漫画の地球儀

『Twitter』の『クオリティフィルター』の使い方!【「フィルター」との違い、ツイートを除外、アプリ版、WEB版、】

スポンサーリンク

ツイッターの「クオリティフィルター」

f:id:rick1208:20201230210013p:plain

ツイッターでは、タイムライン上に表示されるツイート内容を細かく設定することが可能な、検索でのクオリティフィルター機能を提供していました。

現在は検索でのクオリティフィルター機能の提供は終了していますが、クオリティフィルターの通知設定を変更することは可能です。

クオリティフィルターとはどのように使用可能なのか、通知設定や使用方法について解説します。

品質の低いツイートを除外する機能

ツイッターのクオリティフィルターとは、品質の低いツイートの通知を除外することが可能な機能です。

品質の低いツイートの通知から解放されます。

しかし、クオリティフィルターとは品質の低いツイートを除外してくれるものの、それ以外にも除外される可能性があるツイートがあります。

重複、自動生成

同じツイートが何度も重複している場合、BOTのように定期的に自動生成されているツイートは、品質が低いツイートと認識されて、除外されてしまうことがあります。

嫌がらせ、暴言

嫌がらせや暴言、誹謗中傷などは当然、品質の低いツイートと認識されます。

適用されるバージョン

ツイッターでクオリティフィルターが適応されるバージョンは6、60以降からです。

これ以前のバージョンではクオリティフィルターは使用できません。

ツイッターに限らず、アプリのバージョンは最新バージョンでの使用が望ましいので、古いバージョンのまま使用せず、最新バージョンにアップデートしましょう。


ツイッターの「クオリティフィルター」の使用方法

f:id:rick1208:20201230204532p:plain

ツイッターのクオリティフィルターを使用することで、初心者でも安心してツイッターを使用可能ですので、設定変更や切り替えの方法は覚えておくと良いと思います。

他にもフォローやフォロワーが多くなってしまうと、必要のない通知も多くなってきます。

ツイッターをよく使用する方にもおススメです。

ツイッターのクオリティフィルターとはどのような使用方法が可能なのか、クオリティフィルターの具体的な設定変更方法などの使用方法について、やり方通りに説明していきます。

クオリティフィルターの設定変更やり方

ツイッターのクオリティフィルターの通知設定を変更してみましょう。

スクリーンショットを利用して、アプリ版・WEB版の操作の違いも一緒に解説しましょう。


ツイッターを起動させます。ツイッターが開いたら自分自身のアカウントマークを押して、メニューを出します。


f:id:rick1208:20201230210710p:plain


ブラウザのWEB版でのツイッターのメニューとは、左側の「もっと見る」から出しることが可能です。


f:id:rick1208:20201230210722p:plain



ここでツイッターメニューの「設定とプライバシー」を押します。WEB版のツイッターも同様です。


f:id:rick1208:20201230210802p:plain


設定に関するメニューが表示されます。「通知」を押しましょう。こちらもWEB版ツイッターでも同じような操作です。


f:id:rick1208:20201230210811p:plain


ここで、アプリ版・WEB版ともに、クオリティーフィルターの通知設定を切り替えることが可能です。

ツイッターの「クオリティフィルター」の気を付ける点

f:id:rick1208:20201230142417p:plain

ツイッターのクオリティフィルターの設定変更や切り替えなどは、このように簡単な操作で行うことが可能です。

しかしこのクオリティフィルターの通知設定については、簡易的な設定で万能な機能ではないので、当然デメリットもあります。設定変更のときにいくつか気を付けておかなければいけないことを解説します。

除外対象にならないツイート

ツイッターのクオリティフィルターを設定することで、自分自身に必要のない品質の低いツイートや関連性が薄いツイートを通知対象外に設定されますが、この対象とならないツイートもあります。

