漫画の地球儀

YouTubeの『カード機能』の使い方!【リンクカード、アプリ版、pc、スマホ、サムネイル】

スポンサーリンク

YouTubeのカード機能

f:id:rick1208:20201115052708p:plain
Youtubeのカード機能はご存知でしょうか

Youtubeのカードとは、別の動画に誘導するのでのリンクカードを配置可能な機能で、ファンを逃さない仕組み(アクションの誘導)を作ることが可能です。

マーケティングではこれをCTA(コールトゥアクション)といいますが、Youtubeではこれまでアノテーション(動画右上に小さく表示するテキスト)が利用されてきました。

YouTubeアノテーションとは簡単に説明すると、動画右上に小さく表示するテキストのことです。
f:id:rick1208:20201115215924p:plain
ですが、現在のYoutubeは動画が終了する数十秒前から別の動画のサムネイルを表示して誘導可能なようになりました。

YouTubeで動画を見ていると動画終了直前にこのような動画やチャンネル登録ボタンが表示されますが、これがYouTube カードです。
f:id:rick1208:20201115215942p:plain
動画を見終える直前の見ること者に カードなどを表示した終了画面を表して次の行動を誘導することで、他の動画を見てくれたりチャンネル登録者数を増やせたりします。

YouTubeのカードの設定方法

f:id:rick1208:20201115050819p:plain
YoutubeカードはYoutubeの動画エディタで行います。アプリ版Youtubeから カードを設定することはできないので気を付けてください。

まず最初はYouTube Studioにアクセスしましょう。

Youtubeで自分自身のアカウントアイコンを押したら表示されるメニューの「YouTube Studio」をクリックするとアクセス可能です。
f:id:rick1208:20201115220007p:plain
次に、左メニューの「動画」を押します。
f:id:rick1208:20201115220015p:plain
アップロード済みの動画が一覧表示されます。

この中からYouTube カードを使いたい動画にカーソルを合わせて「詳細」アイコンを押します。
f:id:rick1208:20201115220026p:plain
次に、左メニューの「エディタ」を押します。
f:id:rick1208:20201115220034p:plain
カードを挿入したい再生位置を選びます。
f:id:rick1208:20201115220137p:plain
動画プレビュー画面の左にある要素を選びます。
f:id:rick1208:20201115220145p:plain
こちらの項目から追加するとレイアウトを固定化させやすいのでおススメです。

挿入するカードを選択すると、動画プレビュー画面にカードが表示されます。
f:id:rick1208:20201115220156p:plain
カードの位置を変更したい場合はカードを押してドラッグすることで移動可能です。

買った直後の動画のカードは「動画:見ること者に適したコンテンツ」となっていますが、自分自身で動画を指定することも可能です。

動画を指定する場合は、カードを押してください。クリックすると動画要素が表示されます。

表示された動画要素の「特定の動画の選択」を押します。
f:id:rick1208:20201115220207p:plain
クリックするとアップロード済み動画が一覧表示されるので、YouTube カードとして表示したい動画を選びましょう。
f:id:rick1208:20201115220219p:plain
また、自分自身のチャンネル以外の動画もカードに指定することが可能です。サブチャンネルを所持している場合など複数チャンネル管理している場合はその動画を検索してカードに設定すると良いと思います。

挿入が終了するとカードに指定した動画のサムネイルや再生時間などが表示されます。
f:id:rick1208:20201115220230p:plain
最後に画面右上の「保存」を押したら設定終了です。
f:id:rick1208:20201115220235p:plain
最後にYoutubeカードを設定した動画を再生し、カードが表示されるところまで再生位置を移動させましょう。

すると、先ほど設定した YouTube カードが表示されるはずです。
f:id:rick1208:20201115220246p:plain
うまく表示されない場合はカードを表示する再生位置を間違えているので再チェックしておいてください。Youtubeカードは、使いこなすと固定ファンを掴みとったり再生数を増やし安くなるので有効活用するようにしましょう。

YouTubeでカード機能を使うときの気を付ける点

f:id:rick1208:20201115034037p:plain
Youtubeカード機能は便利ですがいくつか注意すべきポイントがあります。

アスペクト比は16:9か4:3にする

YouTube カードを使用したい場合、動画のアスペクト比は16:9か4:3にしておきましょう。

これ以外のアスペクト比だと YouTube カードを挿入できないことがあります。
f:id:rick1208:20201115220649p:plain
特に縦長動画だとYoutubeカードを挿入できない可能性が高いので、Youtubeカードを使いたいのであれば一般的なアスペクト比(16:9か4:3)で動画を作って投稿しましょう。

あまり長時間表示させない

Youtubeカードは表示を開始する時間や表示時間を設定することが可能ですが、可能なだけ長時間出しないようにしましょう。

Youtubeカードは動画に上に重なる形で表示されるので、Youtubeカードの影響で動画を満足に見ることができず、不満を抱えて低評価を押されてしまう可能性があります。

ですので、終了直前の5秒~10秒前から終了まで表示する程度にとどめておきましょう。

アンケートカードは廃止された

Youtubeのカードはアンケートカードもありましたが、2020年6月10日に廃止されました。

動画見ること中にアンケートを撮れる機能として重宝してる人もいましたが、使えなくなりましたので、覚えておきましょう。