漫画の地球儀

『Outlookのメール』が文字化けする原因、対処法!【pc、送信、宛先、添付ファイル、インポート】

スポンサーリンク

Outlookのメールが文字化けする

f:id:rick1208:20201209082701p:plain

メールソフト・Outlook(アウトルック)で、メールが文字化けしてしまって困ってしまった経験をしたことはありませんか?

ここでは、Outlook2016やOutlook2019を使用していてメールが文字化けした時の対処法をご説明していきます。


Outlookのメールが文字化けした時の対処法

f:id:rick1208:20201209082726p:plain

受信したメールの文字化けを直す方法

受信メールの文字化けの直し方ですが、まず最初は文字化けしているメールをダブルクリックして開きましょう。


f:id:rick1208:20201209082812p:plain


メールが新しいウィンドウが開くので、リボンメニューの「移動」項目にある「その他の移動アクション」を押します。


メニューの「その他のアクション」にマウスカーソルを乗せるとサブメニューが開くので、サブメニューの「エンコード」にマウスカーソルを乗せます。さらにメニューが開くので、「その他」にマウスカーソルを乗せましょう。

f:id:rick1208:20201209082846p:plain



言語の一覧が表示されるので、「日本語(自動選択)」を押しましょう。これで受信メールのエンコードが日本語で行われ、文字化けが修復されます


f:id:rick1208:20201209082925p:plain


送信するメールが文字化けしてしまう場合

送信するメールが文字化けしてしまう場合の気を付ける点ですが、件名・本文で特殊な記号や半角カタカナを使用しないようにしましょう。これらの文字を使用すると文字化けの原因となってしまうことが大半です。

特殊記号や半角カタカナを利用していないのに文字化けする場合は、ウィンドウ左上の「ファイル」を押してアカウント情報を開き、左側メニューの「オプション」を押しましょう。


f:id:rick1208:20201209083232p:plain



Outlookのオプションが表示されるので、左側メニューの「メール」を押して開き、「メッセージの作成」項目の「次の形式でメッセージを作成する」のプルダウンメニューから「テキスト形式」を選びましょう。


f:id:rick1208:20201209083241p:plain



続いて左側メニューの「詳細設定」を押して開き、「文字設定オプション」の「送信メッセージのエンコード方法を自動選択する」のチェックボックスをオフにして、「送信メッセージで優先使用するエンコード方法」を「日本語(JIS)」に設定しましょう。



f:id:rick1208:20201209083252p:plain


あとは「mailto:プロトコルUTF-8をサポートする」のチェックボックスをオフにしたら「OK」を押してOutlookのオプションを終了します。これで文字化けが解消されたかどうかチェックしてみましょう。


メール返信時に宛先が文字化けしてしまう場合

メールの返信時に文字化けする場合は、ウィンドウ左上の「ファイル」を押してアカウント情報を開き、左側メニューの「オプション」を押しましょう。


f:id:rick1208:20201209083314p:plain


Outlookのオプションが表示されるので、左側メニューの「メール」を押して開き、「メッセージ形式」項目の「テキスト形式のメッセージを送信するとき、添付ファイルをUUNENCODEでエンコードする」のチェックボックスをオフにしてから「OK」ボタンを押してOutlookのオプションを終了して、症状が解消されたかどうかチェックしてみましょう。

f:id:rick1208:20201209083322p:plain



添付ファイルが文字化けしてしまう場合

添付ファイルが文字化けしてしまう場合は、添付ファイルのファイル名をローマ字で記入する・Zip形式にしてみるといった方法を試してみましょう。

連絡先ファイルをインポートすると文字化けしてしまう場合

連絡先ファイルをインポートすると文字化けしてしまう場合は、連絡先ファイルをExcelなどでCSV形式のファイルに変換する・文字コードUTF-8にしたCSV形式のファイルに変換する・ANSI形式に変換してみるといった方法を試してみましょう。