漫画の地球儀

『コントロールパネル』がすぐ落ちる原因、対処法!【Windows10、pc、フリーズ、消えた】

スポンサーリンク

Windows10でコントロールパネルがすぐ落ちる

f:id:rick1208:20210106025902p:plain

Windows10のパソコンを使用していて、コントロールパネルが落ちる・画面から消えた・フリーズしてしまうといった症状が発生したことはありませんか?

Windows7からWindows10にアップデートしたユーザーの中には、この症状に遭遇してしまう方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、Windows10でコントロールパネルがすぐ落ちる問題の対処法をご説明していきます。

コントロールパネルがすぐ落ちる問題の対処法

f:id:rick1208:20210106011408p:plain

特定のアプリケーションをアンインストールする

コントロールパネルが落ちる・フリーズする原因の一つに、Windows10に対応していないアプリケーションがインストールされているパターンがあります。

Windows7からWindows10にアップグレードしたユーザーの場合、オーディオドライバーの「IDT Audio」が原因となってコントロールパネルが動作しなくなったという報告もあります。

この場合は、該当のアプリケーションをアンインストールしましょう。IDT Audioを使用しているユーザーの人は、アンインストール後に「IDT High-Definition (HD) オーディオドライバー」を導入すればOKです。

セーフモードで起動して動作チェックを行う

f:id:rick1208:20210106040322p:plain


もし直近で導入したアプリケーションが疑わしいという場合は、セーフモードで起動してみてコントロールパネルが正常に動くかどうかチェックしてみましょう。

クリーンブートで起動してみる

Windows上の常駐プログラム及びサービスを無効化して起動する「クリーンブート」でWindowsを起動してみて、コントロールパネルが正常に動くかチェックしてみましょう。

セーフモードと併せてチェックを行うことで、原因が詳細にわかりやすくなります。

Windows10を再インストール・クリーンインストールしてみる

どうしてもコントロールパネルが固まる・落ちる原因が分からない場合は、再インストール・クリーンインストールを行いましょう。

この方法を行う場合はインストールしているアプリケーションなどが全部消去されるので、バックアップを取る必要があります。