漫画の地球儀

『Win + Shift + S』のスクリーンショットの使い方!【pc、Windows10、クリップボード、コピー】

スポンサーリンク

「Win + Shift + S」のスクリーンショットの使い方

f:id:rick1208:20201125114333p:plain

Windows10のパソコンでスクリーンショットを撮影するには、「PrintScreen」キーを押すことで、デスクトップ画面全体のスクリーンショットクリップボードにコピーすることができます。

スクリーンショットの方法は他にも何種類か存在していて、「Win + Shift + S」キーの同時押しで自分でスクリーンショットする範囲を指定してスクリーンショットクリップボードにコピーすることができます。

「Win + Shift + S」キーの同時押しを行うと、画面がグレーアウトします。この状態で左クリックをドラッグすると範囲選択が行われ、左クリックから指を話すことで選択した範囲がクリップボードにコピーされます。

クリップボードにコピーしただけではスクリーンショットにならないので、スクリーンショット時に出る通知から「切り取り&スケッチ」を起動して保存するか、画像編集ソフトに貼り付けて保存しましょう。


Windows10のデフォルト画像編集ソフトであるペイントは、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsアクセサリ」フォルダを開き、中にある「ペイント」をクリックすることで開くことができます。

f:id:rick1208:20201125115140p:plain


ペイントが起動したら、メニューの「貼り付け」ボタンをクリックすることでクリップボードスクリーンショットを貼り付けることができますよ。あとはウィンドウ上部の「ファイル」→「名前を付けて保存」から、PNG画像・JPEG画像・BMP画像のうち好きな画像形式でファイルを保存しましょう。

f:id:rick1208:20201125115157p:plain

スクリーンショットは自動保存できないの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、「Win + Shift + S」キーでの範囲選択では自動保存することができません。

自動保存したいのであれば、後述のSnipping Toolを使う必要があります。「Win + PrintScreen」キーの同時押しをすることで、「ピクチャ」フォルダにスクリーンショットが自動保存されますが、こちらはデスクトップ画面全体の保存となっている点に注意しましょう。

「Win + Shift + S」とSnipping Toolとの使い分け

f:id:rick1208:20201125104034p:plain

「Win + Shift + S」キーと同じように範囲選択からスクリーンショットを撮影できるアプリケーションとして「Snipping Tool」というものがあります。Snipping Toolでは範囲選択後に、そのままアプリ単体で画像を保存することができるほか、ペン機能などで書き込みを行うこともできます。


すぐにスクリーンショットを撮影して保存したい場合や書き込みたい場合はSnipping Toolを用いましょう。ただ「Win + Shift + S」キーと違ってクリップボードへの保存は行われないので、すぐに画像をシェアしたい場合などには「Win + Shift + S」キーのほうが汎用性が高いです。

Snipping Toolは、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsアクセサリ」フォルダを開き、中にある「Snipping Tool」をクリックすることで開くことができます。

f:id:rick1208:20201125115258p:plain

Snipping Toolが起動したら、「新規作成」をクリックすると範囲選択状態になるので、ドラッグ操作でスクリーンショットしたい部分を選択しましょう。あとは「ファイル」→「名前を付けて保存」から保存すればOKです。


f:id:rick1208:20201125115305p:plain