漫画の地球儀

『URL』『URI』『URN』の違い!【Webブラウザ、アドレス、ドメイン名、サイト、ホームページ】

スポンサーリンク

URI・URL・URNの言葉の意味

f:id:rick1208:20210111125840p:plain

Webブラウザなどでホームページを見るとき、Webブラウザ上部にあるアドレスバーに「http:、、www、example、com、・・・」などで始まる文字列が「URL」と呼ぶことは、多くの方が知っていることと思います。

では、「URL」に関連して「URI」「URN」という言葉が存在しているのはあまり知られていません。

もしくは、存在は知っているけど、URI・URL・URNの違いは良く分からない方もいると思います。

ここでは、URI・URL・URNの言葉の意味や、その違いについて徹底説明していきます。

URI

URIとは「Uniform Resource Identifier」の意味で、Web上にあるコンテンツを認識する識別子の総称です。

URIは後述するURNとURLで構成されています。

URL

URLとは「Uniform Resource Locator」の意味で、Web上のある特定のコンテンツが、どの位置にあるのかを表します。

普段Webブラウザでよく目にするアドレスがこのURLで、「URL=Web上での住所」と捉えてもらって構いません。

URN


URNとは(Uniform Resource Name)の意味で、住所ではなくWeb上での「名前」を指します。URNは「urn:」で始まり以降にWebサイトに割り当てられた固有の名前を指定します。

URNは、普段サイトを見ている限りで使うことはないと思います。まず最初は、「URN=Web側で認識される固有の名前」と覚えておいてください。

URI・URL・URNの違い

f:id:rick1208:20210111122148p:plain

ここまでURI・URL・URNの意味について説明してきました。ではURI・URL・URNの違いとは何なのと思いますか?次のイメージは、URI・URL・URNの違いをまとめたものです。


f:id:rick1208:20210111131804p:plain


上のイメージから見て取れるように、URLは「ドメイン名」や「ファイル名」などを組み合わせたWeb上の住所で構成され、URNは「名前空間」および「リソース識別名」からなるWeb上での名前で構成されています。

また、URIはURLとURNを含むことから、URIとはURLとURNの総称となり、URL・URNの内どっちかか、両方のことを指すのがURIです。

URI・URL・URNは似た文字で分かりづらく、特にURIについては、概念が掴みづらいところがあるかもしれませんが、まず最初は「URL=Web上の住所」、「URN=Web上での名前」、「URI=URLとURNの総称がURI」と覚えておいてください。

URI・URL・URNの正しい違いを知っておくと便利

普通にWebサイトを見るだけであれば、URLという言葉だけを知っていれば大方問題ありませんが、Webに関わる仕事に就いていると、「ここにURIを記入して下さい」などと求められることがあります。

こんな時にURI・URL・URNの正しい違いを知っておくと、URIにはURLが含まれることから、URLを記入すればOKことが判断でき役に立ちます。

Webページのアドレスの意味

f:id:rick1208:20210108220111p:plain

ここからは、普段よく目にするURLが、どのような構成になっているか説明していきます。

URLの構成を知っていると、URLの打ち間違えで、Webブラウザに「Webサーバーが見つかりません」などとエラーが表示された場合、URLの文字列の内、どの部分が誤っているのか直ぐに分かるようになります。

URLの構成

では、URLがどのような構成になっているのか分解してみましょう。

URLは分割すると、大きく「スキーム」「ホスト名」「ドメイン名」「ドメイン名以降」の4つに分類可能です。

http・https「スキーム」

どのURLにも必ず先頭に「https」あるいは「http」がつきます。

これらは「スキーム」と呼び、インターネット上で通信するのでの通信やり方(プロトコル)を指しています。

「http」は「Hyper Text Transfer Protocol」の略で、WebブラウザとWebサーバ間でHTMLなどの文書をやりとりする時に利用される通信やり方(プロトコル)を意味します。

