。Macの内部サウンドを録音するのでにいくつか設定しておきたい項目があります。


以下で解説する内容にしたがって適切に設定して、気持ちよくMacの内部サウンドを録音可能なようにしておきましょう。それほど難しくありません。

まず最初はQuicktime PlayerをMacにインストールしよう

MacでSoundflowerを利用して内部サウンドを録音するのでにはまず、Quicktime PlayerをMacにインストールしておく必要があります。

Quicktime Playerがすでに用意されてあるという人は、こちらのやり方をスキップして次の項目に進んでください。Quicktime PlayerがMacに追加可能でしたら早速設定に進んでいきましょう。

「Audio MIDI 設定」から音声記入・出力設定

Macのパソコンで次にやるべきことは、「Audio MIDI設定」から音声記入・出力設定をしておくことです。

適切に記入と出力先を選びておかなければサウンドが録音できず、無音になってしまいます。

最後に「サウンド」設定からMacの録音方法を設定

f:id:rick1208:20201227094315p:plain


Audio MIDI設定で音声記入・出力設定を済ませた人は、最後に「サウンド」設定からMacの録音方法を必ず設定しておいてください。

記入された音声が設定に従って出力された物を音声データとして残すためにはこの設定が必要です。

記入ではなく出力を「Soundflower (2ch)」に設定しておきましょう。マイクも「Soundflower (2ch)」にします。

Macで音声録音開始

f:id:rick1208:20201227094326p:plain

Macのパソコンで音声の記入・出力の設定などが全部終了しましたら、Macで実ときに音声録音を始めてみましょう。

「オーディオ収録」の部分にある「録音マーク」をクリックすることでMacで録音が開始されるようになっています。


録音を終了する場合にはもう1回同じ場所を押してください。必要に応じて好きなタイミングで録音しましょう。

Soundflowerで録音した音声のチェック方法

f:id:rick1208:20201225224836p:plain


ここまでSoundflowerの使用方法を説明してきました。Macのパソコンの内部で出力されているサウンドを録音するにはSoundflowerとQuicktime Playerを用意して、適切な出力設定を終了させることで可能になります。

無料でサウンドを録音可能ですので、サウンドファイルを管理する機会が多いというMacユーザーにとってはとても便利です。

SoundflowerをMacで使う方法について理解可能でしたら次に進みましょう。

ここからは、Soundflowerを利用して録音した音声のデータをチェックする方法を説明していきます。


Macで録音ができたものの、どこに保存されているのかがわからなければ、そのデータを再生することも不可能になります。最初にMacで保存場所について知っておきましょう。

録音した音声ファイルのMacでの保存場所

Soundflowerを使用して録音した場合のMacの保存場所ですが、Quicktime Playerでは、録音開始の時点から保存場所を選択することが可能です。なので、毎回自分自身で設定した保存先になります。書き出しのときに「場所」というメニューで選びたものが実ときの音声ファイルのMacでの保存場所になります。



f:id:rick1208:20201227095431p:plain




指定した場所にあるデータファイルを押して再生することで、実ときにどのような録音がされたのかをチェック可能です。音声データなので、音楽ファイルと同様に動作します。

Soundflowerでうまく録音できない場合はMacに再インストール

f:id:rick1208:20201225224159p:plain


ここまでSoundflowerとQuicktime Playerを導入して、Mac内部の音声を収録する方法について流れを説明してきました。

ここからは、SoundflowerでうまくMacサウンドが録音できない場合の対処法について説明していきます。

ダウンロードはできたものの、機能が上手く動作しないということでお困りの人はこちらを参考にしてください。

SoundflowerをMacからアンインストール

SoundflowerのソフトをMacに追加できたものの、実ときに音声を録音するとなると、うまく機能が動作してくれない場合の対処法として最も簡単に可能なのが、Soundflowerの再インストールです。

インストールにヘマをしてしまった場合や、設定がよくわからなくなってしまった場合は、初期状態のSoundflowerからもう1回やり直しましょう。

Soundflowerのツイッターでの口コミ

f:id:rick1208:20201225224012p:plain

Soundflowerの評価が気になるという方に、こちらでちょっと口コミについて説明しておきます。

使用方法によっては音声の読み上げで文字おこしに貢献可能なという声も見られました。

マイク要らずで音声を録音でき、使用方法次第では便利になるソフトです。ダウンロード時の広告が間違いやすいという声も見られました。

まとめ

f:id:rick1208:20201225223112p:plain

Macの内部で鳴っているサウンドを録音するソフトであるSoundflowerについて説明してきました。

Quicktime Playerと組み合わせることで、余計な機材を用いずにそのまま録音が可能なようになっています。


Macにこれらのソフトを無料でインストールして、内部サウンドの録音に挑戦してみましょう。