漫画の地球儀

『Mac』の『OS X Yosemite』の初期化、再インストール方法!【メリット、デメリット、クリーンインストール】

スポンサーリンク

Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール

f:id:rick1208:20201227081548p:plain



Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)についてご説明していきます。

早速ですが、利用しているMacの動きが重たいなと感じたり、固まって動きが遅いと感じたときには、新品のMacのように、動くようにしたくなるものです。

そのような場合には、Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)を行うことをおススメします。

Mac OS X Yosemiteは便利なのですが、簡単そうに見えて、やり方を間違えると時間のロスにもなります。

さらに、消しては困るデータがなくなってしまう可能性もあるので、十分気を付けてください。

ここからMac OS X Yosemiteの、再インストール(クリーンインストール)方法について、詳しくご説明していきます。

Macのデータを初期化して新品状態に戻すことが可能

Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)とは、データを初期化して新品状態に戻すことを指します。

OS Xの色々な用途を使用して、中身を初期化するとMacが新品状態に戻り、動作が軽くなったり、不調でトラブルが起こっていたのを改善してくれます。

ここで気を付けてほしいのが、やり方通り操作すれば、ほぼ自動で行ってくれるのですが、iTunesiCloudのアカウント認証は、ご自身で手動で行わなければ、消去は可能でせん。

再インストールによるメリット


Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)には、メリットとデメリットがあります。

メリットもデメリットも把握し、用意を整えてから、作業を行うようにしてください。

まず最初は、メリットからご説明していきます。最大のメリットは、動作の重かったMacが軽くなることです。

動作の重かったMacを軽くするには、初期化して新品状態に戻すのが最適です。

Macに限らず、どんなパソコンでも使い続けると、データが蓄積してゴミがたまり、重たくなってしまいます。そこで有効なのが再インストール(クリーンインストール)です。

再インストールによるデメリット

上記では、Mac OS X Yosemiteの、再インストール(クリーンインストール)のメリットについてご解説しました。

続いては、Mac OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)の、デメリットについてご解説します。

