漫画の地球儀

ファイル復元『Disk Drill』の使い方!【無料、pc、データ復元、Windows10、Mac、USB】

スポンサーリンク

Disk Drill

f:id:rick1208:20201128142958p:plain

Disk Drillとは、無料で使えるファイル復元ソフトです。

Windows10はファイルを消去しても1回ゴミ箱に入れられるためすぐに消える事はありませんが、ゴミ箱から消去する場合やゴミ箱に入りきらないくらい大きなファイルを消去する場合は完全に消去されてしまいます。

Disk Drillはそのような元に戻すことが出来なくなってしまったファイルやフォルダを復元可能なフリーソフトです。評判も高く、ほかの復元ソフトが不要になってアンインストールした人は多いです。

HDD・SSDで使用されるNTFS以外にもFATやexFATなどSDカード・USBメモリーで使用されるファイルシステムや、HTFS+ ・ EXT2、3、4にも対応しているためMacLinuxでも使用することが可能です。

検出できた消去済みファイルを復元する前にプレビュー出しることが可能なため、本当に必要なファイルのみを復元することが可能です。

Disk Drillのダウンロード・インストール

f:id:rick1208:20201125114333p:plain

それではDisk Drillをダウンロードしてインストールしていきましょう。Disk Drillは公式サイトから入手可能です。
Windows用ファイルデータ復旧おすすめフリーソフト



公式サイトにアクセスするとPROバージョン(有料)の案内が表示されますが、ただ使うだけならPROバージョンを購入する必要はありませんので、バツボタンや案内の外を押して案内を非表示にしましょう。

非表示にしたあと「無料ダウンロード」を押します。


f:id:rick1208:20201128150507p:plain

押してページが変わるとDisk Drillがダウンロードされます。ダウンロード終了後インストーラーを起動してください。

インストーラーを起動したら「インストール」を押します。インストールオプションを設定する必要はありません。

f:id:rick1208:20201128150525p:plain


インストールボタンを押した後、タスクバーに管理者権限アイコンが点滅していた場合はそちらを押して管理者権限で実行してください。


f:id:rick1208:20201128150537p:plain

管理者権限で実行するまでインストールが開始されません。


f:id:rick1208:20201128151230p:plain

しばらく待つとインストールが終了し、この画面が表示されます。この画面が表示されたらインストーラを終了してDisk Drillを起動しましょう。

f:id:rick1208:20201128151240p:plain


Disk Drillを初めて起動するとセットアップウィザードが開始されます。


f:id:rick1208:20201128153041p:plain

はじめにエンドユーザーライセンス契約が表示されるので、「同意して実行します」を押してください。

Disk Drillの機能が解説されますので、適当に流し見て「続ける」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201128153105p:plain


「データプロテクションの起動を検討してください」の画面が表示されますが、万が一に備える場合は「データ保護を起動」をオンにしておくことをオススメします。

f:id:rick1208:20201128163658p:plain


これにより他の復元ソフトで復元できないファイルもDisk Drillだと復元可能なようになる可能性が高まります。選びたら「はじめる」を押しましょう。

これで初回セットアップは終了です。初めから日本語化されているので、別途日本語化パッチを導入したり設定を変更する必要はありません。

Disk Drillの使用方法

f:id:rick1208:20201125104034p:plain

ここからはDisk Drillの使用方法を簡単に解説します。

ファイル・フォルダの復元方法

データ復旧はとても簡単です。

まず最初は復元したいファイルがあるドライブを選びてください。

f:id:rick1208:20201128163736p:plain


選びたら「消失データの検索」を押します。これでスキャンが開始されます。

f:id:rick1208:20201128163754p:plain


スキャンが開始されると、消去されたファイルが発見されていきます。


f:id:rick1208:20201128163802p:plain

他の復元ソフトとは違ってスキャンが終了するまで待つ必要はなく、見つかったファイルから復元することが可能です。

見つかったファイルをプレビューする場合は「見つかったアイテムのレビュー」を押してください。

f:id:rick1208:20201128163816p:plain


すると見つかったファイルをプレビュー可能です。


f:id:rick1208:20201128163833p:plain

ファイルを復元する場合は、復元したいファイルにチェックを入れてから復元ボタンを押すか、「すべて復元」を押してください。

f:id:rick1208:20201128163843p:plain


次に復元先フォルダを選びます。復元先のフォルダは、復元元のドライブと異なるドライブを選ぶことを強くオススメします。


f:id:rick1208:20201128163852p:plain

復元元ドライブに復元しようとすると復元する過程で復元しようとしたファイルが上書きされてしまい、ファイル破損が起きてしまう可能性があります。例えばCドライブが復旧元ならばDドライブ・SDカード・USBメモリーなど別の領域に復元するようにしてください。

終了すると「データリカバリー終了」と表示されます。復元先のフォルダを見に行くとファイルが復元されているはずです。

f:id:rick1208:20201128163907p:plain

すべてのファイルを完全に復元可能なわけではない

Disk Drillで復元可能なのは、消去されたファイルが上書きされていない場合に限ります。

Windows10などで完全に消去したファイルは、アクセスするのでの情報が消去されただけで元ファイルのデータそのものは残っています。

ですが、それらデータは完全に不要な状態になってしまっているため、別のファイルを作成したりするとその消去したファイルのデータを上書きしてしまうことがあります。

そうなってしまうとファイルを復元できなくなってしまいます。ですので、ファイルを復元させたい場合は可能なだけ早く復元するようにしましょう。