漫画の地球儀

『Twitter』が『文字化け』して読めない原因、対処法!【直し方、解読、投稿、DM、漢字、四角】

スポンサーリンク

ツイッターで起こる文字化け

f:id:rick1208:20201230201743p:plain

ツイッターは現在最もよく利用されているSNSツールの1つとなっています。


短文でコミュニケーションをとることも可能ですし、有名人の投稿を見たりトレンドをチェックするのにも有用です。

しかしその便利なツイッターも文字化けによって投稿やDMが見れないということがあると呼ばれています。

このページでは読めない場合の直し方や対処法をまとめました。

また文字化けした文面を解読する方法にも触れています。

文字化けの現象

まず最初は1番初めに、文字化けというのが具体的にどんな現象なのかスクリーンショットをまじえて説明していきます。

パソコンを利用していると文字化けした文面にツイッター以外の場所でも出くわしたことがあるという人もいるはずです。

漢字や特殊記号で文章が埋め尽くされ、読めなくなってしまいます。

四角や漢字などの解読不能な文字列

f:id:rick1208:20201230201842p:plain

ツイッターで文字化けした文章は四角や漢字によって文字通り化けています。

解読不能な状態であり、漢字の場合でも中国語など意味のある外国語になっているわけでもありません。

タイムラインのツイート、DMが読めない

f:id:rick1208:20201230201907p:plain


ツイッターに投稿された文章が文字化けしてしまうとタイムラインを追ったり、DMに何が書いてあるか知ることが出来なくなってしまいます。

タイムラインに流れてくる雑多な情報であればあまり問題はありませんが、仕事でツイッターを利用している人にとってDMの文字化けは大きな問題にもなりえます。


ツイッターで文字化けする原因

f:id:rick1208:20201230142417p:plain

ツイッターで文字化けする原因にはいくつかの可能性が考えられます。

ツイッタースマホに慣れていない人は「自分自身のスマホが壊れてしまったのかもしれない」と思うかもしれません。

しかし実ときは何か重大な問題が利用している端末に起きたわけではありません。

文字化けが起きる原因をまとめました。

文字化けが起こる原因

ツイッターで文字化けが起こる原因として考えられるのはツイッター側のシステム的な不具合とバグの発生の2種類です。

どっちもユーザー側に非のある問題ではなく、事前の対処法を用意することも難しいです。

ツイッター側の不具合

ツイッターの不具合によってタイムラインなどが文字化けしてしまうことがあります。

この場合の見分け人は比較的簡単で、自分自身以外の他人も同様に文字化けした状態になっていればツイッター側の不具合であることが分かります。

バグの発生

もう1つは何かしらのバグの発生によってツイッターが文字化けしてしまうパターンです。

これはツイッター側の不具合ではないため、自分自身の端末の設定をチェックしてみるなど直し方が残されているパターンも含まれます。

文字化けは自分自身で対処できないことも多い

いろいろな原因が考えられる文字化けですが、起きたとしてもツイッターを使用しているユーザー側で何か解決方法をとれることは少ないです。

ツイッター側のエラーだったり、特定の端末では特殊な文字が反映されなかったりと根本的な問題も多いためです。

このページではそのような状況に陥ったときに、まず一通り試しておきたい対処法と最終手段として文字化けから元の文章を推測するツールを説明しています。

ツイッターで文字化けしたときの直し方

f:id:rick1208:20201230132849p:plain

ツイッターで文字化けしたときはタイムラインやDMで、どんなやりとりが行われているか分からないため気になってしまいます。

四角や漢字などのエラーメッセージが出たときは、一刻も早く元通りにしたいところです。

文字化けしたときに効果がある直し方をこの見出しではまとめています。

直し方をいくつかやってみることで文字化けが改善されることもあります。

文字化けしたときの対処法

ツイッターが文字化けしたときの対処法にはおおまかに分けて以下の8つがあります。

対処法や直し方といっても、全部を試せば100%解決されるわけではないことに注意です。

しかし自分自身のスマホなどに原因があって動作がうまくいっていない場合は、直ることもあります。

四角や漢字の文字化けを見たときは、他人の投稿やアカウントも同様にエラーを起こしていないか同時にチェックしてみることをおススメします。

ツイッター側の不具合解消を待つ

対処法の1つ目が不具合解消を待つことです。これはツイッター側に問題がある場合であり、事実的な直し方とは言えないかもしれません。

しかしツイッターのシステム側に原因があるのであれば、ユーザー側から何かすることで解決することは可能でせん。

おとなしく復旧を待つのが解決策となります。

タスク消去

