漫画の地球儀

『ProtonVPN』の使い方、評判、ダウンロード方法!【セキュリティ保護、安全、プライバシーの保護】

スポンサーリンク

ProtonVPN

f:id:rick1208:20201128125243p:plain

ProtonVPNはプライバシーの保護・セキュリティ保護・検閲への対抗を目標に掲げて開発されたサービスで、その名の通りプライバシーやセキュリティ面などに優れたVPNツールとなっています。


f:id:rick1208:20201128125252p:plain


VPNというと通信を暗号化してセキュリティ保護してくれるものと思うかもしれませんが、厳密にはそうではありません。

VPNの仕組みを応用することで通信の暗号化・セキュリティ保護などを行なっているだけであり、VPNの仕組みを悪用した方が開発したVPNを使用してしまうと通信内容を盗聴されてしまいます。

ですがProtonVPNはそのようなリスクはなく、徹底的なセキュリティ対策や検閲回避などの機能を搭載しています。

あらゆるデバイスに対応済み

今回解説するのはパソコン向けのProtonVPNですが、Windows10を含むWindows OSに限らずAndroidLinuxMacでも使用可能なVPNクライアントとなっています。

なのでWindowsに限らずスマホでも同じVPNを使用してセキュリティを高めることが可能です。

無料プランでもキルスイッチ使用可能

VPN使用中であれば通信が暗号化されセキュリティやプライバシーが保護されますが、あくまでVPNを使用している最中であればの話です。

VPNを切断すると通信が暗号化されなくなってしまった状態のままインターネットに繋がってしまうのですが、そういう時に役立つのがキルスイッチです。

キルスイッチとは、VPNを切断すると同時に強制的にインターネット通信を停止させる機能のことです。キルスイッチを使用することでVPN切断後はネットワークから隔離され、プライバシーが保護されるようになります。

キルスイッチは必ずしも必要な機能ではないため、VPNによっては有料プランでしか提供されていないことがあるのですが、ProtonVPNでは無料版でもキルスイッチを使用可能です。

VPNに接続しているときしかインターネットを使用しない人はかなりおススメの機能です。

DNSリーク対策済み

DNSリークとは、VPNなどでIPアドレスを匿名化しているにも関わらず、デバイスに設定されているDNSサーバーがISPなどのデフォルトのままで、完全な匿名化にヘマをしていることをいいます。

正常なVPNを使用していても起こりうる問題ですが、ProtonVPNでは適切に設定されずに放置されがちなDNSリーク問題に関しても対策されています。

なので、ProtonVPNを使用してネットワークに接続している間は完全に匿名化されていて、プライバシーやセキュリティのことを考えずにインターネットを使用可能なようになります。

中国非対応

グレートファイアウォールによってあらゆるVPNがブロックされている中国ではProtonVPNを使用可能でせん。

2019年までは使用できていましたが、2019年末にブロックされ、ProtonVPNを使用して中国の検閲を回避することができなくなっています。中国で使えるVPNを探している方には向いていませんので気を付けてください。

ProtonVPNの導入やり方

f:id:rick1208:20201128124050p:plain

それではProtonVPNの導入を進めていきましょう。他のソフトウェアと違ってちょっと面倒な作業があるので順番に説明していきます。

ProtonVPNは公式サイトから無料版をダウンロード可能です。

ProtonVPN: Secure and Free VPN service for protecting your privacy


アクセスすると「GET PROTONVPN NOW」というボタンがありますが、こちらは有料版の案内ですので気を付けてください。

無料版をダウンロードする場合は下の方にスクロールして「Get Free VPN」を押します。


f:id:rick1208:20201128125417p:plain

続けて「GET PROTONVPN FREE」を押します。


f:id:rick1208:20201128125427p:plain

しばらく待つと無料プランおススメプラン一覧が表示されるので「Get Free」を選びます。

f:id:rick1208:20201128125438p:plain

ProtonVPNの使用には無料版でもアカウントの作成が必要になります。ユーザー名(本名以外でも可)とパスワード・メールアドレスを記入して「Create account」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201128125450p:plain