Macを再インストール(クリーンインストール)するときの最大のデメリットは、兎に角時間がかかることです。

状況や環境によっても異なりますが、おおよそ8時間ほどかかります。ですので、時間を十分確保する必要があります。

Mac OS X Yosemiteを再インストールする時の事前用意

f:id:rick1208:20201226230730p:plain

Mac OS X Yosemiteを再インストール(クリーンインストール)するにはどんな事前用意が必要なのか、詳しくご説明していきます。

まず一番大事なことは、初期化前に必ずバックアップをとることです。Mac OS X Yosemiteの再インストールは、初期化のことを指します。

バックアップをとらないとMacのデータがすべて消えてしまうので、注意しましょう。

二つ目は、iTunesの認証を解除すること、三つ目はiCloudからサインアウトすることです。それぞれ別々に下記でご解説するので、そちらをチェックしましょう。

iTunesの認証を解除する

事前用意の二つ目、iTunesの認証を解除しましょう。

iTunesを起動したら、storeを開き、「このコンピューターの認証を解除」を選びてください。これで利用しているMacの認証を解除することが可能です。

ここで注意するべきポイントは、iTunesの認証解除は初期化前にしかできないため、初期化前に忘れずに認証解除を行いましょう。

iCloudからサインアウトする

f:id:rick1208:20201227084218p:plain

事前用意の三つ目の、iCloudからサインアウトのやり方をご解説します。

iTunesの認証解除が済んだら、次はiCloudのサインアウト作業をしましょう。システム環境設定を開いて、iCloudを開いてください。

続いて「Macを探す」のチェックをはずし、サインアウトしてください。この三つができれば事前用意はばっちりです。

OS X Yosemiteの初期化と再インストールをする方法

f:id:rick1208:20201226144934p:plain

OS X Yosemiteをデータを消去して、再インストール(クリーンインストール)する方法をご説明していきます。

この方法はMacの動作などが悪く、工場出荷状態に戻したい時や、個人情報を安全に消去するときにも必要な作業です。

Macのデータをすべて消去するので、後戻りは可能でせん。必ず、Time Machineでバックアップをとっておきましょう。

やり方としては、Time Machineでバックアップを取り、ここからOS X Yosemiteの再インストールを行います。

Macの電源を入れて、「command+R」を押して、OS Xユーリティーを起動させます。

ここでは初期化作業なので、「ディスクユーリティー」を選びてください。その後ハードディスクを選び、消去タブを押して、消去の順番で押してください。

Time Machineでバックアップを作成する

f:id:rick1208:20201227084706p:plain


OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)のやり方は、上記でご解説しました。

次にTime Machineで、バックアップを作成する方法について解説します。

OS X Yosemiteのデータをバックアップして、再インストール(クリーンインストール)する方法です。

この再インストールは、工場出荷状態と同じにする方法なので、Time Machineを利用してバックアップを取ります。

設定からTime Machineを開き、自動作成にチェックをいれ、Time Machineを利用して外付けHDDに作ってください。

OS Xユーティリティでハードディスクを初期化

続いて、Macの電源を入れたら「command+R」を押して、OS Xユーティリティを起動してください。

ここでは初期化作業の方法をご解説するので、ディスクユーリティーを選びてください。

ディスクユーリティー画面で、HDDを初期化可能です。

他の人の手に渡る場合はセキュリティオプションは必須

利用しているMacを他の人に渡す場合、通常の消去だけではデータが完全に消去されないので、「セキュリティーオプション」を選び、確実にデータを消去しましょう。

Macを他人に譲渡するときは、ゼロ消去1回を必ず行うように気を付けてください。

OS Xの再インストール

Macのデータを完全に消去したら、OS Xの再インストールを行ってください。

OS Xの再インストールを選び、続けるを押してください。OS X Yosemiteの再インストールをするには、wi-fiが必要です。

こちうらも注意しましょう。そのまま進めて、再インストールしましょう。

インストールディスクを選択する

OS Xの再インストールときに、インストールディスクを選択する必要があります。

再インストールのときに使うディスクは、「Macintosh HD」を選んで下さい。

Apple IDでサインインをする

OS X Yosemiteを再インストールするディスクを選びたら、AppleIDとパスワードを記入し、サインインしてください。

その後、コンポーネントのダウンロードが開始されます。

ネットワーク環境にもよりますが、再インストールには数時間かかる場合もあるので、気を付けてください。

OS X Yosemiteをデータを消さずに再インストールする方法

f:id:rick1208:20201226005029p:plain

Macを再インストールするときの事前用意については、上記でご解説した通りです。

続いては、OS X Yosemiteの、初期化と再インストールをする方法を詳しくご解説します。

データを残して再インストールする場合は、定期的にMacがシステムトラブルを起こしたり、重くなっている場合に時間が早く済む為とても有効です。

OS X Yosemiteのデータを残したまま、再インストールするやり方ですが、空き容量があるのかチェックしてください。

20GB程度は必要です。その後Appleのマークを押して、メニューから再起動を選びましょう。

その後画面が暗くなったら、「command+R」キーを押し続けてください。


押し続けると、「OS Xユーティリティ」というウィンドウが起動します。

OS X Yosemiteの再インストールするのでに、wi-fiに接続しましょう。

その後、「OS Xを再インストール」を選択すると、OS X Yosemiteの再インストール画面になります。

OS X Yosemiteをダウンロードして復元するのでに利用しているコンピュータの適格性がAppleで認証されます」と表示されるので、ソフトウェア使用許諾契約に「同意する」を押してください。

その後、OS X Yosemiteを再インストールするディスクの選択をして、AppleIDとパスワードを記入してサインインしてください。

すると、OS X Yosemiteの再インストールが開始され、終了画面がでたら再インストール(クリーンインストール)終了です。

ハードディスクに十分な空き容量を確保する

上記でちょっと出てきましたが、Macに空き容量があるかチェックしておきましょう。

だいたい20GBくらいは必要です。容量の確保ができたら、メニューバーに表示される再起動をおこなってください。

ここで注意すべきは、前もって十分な空き容量を確保することです。

OS Xユーティリティーで再インストールを行う

ハードディスクに十分な空き容量を確保できたら、OS Xユーティリティーで再インストールを行いましょう。

「command+R」を押し続けると、「OS Xユーティリティ」というウィンドウが起動し表示されます。

OS Xユーティリティを起動させると、OS X Yosemiteの再インストールにはネットワークが必要です。wi-fiに接続しましょう。

その後「OS Xを再インストール」を選びて指示通り進めると、「OS X Yosemiteをダウンロードして復元するのでに利用しているコンピュータの適格性がAppleで認証されます」というのが表示されます。

続けるを押して、ソフトウェア使用許諾契約に「同意する」を選びましょう。

すると、「ソフトウェア使用許諾契約の条件を読んだ上で同意します」と出てくるので、同意してください。

インストールディスクを選択する

OS Xユーティリティーで再インストール(クリーンインストール)を行い、インストールディスクを選びましょう。

こちらは、OS X Yosemiteのデータを消去したときと同様に、Macintosh HDを選びましょう。

Apple IDでサインインをする

OS X Yosemiteを再インストールするディスクを選び、OS X Yosemiteのデータを消去したとき同様に、Apple IDとパスワードを記入してサインインを選びましょう。

その後ダウンロードが終了すると、再起動され、OS X Yosemiteの再インストール(クリーンインストール)が開始されます。これでOS X Yosemiteの、再インストールの終了です。

OS X Yosemiteの初期化と再インストールする時の気を付ける点

f:id:rick1208:20201225232731p:plain

OS X Yosemiteの初期化と再インストールのときに、いくつか気を付ける点があります。

これを知らずに初期化してしまうと、データの紛失やトラブルが起こる可能性もあります。

十分気を付けてください。OS X Yosemiteの初期化、再インストールするときの気を付ける点としては、バックアップを取ること、iTunesiCloudのアカウントの認証を解除することです。

かなりの時間がかかる

Macの再インストール(クリーンインストール)には、かなりの時間がかかる場合があります。

他人に譲ったり売る場合には、再インストール(クリーンインストール)のときに、セキュリティーオプションでデータの上書きをしましょう。

上書きの回数が多ければ多いほど、データの復元はできにくくなります。また、上書き回数が多いほど、時間がかかります。

さらにデータの量によっても、時間は変わります。バックアップの復元なども含めると、7~8時間ほどかかる場合が大半です。

バックアップの作成は必須

何度も記事内に出てきていますが、バックアップは必ずとるようにしましょう。

なんらかのトラブルで、データが消えてしまったり、初期化に失敗したとき、復元してMacを使いたいときに、バックアップが必要だからです。

バックアップは、Time Machineで自動作成可能なようにして、常に最新のバックアップが取れているようにしてください。

まとめ

f:id:rick1208:20201225224836p:plain

ここまでMac OS X Yosemiteの、再インストール(クリーンインストール)方法についてまとめてきました。


データを残したままの再インストール(クリーンインストール)方法や、データを消去して行う再インストール(クリーンインストール)方法などをご説明してきました。

どっちにしても多少の時間は要します。そのときの用途に合う、OS X Yosemiteの、再インストール(クリーンインストール)方法を選びましょう。


他人に譲ったり売ることが目的なのか、システムトラブルが原因なのかで、再インストール(クリーンインストール)方法を選びましょう。それぞれの気を付ける点もちゃんと気をつけましょう。