漫画の地球儀

『Twitter』のデータをダウンロードする方法!【見ることができない原因、対処法、htmlファイル】

スポンサーリンク

ツイッター」データをダウンロード

f:id:rick1208:20201230212011p:plain

ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードする方法のプロフィールからメニューを開き設定とプライバシーに進みパスワードを記入後に、どのようにしてzipファイルをダウンロードするのか知りたい人に向け、くわしいダウンロード方法を説明していきます。

そこで、ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードする事前用意として、ツイッターにパスワードでログインしていく方法から説明をしていきたいと思います。

ツイッターにログインするやり方

それでは、ツイッター(ツイッター)にログインをするやり方について注目をしていきたいと思います。


f:id:rick1208:20201230212052p:plain



ツイッターにアクセスして電話番号、メールアドレス、ユーザー名を記入していきます。


f:id:rick1208:20201230212757p:plain


つづいて、パスワードを記入して「ログイン」を選びて進んでいきます。

ツイッター」データをダウンロードする方法

f:id:rick1208:20201230204532p:plain

ここからは、ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードする方法として、プロフィールを開きメニューを出して、設定とプライバシーに進みパスワードを記入してダウンロードしていくやり方を一つ一つ説明していきたいと思います。

自分自身のツイッター(ツイッター)のプロフィールのつぶやきのデータをダウンロードしたい場合は、参考にしてみるといいと思います。

ダウンロードするやり方

さっそくツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードする方法を行っていきます。


f:id:rick1208:20201230215234p:plain



まず最初は、プロフィールを開きメニューを表示しなければなりません。


まず、プロフィールアイコンを選びて、設定メニューを出していきます。

最新バージョンであれば、プロフィールにアクセスしなくても、メニューが表示されています。


f:id:rick1208:20201230215248p:plain


メニューから「設定とプライバシー」を選びていきます。設定とプライバシーからデータと許可の項目にいきます。

設定とプライバシーの「ツイッターデータ」を押して操作を行っていきます。


f:id:rick1208:20201230215312p:plain


ツイッターデータをダウンロードという項目で「パスワードを記入」していきます。

このパスコードは、ツイッターのログインで利用されているパスコードとなります。パスコードを記入したら「チェックする」を選びていきます。


f:id:rick1208:20201230220407p:plain



つづいて、ツイッターアーカイブをリクエストを選びて、データをダウンロードしzipファイルを保存していきます。


ツイッター」データをダウンロード後見る方法

f:id:rick1208:20201230201743p:plain

つづいて、ツイッターのデータをダウンロード後のデータをチェックし見る方法を解説します。

htmlファイルの見るやり方

htmlファイルの見ることやり方について一つ一つ説明していきたいと思います。

先ほどダウンロードをしたツイッターのデータには、htmlファイルといった自分自身のツイッターのアカウントのデータを見ることが可能なデータが保存されています。

そのhtmlファイルを取り出して、ツイッターのつぶやきを見ることしていきますので、操作をチェックにしてみてはいかがと思いますか。


f:id:rick1208:20201230220524p:plain



先ほどダウンロードしておいたzipファイルをダブルクリックで解凍していきます。zipファイルの解凍先はどこでも構いません。



f:id:rick1208:20201230220543p:plain



zipファイルのフォルダ内のhtmlを開いていきます。index、htmlを押していきます。

index、htmlファイルは、サイトのトップページの重要な役割を果たすデータとなっています。

ツイート見ることが可能

するとindex、htmlから自分自身のツイートが見ること・チェックすることが可能です。

最新のつぶやきや過去のつぶやきをチェックすることが可能です。

csvファイルの見るやり方

つづいて、csvファイルの見ることやり方についても注目をしていきたいと思います。

ツイッター(ツイッター)のデータのダウンロードは、csvファイルでも見ること可能なため、htmlと自分自身の環境次第で使い分けることが可能です。

csvファイルを右押して、テキストエディタを開いていきます。

文字コードを「Shift-JIS」に変更を行って再度保存をしていきます。拡張子は「、csv」に変更を行います。

最後にエクセルで新規のブックを作って、「ファイル」から「インポート」を選びて先ほど拡張子を変更した、csvファイルを選びてインポートを行います。これでcsvデータを見ることが可能です。

ツイッター」データをダウンロード後見ることができないときの対処法

f:id:rick1208:20201230142417p:plain

ここからは、ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードした後に、どうしても見ることできないときの対処法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードを行って、index、htmlやcsvファイルがない場合や開けないといった問題があり、見ることできないことも考えられます。

そんな場合は、どのようにしたら見ること可能なようになるのか明確にしていきたいと思います。

それでは、ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードした後に見ることができない状態になったユーザーに向けて、原因や対処法を一つ一つ説明していきたいと思いますので、参考にして行ってみることをおススメします。

index、htmlファイルが見当たらない

ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードしたはずなのに、index、htmlファイルが見当たらないといったことが原因としてあげられます。

index、htmlファイルは、ツイッターのつぶやきのデータが保存されていますので、見当たらないとなると見ることが不可能となります。

考えられる原因は、圧縮ファイルを作成する過程でファイルが消失してしまうことが原因であり対処が必要になります。

再ダウンロードを行って、index、htmlファイルを消去しないように解凍してみるといいと思います。

アプリが原因であり対処が必要になる

ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードした後に見ることできない場合の原因として「アプリが原因」になっていることも考えられます。

アプリをインストールしているとアプリから開くことを優先して、見ることできないようになります。

対処のやり方

それでは、ツイッター(ツイッター)のデータをダウンロードした後に見ることできない場合の対処法にフォーカスして説明をしていきたいと思います。


f:id:rick1208:20201230220808p:plain



まず最初は、アプリではなくChrome拡張機能を使うという方法があります。下のリンクにアクセスをして「Chromeに追加」を押していきます。


GoodTwitter - Chrome ウェブストア




f:id:rick1208:20201230220848p:plain


ポップアップメッセージが表示されますので「拡張機能を追加」を選びてインストールしていきます。


f:id:rick1208:20201230220901p:plain



アプリが原因で見ることできない場合は、アプリをアンインストールする必要があります。

アプリをアンインストールすることで、ブラウザでindex、htmlファイルを開くことが可能なので、見ることが可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20201230124630p:plain

ツイッターのデータをダウンロードすることにより、バックアップにもなりますので、自分自身のつぶやきを残しておきたい人は、データをダウンロードしておくことをおススメします。