漫画の地球儀

『iPhone、iPad』からApp Storeが消える原因、対処法!【表示されない、スマホ、アプリ】

スポンサーリンク

iPhoneiPadからApp Storeが消えた時の対処法

f:id:rick1208:20201124042953p:plain

App StoreiTunesはアプリや音楽をダウンロードする時に必要になるアプリです。しかし時にApp Storeのアプリのアイコンがない・・・という経験をされたことはありませんか?

再インストールすればいいんじゃない?と思うかもしれませんがApp Storeのアプリは通常消去されないアプリなので、どこかにあるはずです。ここでは、iPhoneiPadからApp Storeが消えた、表示されない時の対処法を解説します。

1、フォルダ内をチェックする

まず最初はiPhoneiPadのフォルダの中をチェックしてください。もしかするとうっかりフォルダに入れてしまった可能性も考えられます。

1度全部のフォルダの中身をチェックしてください。

2、Spotlight検索を使う

iPhoneにアプリをいっぱい入れていると、あのアプリどこ行った・・・ていう時に役立つのがSpotlight検索です。Spotlight検索を使えば探しているアプリを簡単に見つけることが可能です。

Spotlight検索の使用方法について解説します。

まず画面を右にスワイプさせます。

f:id:rick1208:20201124043535p:plain


Spotlight検索が表示されたら「あっぷ」と記入して検索してください。

f:id:rick1208:20201124043545p:plain

すると検索結果にApp Storeのアプリのアイコンが表示されるので、タップをすればApp Storeが起動します。

f:id:rick1208:20201124043555p:plain

3、機能制限をチェックする

機能制限によりApp Storeが非表示になっている可能性もあるの下記の設定をチェックしてください。

iPhoneの「設定」を開き「スクリーンタイム」を押します。

f:id:rick1208:20201124043613p:plain

「スクリーンタイム」が開いたら「コンテンツとプライバシーの制限」を押します。

f:id:rick1208:20201124043622p:plain

「コンテンツとプライバシーの制限」が開いたら「iTunesおよびApp Storeでの購入」を押します。


f:id:rick1208:20201124043632p:plain

iTunesおよびApp Storeでの購入」が開いたら「インストール」を押して「許可」にしてください。

f:id:rick1208:20201124043641p:plain