漫画の地球儀

Windows10『irql not less or equal』のエラーの原因、対処法!【pc、ブルースクリーン】

スポンサーリンク

Windows10で「irql not less or equal」のエラーになる

f:id:rick1208:20201121162654p:plain
Windows10のパソコンの操作中にブルースクリーンが発生してしまったことはありませんか?Windows10でブルースクリーンが発生した場合は、エラーコードが表示されます。ここでは、エラーコード「irql not less or equal」について説明します。

エラーコード「irql not less or equal」の「irql」とは「Interrupt Request Level(割り込み処理の優先度)」のことを指しています。要するに、割り込み処理を行おうとしたときに必要なデバイスドライバー・メモリが足らなかった場合などにこのエラーが発生するわけです。

Windows10で「irql not less or equal」のエラーの対処法

f:id:rick1208:20201120194004p:plain
それでは、Windows10で「irql not less or equal」のエラーの解決方法について説明します。

Windows Updateが最新のものかどうかチェックする

まず最初は、Windows Updateが最新のものかどうかチェックしてみましょう。デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定」が表示されるので、「更新とセキュリティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201121162911p:plain
設定画面が開きます。左側メニューの「Windows Update」を押して項目を開き、「更新プログラムのチェック」を押してアップデートがあるかどうかチェックして、アップデートが配信されている場合はアップデートを行います。アップデートが終了したらパソコンを再起動しましょう。
f:id:rick1208:20201121162919p:plain

ドライバーに問題がないかチェックしてみる

使用しているデバイスのドライバーに問題があるかどうかチェックをしてみましょう。「Windowsキー+Xキー」の同時押しでアドバンスドメニューを開き、「デバイスマネージャー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201121163044p:plain
バイスマネージャーが開きます。もしドライバーの一覧に黄色い三角のマークがついたものがある場合は、そのドライバーを右押して「ドライバーの更新」を押し、ドライバーを更新しましょう。
f:id:rick1208:20201121163052p:plain

システムファイルを修復する

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」を展開します。「コマンドプロンプト」を右押して「管理者として実行」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201121163112p:plain
コマンドプロンプトが管理者権限で起動するので、「sfc /scannow」とコマンドを記入してEnterキーを押しましょう。
f:id:rick1208:20201121163138p:plain
「システムスキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。」「システムスキャンの検証フェーズを開始しています。」と表示されます。検証中は「検証 ~%」と表示され、進捗状況が分かるようになっています。

システムスキャンは長ければ約1時間程度はかかります。システムスキャンが終了して、「Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に修復されました。」と表示された場合は、破損したファイルを発見して正常な修復を行ったということになります。