漫画の地球儀

『Mac』をターミナルで『SSH接続』する方法!【メリット、リモートログインの設定、コマンド】

スポンサーリンク

MacSSH接続するメリット

f:id:rick1208:20201227074400p:plain

ここ冒頭の本章では、MacSSH接続を使用したリモートログインのメリットや、SSH接続の概要を説明していきます。

まず、MacSSH接続を使ったリモートログインとはどういった機能・接続方法なのか詳しく説明していきます。

MacSSH接続・リモートログインを知らない人は、便利な機能をこの機会に覚えておきましょう。

SSH接続はその他のMacパソコンに直接リモートログインする方法

Macの「ターミナル、app(terminal)」からSSH接続を使用することで、他のMacパソコンに遠隔でログイン・アクセスすることが可能となります。

会社で使用しているMacパソコンに、自宅のMacパソコンからアクセスしてファイルの出し入れなどが可能なようになるため、リモート作業をするときに重宝するシステムです。

WindowsでもSSH接続でリモートログインが可能ですが、Macパソコンに乗り換えした人にとっては、操作方法・ユーザーインターフェースが異なるため、SSH接続方法に悩んでいる人も多いと思います。

そのような人は、ここでMacSSH接続方法をマスターしましょう。

SSH接続は安全な暗号化プロトコルを使用してログインする

SSH接続は「Secure Shell」の略で、安全な暗号化プロトコルを使用して、サーバー経由でログインするという意味になります。SSH接続は安全ですが、100%の安全ではありません。

より強固なセキュリティを実現する方法はここ後半の章でも説明しているので参考にしてください。

SSH接続の認証方式は2パターン

SSH接続の認証方式パターン

SSH接続の認証方式パターン1 公開鍵認証
SSH接続の認証方式パターン2 パスワード認証
公開鍵認証

公開鍵認証は別名「秘密鍵」と呼ばれ、暗号化されたデータに「秘密鍵」を記入し、ディレクトリ(階層)からリモートログイン・リモートアクセスする方法となります。

パスワード認証

SSH接続はパスワード認証でサーバーにログインすることも可能です。サーバーにかけられているパスワードを手動で記入してリモートログインします。

MacSSH接続できない?必要条件・設定

f:id:rick1208:20201226230730p:plain

続いてMacSSH接続するのでの必要条件や設定方法を説明していきます。

前提条件が揃っていなければ、SSH接続・リモートログインはできないので、気を付ける点を見ていきましょう。

SSH接続情報がないと接続できない

MacSSH接続では、基本的に下記の3つの情報が揃っていなければリモートログイン・リモート接続が可能でせん。


事前に情報を取得しておきましょう。

MacSSH接続に必要な情報項目一覧

MacSSH接続に必要な情報項目1 ホスト名
MacSSH接続に必要な情報項目2 ユーザー名
MacSSH接続に必要な情報項目3 ポート番号
MacSSH接続に必要な情報項目4 パスワード・秘密鍵


MacSSH接続に対応していないソフトには接続できないので気を付けてください。基本的にApple公式のアプリはSSH接続に対応していますが、SSH接続できないソフトもあるので事前にチェックしておくとよいと思います。

SSH接続する前にセキュリティを強化

f:id:rick1208:20201226144934p:plain


SSH接続は、安全な暗号化プロトコルを使用してログインするのでの安全性は高いですが、設定方法次第では、セキュリティに不安が残る場合もあります。

SSH接続する前に、Macの環境設定から安全性の高い設定をしておきましょう。

リモートログイン可能なユーザーを制限しておく

f:id:rick1208:20201227074928p:plain

リモートログイン可能なユーザーを制限する方法

STEP1 「Appleアイコン」>「システム環境設定」>「共有」の順に押します。
STEP2 「共有」画面左側にある「リモートログイン」にチェックを入れて下さい。
STEP3 「アクセスを許可」の項目で「次のユーザーのみ」を選びます。
STEP4 項目内にアクセス可能なユーザーを追加しておきましょう。

SSHポートを変更

SSHポートはポート番号1〜ポート番号22まで使用可能ですが、基本的にポート番号22が降るわけられるため、その他のポート番号を選びておくことで、SSH接続の安全性を高めることが可能となります。

MacSSH接続・リモートログインする方法

f:id:rick1208:20201226120312p:plain

続いて本章では、SSH接続・リモートログインする方法を順番に説明していきます。

MacSSH接続・リモートログインする方法

STEP1 システム環境設定からリモートログインを有効にしておく
STEP2 「ターミナル(terminal)、app」からSSH接続を開始
STEP3 「ターミナル、app(terminal)」でリモートログインを有効化する

システム環境設定からリモートログインを有効にしておく

f:id:rick1208:20201227075510p:plain

システム環境設定からリモートログインを有効にする方法

STEP1 「Appleアイコン」>「システム環境設定」>「共有」の順に押します。
STEP2 「共有」画面左側にある「リモートログイン」にチェックを入れて下さい。
STEP3 「リモートログインを有効化」にして次のステップに進みます。

「ターミナル(terminal)、app」からSSH接続を開始

f:id:rick1208:20201227075524p:plain

続いて「ターミナル、app(terminal)」からSSH接続を開始します。

MacのLaunchpadから「その他」>「ターミナル」を選びてください。サーバー情報は、事前に接続先のパソコンでチェックしておきましょう。

SSHユーザー名とIDアドレスコマンドを記入

「$ ssh ユーザー名 @ IPアドレス

上記の形式で「ターミナル、app(terminal)」にSSHユーザー名・IDアドレスを記入してください。両方の項目情報は、「Appleアイコン」>「システム環境設定」>「共有」でチェック可能です。

リモートログインを有効化

最後にリモートログインの承認コマンドを記入します。下記のコマンドを「ターミナル、app(terminal)」内で探して下さい。

Are you sure you want to continue connecting (yes、no)?

上記コマンドのあとに「yes」とコマンドを記入すれば、終了です。

MacSSH接続できない場合の対処法

f:id:rick1208:20201225234445p:plain


これまで説明してきたやり方を実行しても、MacSSH接続できない場合の対処法を解説します。

MacSSH接続できない場合の対処法 MacSSH接続できない場合の対処法1 「ターミナル(terminal)、app」の記入コマンドを再チェック
MacSSH接続できない場合の対処法2 Macを再起動

「ターミナル(terminal)、app」の記入コマンドを再チェック

サーバー情報やポート番号、SSHユーザー名とIDアドレスコマンドに間違いがないか、もう1回チェックしてみましょう。

Macを再起動

記入したサーバー情報やポート番号、SSHユーザー名とIDアドレスコマンドに間違いがない場合は、1回Macパソコンを再起動してください。

また、それでも問題が解決されない場合は、1回Appleのサポートチームまで問い合わせするのも有効的な対処方法となります。下記のAppleサポート公式サイトリンクにアクセスして、問い合わせしてみましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20201225232208p:plain

ここでは、MacSSH接続・リモートログインの設定方法と使用方法を解説しました。

Macを遠隔操作することで、場所を問わず操作することが可能になります。

Office以外の場所で作業する人は、とても便利なので使用方法を覚えておきましょう。ここを参考に、MacSSH接続・リモートログイン方法をマスターして快適なMacライフを送りましょう。