漫画の地球儀

『Excel』で文字列を日付けに変換する方法!【数字を日付に、日付形式、桁数や位置が決まっている文字列】

スポンサーリンク

Excel(エクセル)の文字列を日付けに変換

f:id:rick1208:20201125115552p:plain

Excelで記入した文字列を日付に変換したいと思ったことはありませんか?

生年月日などのデータを記入したり、特定の計算を行うときに関数を利用して日付に変換する方法を知っておくと便利です。ここでは、Excel(エクセル)で文字列を日付けに変換する方法をご説明していきます。

Excel(エクセル)の文字列を日付けに変換する方法

f:id:rick1208:20201125115642p:plain

数字を日付に変換する

年月日を8桁の数字で表す「yyyymmdd形式」を使用して日付を記すこともあるかと思います。この形式は、日付に変換することが可能です。

yyyymmdd形式の数字を日付に変換するには、関数「TEXT」を使用します。画像ではE2セルの数字を参照してるので、「=TEXT(E2,"0000!、00!、00")」と記入しています。

f:id:rick1208:20201125115743p:plain

これで、yyyymmdd形式の数字を日付に変換することが可能でした。もし日付ではなく数値が表示されてしまう場合は、セルを選びた状態右押して「セルの書式設定」を開き、表示形式を「日付」にしましょう。

f:id:rick1208:20201125115813p:plain

また、また、yyyymmdd形式の数字は一括変換を行うことも可能です。変換したいセルを範囲選びます。


f:id:rick1208:20201125115826p:plain

「データ」タブのリボンメニューを開き、「データツール」の「区切り位置」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201125115838p:plain

「区切り位置指定ウィザード」が表示されるので、「スペースによって右あるいは左に揃えられた固定長フィールドのデータ」を選びて「次へ」を押します。次の「フィールドの幅を指定してください。」画面は「次へ」を押してスルーします。

f:id:rick1208:20201125115850p:plain

「区切ったあとの列のデータ形式を選びてください。」画面では、「列のデータ形式」から「日付:YMD」を選びて「完了」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201125115905p:plain

これで、一括で数字を日付に変換することが可できました。

f:id:rick1208:20201125115920p:plain

日付形式の文字列の変換

セルに直接日付形式で日付を記入している場合も、文字列変換を行うことが可能です。

日付形式の文字列を変換するには、関数「DATEVALUE」を使用します。画像ではB2セルの日付形式の文字列を参照しているので、「=DATEVALUE(B2)」と記入しています。

f:id:rick1208:20201125115949p:plain

すると、このように日付が表示されます。

f:id:rick1208:20201125120018p:plain

桁数や位置が決まっている文字列を変換する

桁数や位置が決まっている文字列であれば、関数「LEFT」・「MID」・「RIGHT」を使用して抽出することが可能です。

画像では、年・月・日をそれぞれ関数「=LEFT(B3,4)」・「=MID(B3,6,2)」・「=RIGHT(B3,1)」で指定して日付に変換を行っています。

f:id:rick1208:20201125120035p:plain


このように、年月日ごとに分けることができました。


f:id:rick1208:20201125120042p:plain