漫画の地球儀

『ここに入力して検索』の検索ボックスを非表示にする方法!【Windows10、pc、タスクバー】

スポンサーリンク

indows10の「ここに記入して検索」の検索ボックスを消したい

f:id:rick1208:20201121170604p:plain


Windows10のパソコンを使うときに、スタートアイコンの右側に大きく設置されている「ここに記入して検索」と書かれた検索ボックスが気になる人は少なくないと思います。
f:id:rick1208:20201121170748p:plain
過去のWindows OSではこのような検索ボックスは表示されておらず、スタートアイコンのすぐ右側にアプリケーションのショートカットなどを設置できていましたよね。しかし、Windows10ではデフォルトで「ここに記入して検索」の検索ボックスが用意されているため、タスクバーのスペースをかなり使用してしまっています。

一般のユーザーであれば気にならないという方もいらっしゃるかもしれませんが、たくさんのアプリケーションを動作させているユーザーの場合はこの検索ボックスによるスペースの狭さが嫌になってしまい、どうにかして検索ボックスを消す方法はないかと悩んでいるかと思います。

ご安心ください。この検索ボックスですが、タスクバーから完全に消すこともアイコン化してスペースを確保することも可能です。ここでは、Windows10の「ここに記入して検索」の検索ボックスを非表示にする方法をご説明していきます。

Windows10の「ここに記入して検索」の検索ボックスを非表示にする方法

f:id:rick1208:20201121170033p:plain


タスクバーの何もない場所で右押してメニューを開き、「検索」にマウスカーソルを乗せましょう。
f:id:rick1208:20201121170828p:plain
サブメニューが表示されるので、「表示しない」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201121170836p:plain
これで、タスクバーから検索ボックスが消えますよ。検索ボックスが消えたぶん、タスクバーのスペースが広くなるため複数のアプリケーションの切り替えが楽になります。

f:id:rick1208:20201121170850p:plain

「ここに記入して検索」が邪魔なだけで、検索ボックス自体は欲しいという人はサブメニューの「検索アイコンを表示」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201121170856p:plain
このように、検索アイコンになるためかなりのスペースが確保可能です。検索を行いたい場合は検索アイコンをクリックすればすぐに検索ボックスが表示されるので、使い勝手はほぼ変わりません。むしろ通常時に余分なスペースを取っていた検索ボックスが消えてアイコンになっているため、こちらのほうが使い勝手がいいかと思われます。

検索ボックスを非表示にした場合、検索ボックスによる検索は行なえなくなってしまうのでは・・・と思うユーザーの方もいらっしゃるかと思いますが、検索ボックスを非表示にしても、検索を行うことは可能です。



検索ボックスを消した状態で検索を行うには、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリック(あるいはキーボードのWindowsキーを押す)してスタートメニューを開いた状態で、キーボードで文字を記入しましょう。文字を記入した瞬間に検索ボックスが表示されるので、そのまま文字を記入してEnterキーを押すことで検索を行うことが可能です。

f:id:rick1208:20201121170911p:plain

また、ショートカットキーも用意されています。「Windowsキー+Sキー」の同時押しがショートカットキーになっているので、こちらからも検索ボックスを出しることが可能です。