コチラがフォローしているアカウントや、ツイートやDMなどやり取りしたことのあるアカウントは、関連性があると認識されるので除外されません。

どうしても除外対象にしたい場合は、フォローしていたらフォローを外すなどの対策が必要です。

リプライが表示されない場合がある

ツイッターのクオリティフィルターを設定することで、ツイートへのリプライ(返信)が全部表示されない場合があります。

リプライの数と表示される数があっていない場合には、クオリティフィルターが適応されて非表示になっているリプライがある可能性があります。

宣伝用のアカウントなどでは致命傷とも言えるので、アカウントの運用方法ともよく照らし合わせてから設定する必要があります。

ツイッターの「クオリティフィルター」と「フィルター」の違い

f:id:rick1208:20201230132849p:plain

ツイッターでは「クオリティフィルター」と「フィルター」があります。クオリティフィルターとフィルターは似たような機能や意味ではありますが、それぞれ役割や設定方法もちょっと違っています。

さいごにツイッターのクオリティフィルターとフィルターの役割の違いや、フィルターの使用方法や設定変更方法などを解説します。

アカウントやキーワードでフィルターを設定可能

そもそもツイッターのクオリティフィルターとは、ツイッターのフィルター機能の一部です。

フィルターはクオリティフィルター以外にも、詳細にフィルター設定が可能な機能全般を指しています。

クオリティフィルターではあくまでも簡易的に、設定も自動化された条件の中でされるので、品質などの問題で除外したいのにできていない、という場合も多くあります。

しかしフィルター機能全部の機能を使うと、フォローしていないアカウントなどアカウントの条件や、見たくない画像が付いていそうなツイートに、よく利用されている言葉などのキーワード設定を行うことが可能です。

詳細な条件を設定可能なので、クオリティフィルターよりより詳細な条件で通知を除外することが可能です。

「フィルター」の使用方法

ツイッターのクオリティフィルター以外の、フィルター機能全般の使用方法を簡単に解説しましょう。

ツイッターのフィルターは、クオリティフィルターの他に「詳細フィルター」と「ミュートするキーワード」を設定することが可能です。

より詳細に設定することで、クオリティフィルターでは漏れていたツイートも、除外対象にすることが可能ですので、必要のないツイートの通知に悩んでいる方には、かなりおススメの機能です。

詳細フィルターの設定


ツイッターの詳細フィルターは、主に除外したいアカウントの条件を設定する機能です。

ツイッターを開いて、「メニュー」→「設定とプライバシー通知」→「詳細フィルター」の順に押します。



f:id:rick1208:20201230211244p:plain


ここで、自分自身が除外したいアカウントの条件に合ったものに、押してチェックを入れて行きましょう。

全部チェックを入れても構いませんが、アカウントの運用方法によってはこのチェックでやり取りができないアカウントが多くなってしまうことにもつながります。

ロム専用などの人は全部入れても良いと思いますが、発信や宣伝アカウントでは気を付けて設定する必要があります。

「ミュートするキーワード」の設定

ツイッターのミュートするキーワードを設定すると、指定したキーワードを含むツイートの通知以外にも、ホームタイムラインからも除外することが可能です。

ツイートでミュートするキーワードを設定してみましょう。ツイッターの「メニュー」→「設定とプライバシー通知」→「ミュートするキーワード」の順に押します。


f:id:rick1208:20201230211307p:plain



ここで、除外したいツイートで使用されているようなキーワードを記入しましょう。


キーワードは単語など以外にも、ハッシュタグや絵文字、ユーザー名の記入も対象です。


特定の単語が入っているユーザーを全部ミュートすることも可能ですし、キーワードで記入した語句のハッシュタグが付いているツイートなども全部ミュートされます。

見たくないツイートや、絡みたくないユーザーのツイートも全部除外されますので、より快適にツイッターを使用可能なようになります。

ツイッターではツイートすることも自由だと言われますが、それによって不快な気持ちになる人がいないとも限りません。


不快だと相手に伝えるのもひとつですが、手っ取り早く除外するというのも有効な手段のひとつです。