漫画の地球儀

『Windows10』でカラーピッカーをする方法!【pc、フリーソフト、デザイン、ペイント3D】

スポンサーリンク

Windows10でカラーピッカーを行いたい

f:id:rick1208:20201120110628p:plain
Windows10でカラーピッカーを行いたいと思ったことはありませんか?


デザイナー・Webデザイナーイラストレーターといったデザインに関わる人は、作品を制作するときに細かい色を指定して使用したいというシーンが多いです。


そこで、ここではWindows10でカラーピッカーを行う方法をご説明していきます。

Windows10でカラーピッカーを行う方法

f:id:rick1208:20201120110702p:plain

Windows10のペイント3Dでカラーピッカーを行う方法

Windows10では、デフォルトでインストールされているソフトの「ペイント3D」でカラーピッカーを行うことが可能です。

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「ペイント3D」を押して開きましょう。
f:id:rick1208:20201120110720p:plain
ペイント3Dが起動したら「新規作成」を押してキャンバスを出します。
f:id:rick1208:20201120110728p:plain
ウィンドウの右下にカラーパネルがあるので、カラーパネル下部の「色の追加」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120110735p:plain
「新しい色の選択」ウィンドウが表示されるので、カラーバーから大まかな色を選びてから上部ウィンドウで使いたい色を押して選びます。すると、ウィンドウ右下の「16進数」欄にカラーコードが表示されます。
f:id:rick1208:20201120110900p:plain
手持ちの画像からカラーコードを調べたい場合は、ペイント3Dに画像をドラッグ&ドロップして、カラーパネルの上にある「スポイト」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20201120110909p:plain
マウスカーソルがスポイトになるので、色を抽出したい部分を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120110918p:plain
スポイトボタンの左側に抽出した色が表示されるので、この部分を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120110928p:plain
「色を編集します」ウィンドウが表示され、「16進数」欄に抽出した色のカラーコードが表示されます。
f:id:rick1208:20201120110939p:plain

フリーソフトを利用してカラーピッカーを行う方法

f:id:rick1208:20201120110959p:plain
ペイント3D以外の方法でカラーピッカーを行う場合に、おススメなフリーソフトが「FE – Color Palette」です。FE – Color Paletteは下記リンク先のVectorよりダウンロードすることが可能です。
FE - Color Paletteの詳細情報 : Vector ソフトを探す!


VectorのFE – Color Paletteページにアクセスしたら、「ダウンロードページへ」を押して移動した先のページからダウンロードを行いましょう。
f:id:rick1208:20201120111027p:plain
ダウンロードしたlzhファイルを解凍するとフォルダが作成されるので、「FE - Color Palette、exe」を押して起動しましょう。
f:id:rick1208:20201120111036p:plain
FE - Color Paletteが起動したら、ウィンドウ下部の「画面の色」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120111046p:plain
マウスカーソルがスポイトに変わるので、色を抽出したい場所を押しましょう。デュアルディスプレイだとメインディスプレイでしか動作しないので注意しましょう。
f:id:rick1208:20201120111210p:plain
これで、ウィンドウ右下の欄に選びた色のカラーコードが表示されます。
f:id:rick1208:20201120111217p:plain