f:id:rick1208:20201230202140p:plain


ツイッターのタスクを消去することで文字化けが改善されることもあります。

タスクを解除する場合、パソコンであれば画面をそのまま落とすことで実行可能です。

スマホの場合はそれぞれの端末にあったタスクキルの方法を試してみてください。

バックグラウンドで動作しているアプリが多い場合は改善されるかもしれません。

タスクを消去する場合にはツイッター以外にも、他の全部のアプリも1度全部タスク消去してみてください。

ログインしなおす

f:id:rick1208:20201230202251p:plain


タスクを消去してみても四角の文字化けなどが改善されない場合、ツイッターのログアウトと再度のログインを試してみるのも1つです。

1度利用しているアカウントからログアウトし、もう1度同じアカウントでログインしてみてください。バグの影響を受けている場合、読めない文字化けが再ログインによって復旧することもあります。

また他のアカウントがある場合は、そちらのアカウントでログインしてみることで同様に文字化けが起こるかどうかのチェックも可能です。

電源OFF、再起動

ログアウトとログインを試してもダメな場合、端末の電源OFFと再起動を試してみてください。

こちらも自分自身のスマホなどが何か悪影響を受けている場合、再起動をすることで直ることがあります。

アップデートや新しいアプリのダウンロードなど、他のアプリの影響を受けてしまっている可能性も考えられます。

再起動を試してみるのは、タスク消去よりもよい結果をもたらすと言えます。

アンインストール、再インストール

自分自身だけがタイムラインを読めない、四角形の文字化けが直らないという場合は1度ツイッターをアンインストールし、再度インストールしてみてください。

ログイン情報を覚えていればこれまでのフォロワーやツイートが消えてしまうこともありません。

文字化けが長いこと直らないようであれば、アンインストールしてみることをおススメします。

キャッシュ消去

f:id:rick1208:20201230202334p:plain


キャッシュ消去は直し方の中でも直る確率が高いと呼ばれています。

ツイッターは普段アプリに画像データやウェブサイトのデータを保管しています。

キャッシュに保存されていることで、画像の表示やメッセージ交換がスムーズに行われるようになっています。

しかしこのキャッシュは溜まれば溜まるほど重たく、なおかつ不具合を起こしやすくなってしまいます。

スクリーンショットのようにキャッシュを消去することで動作が軽くなる上、不具合も改善される可能性が高くなります。

ブラウザ版を使用する

f:id:rick1208:20201230202609p:plain


解読できない四角形などの文字化けが頻出している場合、他のブラウザでツイッターに接続してみるのもよい方法です。

ブラウザ版のツイッターを使用してみて、もし問題がないのであればツイッターのアプリに問題があることが分かります。

使用するブラウザの変更

使用するブラウザを変更して、DMやタイムラインをチェックしてみるのもチェック方法の1つです。


ChromeSafariFirefoxInternet Explorerなどツイッターに対応しているブラウザ間で変更を試みることで文字化けが通常通りに見れることもあります。


ツイッターで文字化けしたときの最終手段

f:id:rick1208:20201230133643p:plain

ツイッターを利用していて読めない文字化けに遭遇したとき、最終手段として文字化け解読ツールを利用してみるという手があります。

文字化け解読ツールはその名の通り、文字化けした文章から元の意味を解読するアプリとなっています。

文字化け解読ツール

以下のURLリンクから解読ツールサイトにアクセスしてみてください。

何かしらの事情でもう1度送ってもらうことのできないDMの内容や、今すぐに内容を知らなければならない文章があるときなどに役に立ちます。

文字化け解読ツール「もじばけらった」


文字化けが改善される訳ではないがすぐ読める

文字化け解読ツールは文字化けした文面を打ち込んで指示に従うだけで、すぐに読めるようになる点がメリットです。今すぐに読みたいという状況では一時的ではありますがとてもありがたいサイトと言えます。

ツールを使用して読み解く過程が入ってしまうため、手間はちょっとかかりますがいつ改善されるか分からない文字化けに遭遇した場合とても有用です。

すべての文字化けが改善される訳ではない

また残念ながら全部の文字化けが改善されるわけではありません。

全部の文字化けした文章を読めるわけではありませんが、文字化けには特定のパターンが存在することが現在分かっています。

そのパターンにあてはめて文章を解読していくため、元々の文章がどんなものだったかを知ることが可能です。

ツイッターなどの不具合自体を修正可能なツールというわけではないため、根本的な解決にはなりませんが知っているといざというときに助かります。