アカウントの認証をメール・SMSどっちで行うか選び、「Send」を押します。その後送られてきた6桁の認証コード(Verification Code)を記入してアカウントを有効化します。

f:id:rick1208:20201128125459p:plain


アカウントの有効化が終了するとダウンロードページが表示されます。Windows パソコンにインストールする場合は「Windows」の「Download」を押してダウンロードしましょう。

f:id:rick1208:20201128125508p:plain


ダウンロードしたインストーラを起動します。

起動すると言語選択画面が表示されますが、日本語非対応なのでEnglishのままインストールを進めましょう。


f:id:rick1208:20201128125521p:plain

セットアップウィザードへようこそという画面が表示されますので「Next」で先に進みます。

f:id:rick1208:20201128125529p:plain

インストール先は何か特別な理由がない限り変更しないようにしましょう。


f:id:rick1208:20201128125538p:plain

最後に「Install」をクリックするとProtonVPNがインストールされます。


f:id:rick1208:20201128125548p:plain

インストールが終了するとこのようなメッセージが表示され、再起動を求められます。


f:id:rick1208:20201128125556p:plain


ProtonVPNのインストールを終了するには再起動が必要なので「はい」を押して再起動してください。

再起動が終了するとセットアップウィザードの最初の画面がもう1回表示されます。先ほどと全く同様に「Next」を押し進めてインストールを進めてください。

インストールが終了すると、最初のインストール時は表示された再起動要求メッセージが表示されず、インストール終了画面が表示されます。


f:id:rick1208:20201128125608p:plain

この画面が表示されたらインストール終了です。

初回起動時

ProtonVPNを使用するには導入時に作成したアカウントが必要です。

作成時に指定したユーザーネームとパスワードを記入してログインしましょう。


f:id:rick1208:20201128125627p:plain

パソコン使用時は常にVPNに接続したい場合はパソコン起動直後にProtonVPNが自動的に起動するように「Start with Windows」を押して有効化しておくことをお勧めします。

ログインできたら初回セットアップ終了です。

ProtonVPNの使用方法


f:id:rick1208:20201128053259p:plain

ここからはProtonVPNの使用方法を見ていきましょう。ProtonVPNは日本語非対応ですが、直感的に使えるようになっているので使用方法さえ覚えれば簡単なはずです。

サーバーへの接続方法

サーバーへの接続は左のリストから接続先の国を選びます。

f:id:rick1208:20201128125701p:plain


次に接続先サーバーの一覧が表示されるので、好きなサーバーを選びます。

f:id:rick1208:20201128125709p:plain


サーバー名左側にある円形のバーが緑のサーバーが利用者が少ないサーバーで、赤くなっているサーバーが混雑していて速度が出にくいサーバーとなっています。

自動的にVPNの設定が行われてIPアドレスの匿名化・インターネットセキュリティが保護された状態になります。


f:id:rick1208:20201128125723p:plain

切断したい場合は「Cancel」を押しましょう。

キルスイッチの使用方法

キルスイッチはデフォルトでは無効化されています。VPN切断と同時にインターネット接続も切断したい場合はキルスイッチを有効化しましょう。

キルスイッチの有効化はオプションから行います。

左上のメニューアイコンを押し、「Settings」を押します。


f:id:rick1208:20201128125743p:plain

タブを「Advanced」に切り替えて「VPN Kill Switch」をオンにします。

f:id:rick1208:20201128125750p:plain


これでVPN切断と同時にインターネット接続が遮断されるようになります。

無料版は3カ国のみ

初めてProtonVPNを使用する場合、有料版のフリートライアルという形でProtonVPNが対応しているすべての国のVPNサーバーに接続することが可能ですが、フリートライアルが終了する(有料版の機能が使えなくなる)と日本・アメリカ・オランダの3ヶ国のVPNサーバーにしか接続できないので注意しましょう。

ProtonVPNの評判

f:id:rick1208:20201127194424p:plain

VPNは仕組み上インターネット速度がどうしても低下してしまうのですが、ProtonVPNは高速通信を保ったままIPアドレスを匿名化して安全性を維持可能なとのことで評判です。

ただこの評判は有料版を使用している方の評判で、無料版で我慢している人はあまり満足のいく速度は出ていないようです。

昔は高速だったようですが、最近は利用者が多くなって速度が低下していてChromeなどでブラウジングしても快適にサイトを開けないようですので、フリートライアル終了後は無料プランを継続するか有料プランに切り替えるか検討すると良いと思います。