漫画の地球儀

『Zoomで録画した動画』の保存先はどこ?【保存先を指定する方法、pc、ローカル録画】

スポンサーリンク

Zoomで録画した動画の保存先

f:id:rick1208:20201215050500p:plain

早速説明に入っていきます。Zoomのサービスで録画した動画の保存先はどこかについて説明します。

Zoomではミーティングを行ったときの動画データを保存してくれる機能が搭載されています。

無料ですので後からチェックしたい場合には便利です。

ローカル録画した動画をチェックする方法

それではローカル録画した動画はどこかチェックする方法を解説します。

以下のやり方で進めていきます。パソコン上の物理的なストレージに保存する場合についてはこちらをチェックしてください。保存した動画を振り返る場合や管理するときに必要です。



f:id:rick1208:20201220162856p:plain



まず最初は、パソコンでZoomのアプリを起動します。この時に自身のアカウントでログインまで済ませてください。



f:id:rick1208:20201220162905p:plain


ログインを済ませましたら、次にホーム画面にある歯車アイコン「設定アイコン」を押します。



f:id:rick1208:20201220162916p:plain


表示された設定メニューから、「レコーディングしています」と記載されている項目を選びます。



f:id:rick1208:20201220162924p:plain



次に、画面上にチェックメニューが表示されますので「開く」を選びます。

フォルダのパスが表示されていますので目安にしてください。クリックすることで保存先のローカルフォルダが表示されます。

クラウド録画した動画をチェックする方法

次に、クラウドストレージに録画した動画はどこかチェックする方法について説明していきます。

外出先でミーティングをする回数が多い人はクラウドに指定している方も多く、いろいろな端末からデータ管理が可能ですので便利です。



f:id:rick1208:20201220162947p:plain



まず最初はZoomのアプリを起動します。ホーム画面にある「ミーティング」を選びてください。


f:id:rick1208:20201220162956p:plain




設定画面に「録音済み」という項目がありますので押して選びます。

この部分に保存したものが表示されます。記録にカーソルを合わせて「開く」を選択することで表示されます。

保存されるファイルの種類

次に保存されるファイルの種類について解説します。

「audio_only、m4a」と「chat、txt」、「playback、m3u」、「zoom_0、mp4」の4種類があり、動画を再生したい場合は「zoom_0、mp4」を押します。

手動で録画を開始する方法

次に、手動でZoomの録画を開始する方法について解説します。自動保存の仕組みとは異なり、好きなタイミングでピンポイントで保存することができ、便利な機能です。

まず気を付けるのが、参加者は事前に許可をもらわないと録画できないということです。

録画許可をもらった上で進めていきます。

許可をもらいましたら、レコーディングボタンを選びていきます。

クラウド録画を使用する時は「レコーディング」を選びた時に表示される「クラウドにレコーディング」を選びます。

自動で録画を開始する方法

自動で録画を開始する方法については以下の通りになります。

まず最初はZoomのアプリで「設定」から「記録」を選びます。

この部分で「自動記録」を有効にすることで自動録画になります。

Zoomで録画した動画の保存先を指定する方法

f:id:rick1208:20201215050823p:plain

ここからはZoomのアプリで録画した動画の保存先を指定する方法について説明していきます。

保存先については自由に指定することが可能になっています。

事前に動画の保存先を指定する方法

まず最初は事前に動画の保存先を指定する方法について説明していきます。以下のやり方で操作を進めていきます。

まず最初は同様にZoomのホーム画面から「歯車アイコン」を選びます。

次も同様にホームの設定から「レコーディングしています」と書かれている項目を選びます。


f:id:rick1208:20201220163238p:plain



録画の保存先のフォルダパスが表示されますので、「変更」を押します。

録画ファイルの保存先を自由に指定して終了です。自身のパソコン内のローカルストレージを指定することになります。

毎回動画の保存先を指定する方法

次に毎回Zoomの動画の保存先を指定する方法について説明していきます。用途に応じて活用ください。


f:id:rick1208:20201220163258p:plain



この場合はその真下にある項目にチェックをいれます。「ミーティング終了時のレコーディングファイルの場所を選びます」を有効にすると毎回保存先を指定可能です。

Zoomで録画した動画を保存するメリット

f:id:rick1208:20201215051046p:plain

ここからは、Zoomで録画した動画を保存するメリットについて説明していきます。Zoomで録画をした方がよいか迷っている人は是非こちらをチェックしてください。

ローカル録画のメリット

まず最初はローカルにZoomの動画ファイルを保存する場合のメリットについて説明していきます。以下の部分では2つの項目をピックアップしておきます。

無料で録画可能

Zoomのアプリでローカルに動画ファイルを保存することのメリットとして最初に解説するのは、無料で録画可能なということです。バックアップを取ることで、無料ライセンスで気になる部分を後から振り返ることが可能です。

パソコンに動画の保存が可能

Zoomのアプリでローカルに録画ファイルを保存することのメリットとして次に解説するのは、パソコンに動画を保存することが可能なということです。保存した動画をすぐにパソコンのソフトで編集しやすくなります。

クラウド録画のメリット

次にZoomでクラウドストレージに保存するメリットを解説します。クラウド保存のメリットは全部で3つあります。以下の通りになります。

共有が容易

Zoomで動画ファイルをクラウドストレージに保存することのメリットとして最初に解説するのは、共有が容易だということです。保存した動画のリンクを通知するだけで共有可能なため便利です。

クラウド上に保存が可能

基本的なメリットになりますが、クラウド上に保存が可能という点も挙げられます。パソコンの容量を気にすることなく動画の保存が可能です。

パスワード設定が可能

クラウドストレージに保存することのメリットとして次に解説するのは、パスワード設定が可能なということです。パスワードを設定することで安全に録画した動画の保存や管理が可能です。

Zoomで録画した動画を保存する時の気を付ける点

f:id:rick1208:20201216152758p:plain

ここからは、最後のセクションになりますがZoomで録画した動画を保存する時の気を付ける点について説明していきます。ローカルにファイルを保存する場合と、クラウド録画を開始する場合、それぞれ解説します。

ローカル録画の気を付ける点

まず最初はZoomでローカル録画をする場合の気を付ける点について説明していきます。

共有が難しい

ローカル録画をする場合の気を付ける点として最初に解説するのは、共有が難しいということです。録画した動画をメールに添付するか動画サイトに上げて共有する必要があります。

パソコンの容量を圧迫する

次の気を付ける点として解説するのは、パソコンの容量を圧迫してしまうということです。

気になるユーザーは定期的に消去する必要があります。

クラウド録画の気を付ける点

次にクラウド録画を開始するときの気を付ける点を解説します。

無料で録画できない

クラウドで録画を開始するときの気を付ける点としてまず挙げるのは、無料で録画できないということです。使用するには無料ライセンスから有料ライセンスに契約変更する必要があります。

クラウドの容量は上限あり

次の気を付ける点として解説するのは、クラウドの容量は上限があるということです。初期状態では1GBまでですので空けたい時は定期的に消去するかストレージを追加購入する必要があります。