Webサイトを表示する為に必要なHTMLや画像ファイルなどは、この「http」のプロトコルに従いファイルがWebサーバーからWebブラウザに転送されています。


https」は「Hypertext Transfer Protocol Secure」の略で、HTTPによる通信を暗号化し、より安全に(セキュアに)通信を行うためのプロトコルです。「https」は個人情報やパスワードなどを記入すうページで主に使用され、悪意のある第三者に通信内容を傍受されても、簡単に機密情報が漏洩しないように通信内容を暗号化しています。

また最近では、ツイッターフェイスブックなどの主要なSNSや、Google、Yahooなどの各サービスでは、機密情報の記入の有無に関わらず、全部のページを「https」で暗号化しているサイトも見られるようになってきました。

www「ホスト名」

「ホスト名」はネットワークに接続された機器やサーバの名前を指しています。

後述する「ドメイン名」と組み合わせて、対象となるWebサーバーを特定しています。

ホスト名にはよく「www」が使用されます。この「www」は「World Wide Web」の意味で、一般的にWebサーバーの「ホスト名」には「www」が使用されています。

但し、必ず「www」でなければいけない訳ではなく、別の名前も指定可能です。

「www」以外のホスト名の例として、メールサーバーに、mail、<ドメイン名>のようなホスト名を割り当てたり、公開前のテスト用サイトに、dev、<ドメイン名>のようなホスト名を割り当てるようなこともあります。

また、ドメイン名だけで対象となるWebサーバーが特定可能なような場合、省略することも可能です。

ドメイン

ドメイン名」とは、インターネット上でWebサーバーを特定するのでの住所となるものです。

私たちが普段使用する住所に重複がないように、同じドメインは世界に1つしか存在しません。

通常「ドメイン名」は、IPアドレスとセットでコンピュータネットワーク上に登録されています。

ドメイン名」を更に細かく分類すると、右側から「トップレベルドメイン」「セカンドレベルドメイン」「サードレベルドメイン」の3つに分類されます。

トップレベルドメイン 国、団体、組織」などを指す。代表的なものとして、「jp」や「com」がある。

セカンドレベルドメイン 企業、学校、政府など、どのジャンルの組織なのかを指す。「co=企業」「ac=大学、専門学校」「go=政府」などがある。

サードレベルドメイン サイト名などの固有の名称です。すでに使用されているドメインは使用できない。

ドメイン名以降

ドメイン名」以降は、ディレクトリおよびファイル名のパスが続きます。「http:、、www、example、co、jp、weather、tokyo」のようなURLの場合、「weather、tokyo」が「ドメイン名」以降の部分を指しています。

「ホスト名」「ドメイン名」で対象となるWebサーバーを特定し、「ドメイン名以降」で、対象Webサーバー上の、どのコンテンツ(どのファイル)を表示するのかを指定します。

スキームはURLの重要な成分

f:id:rick1208:20210108201430p:plain

一部のサイトで、URLは住所を指すものであり、「ホスト名」「ドメイン名」「ドメイン名以降」の3つが分かればWebページが特定可能なことから、普段よく目にするhttp・httpsの「スキーム」を含むアドレスは、URLではなく正確にはURIであると説明するサイトがあります。

しかし、上の情報は間違えで、先述したようにURLはURIの一部ですから、http・httpsの「スキーム」を含むアドレスを、URLと呼んでも問題ありません。

RFC1738でも、URLは「:」で構成されると書かれており、明確に「スキーム」を含むアドレスがURLだと書かれています。

まとめ

f:id:rick1208:20210108175648p:plain

ここでは、URI・URL・URNの意味や、その違いについて説明してきました。

普通にWebサイトを見る限りでは特に違いを意識する必要はありませんが、将来的にWebに関わる仕事に就きたい場合は、URI・URL・URNの意味や、違いを理解しておくと、将来的に役に立つ事と思います。

おさらいとなりますが、URL=Web上の住所、URN=Web上での名前、URI=URLとURNの総称という事を把握しておきましょう。