漫画の地球儀

『Excel』の改ページプレビューで印刷範囲を設定する方法!【青い線、pc、資料】

スポンサーリンク

Excelの改ページプレビュー

f:id:rick1208:20201125230139p:plain

Excelで資料などのファイルを作って、印刷しようとしたら思うように印刷設定が行えないという経験をしたことのある人は少なくないと思います。

印刷したいセルが印刷範囲からはみ出して2ページになってしまったり、どのように印刷されるのか毎回プレビューをチェックするのが疲れた・・・というのはありがちです。

そういう場合は、「改ページプレビュー」を使用してみましょう。

f:id:rick1208:20201125230231p:plain

改ページプレビューとは、エクセルの編集画面でそのまま印刷範囲を出しることの可能な機能です。

改ページプレビューを使えば、印刷時に枚数が何ページになるのか・どこまでが印刷範囲になるのかをチェックする以外にも、自分自身で直接印刷範囲を設定することが可能になります。

ここでは、Excelの改ページプレビューで印刷範囲を設定する方法をご説明していきます。

Excelの改ページプレビューで印刷範囲を設定する方法

f:id:rick1208:20201125121305p:plain

それでは、Excelの改ページプレビューで印刷範囲を設定する方法を説明します。

Excelで改ページプレビューを使用したいファイルを開いたら、ウィンドウ上部タブ「表示」を押してリボンメニューを開き、「ブックの表示」項目の「改ページプレビュー」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201125230526p:plain

もしくは、ウィンドウ右下・スケールバーの左側にある「改ページプレビュー」アイコンをクリックすることでも改ページプレビューに変更することが可能です。

f:id:rick1208:20201125230538p:plain

これが、改ページプレビュー表示です。記入が行われているセルのみが表示され、空欄のセルがグレーアウトされて非表示になります。このため、印刷範囲のチェックがとても楽になります。

画像では、印刷範囲に「1ページ」と表示されていますが、これはあくまでプレビューなので印刷時にこの文字まで印刷されることはありませんのでご安心ください。

f:id:rick1208:20201125230549p:plain

表示しているセルを囲んでいる青い線の内側が印刷範囲となっており、この青い線はドラッグすることで範囲拡大・縮小を行うことが可能です。

不要な範囲は線を動かしてグレーアウトしてみましょう。セルが多い場合は青い点線で区切りが入り、区切られた範囲が「2ページ」扱いとなって分割されます。


このため、複数ページの場合も印刷時にどうなるのかがとても分かりやすくなっています。

もし区切りが不要で2ページ扱いになっているものを1ページにまとめたいという場合は、青い点線をドラッグしてセルの外側に所持していってドロップすることで青い点線を消去して、1ページにまとめることが可能です。

実ときに、「ファイル」→「印刷」から印刷プレビューを見てみると、改ページプレビューに表示されている通りのプレビューが表示されるはずです。

全く同じなので、改ページプレビューを使えばいちいち印刷プレビューをチェックしなくてもいいのが便利です。
f:id:rick1208:20201125230605p:plain