漫画の地球儀

『YouTube』で年齢制限の動画を解除する方法!【スマホ、タブレット、pc、回避、18歳以上、年齢確認】

スポンサーリンク

YouTubeの動画が年齢制限で見れない

f:id:rick1208:20201115045656p:plain
Youtubeで動画を検索していると、中には年齢制限がかけられている動画がありますよね。それらの動画には「この動画は、一部のユーザーに適さない可能性があります。」「年齢制限があります」と表示され、年齢が18歳以上であれば「理解した上で続行する」ことが可能ですが、18歳未満だと動画を見ることは可能でせん。

また、動画によっては「年齢チェックのためログインしてください」と尋ねられてしまうこともあります。ここでは、Youtubeで年齢制限を解除する方法をまとめて説明しています。

YouTubeで年齢制限を解除する方法

f:id:rick1208:20201114224347p:plain

URLを変更する

Googleアカウントの年齢が18歳未満の場合は年齢制限の警告が表示されてしまいますが、この年齢制限を回避する方法もあります。まず最初はGoogleアカウントからログアウトしておきましょう。

ログアウトした状態で見ることしたい動画を開き、URLの「watch?v=」の部分を「v、」に変更してみましょう。これで、動画の年齢制限を回避することが可能です。
f:id:rick1208:20201115045742p:plain
上記のURL変更は「埋め込まれた動画扱いにして見る」という抜け道で年齢制限のある動画を見る方法なのです。なので動画を見る動画が「埋め込みが許可されている」動画でなければこの方法を使用することはできません。

Googleアカウントの年齢を変更する

f:id:rick1208:20201115034037p:plain

パソコン

Googleアカウントに登録している生年月日を変更して18歳以上にすることで、年齢制限を回避することが可能です。Googleのトップページのアプリボタンを押してメニューを開き、「アカウント」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201115045823p:plain
Googleアカウントが開くので、左側メニューの「個人情報」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201115045832p:plain
個人情報の一覧が表示されるので、「生年月日」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201115045842p:plain

生年月日が表示されるので、右側のペンアイコンを押しましょう。
f:id:rick1208:20201115045854p:plain
生年月日の更新画面が表示されるので、18歳以上になるように生年月日を記入して「更新」を押しましょう。チェック画面で18歳以上になっていればOKです。
f:id:rick1208:20201115045904p:plain

スマホ

Androidスマホの場合は、設定画面の「Google」を押して開きましょう。
f:id:rick1208:20201115045921p:plain
スマホに紐付けされているGoogleアカウントが表示されるので、「Googleアカウントの管理」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201115050004p:plain
Googleアカウントメニューが開くので、「個人情報」タブからプロフィールの「生年月日」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201115045957p:plain
生年月日メニューが表示されるので、生年月日の右側に表示されているペンアイコンを押しましょう。
f:id:rick1208:20201115050020p:plain
生年月日の更新画面が表示されるので、18歳以上になるように設定してから「更新」を押しましょう。チェック画面で18歳以上になっていればOKです。
f:id:rick1208:20201115050030p:plain

Firefoxのアドオン「Ageless for YouTube」を使う

f:id:rick1208:20201115050443p:plain
ブラウザ・Firefoxを使用している場合は、アドオン「Ageless for YouTube」を導入することでかんたんにURL変換を行うことが可能なようになります。下記リンク先のFirefoxアドオンストアを開いたら、「Firefoxへ追加」ボタンを押してインストールしましょう。
Ageless for YouTube – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手




あとは年齢制限がかけられている動画を開いたときに拡張機能ボタンをクリックすることで、URL変換を素早く実行してくれます