漫画の地球儀

『Windows10』でタイムラインを無効化する方法!【pc、アクティビティ、レジストリ】

スポンサーリンク

Windows10でタイムラインを無効化したい

f:id:rick1208:20201120180343p:plain
Windows10ではタイムライン機能にパソコンで行った作業のアクティビティが表示されますが、プライバシーやセキュリティの観点から無効化したいという方もいらっしゃるかと思います。ここでは、Windows10でタイムラインを無効化する方法をご説明していきます。

Windows10でタイムラインを無効化する方法

f:id:rick1208:20201120110959p:plain
それでは、Windows10でタイムラインを無効化する方法を説明します。

Windowsの設定からタイムラインを無効化する方法

Windowsの設定でタイムラインを無効化するには、デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

Windowsの設定」が表示されるので、「プライバシー」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120180447p:plain
設定画面が開くので、左側メニューの「アクティビティの履歴」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120180500p:plain
アクティビティの履歴の項目一覧が表示されるので、「このデバイスでのアクティビティの履歴を保存する」と「アクティビティの履歴をMicrosoftに送信する」のチェックボックスをオフにしましょう。
f:id:rick1208:20201120180535p:plain
続いて、「これらのアカウントのアクティビティを表示する」に表示されているアカウントの右側にあるボタンを押してオフにしましょう。
f:id:rick1208:20201120180547p:plain
最後に「アクティビディの履歴を消去する」にある「クリア」ボタンをクリックすることで、アクティビティの履歴の消去と無効化を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20201120180557p:plain
また、タイムライン機能を使わないのであればタスクバーの何もない場所を右押してメニューを開き「タスクビューボタンを表示」を押してタスクビューボタンをタスクバーから非表示にすることも可能です。
f:id:rick1208:20201120180608p:plain

レジストリからタイムラインを無効化する方法

f:id:rick1208:20201120110628p:plain
レジストリエディターでタイムラインを無効化することも可能です。ただし、レジストリの編集を誤ってしまうとWindowsが正常に動作しなくなってしまう可能性もあるため、基本はWindowsの設定から無効化する方法をおススメします。こちらの方法を行う場合は、あらかじめレジストリのバックアップを取っておきましょう。

Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「regedit」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120180638p:plain
レジストリエディターが開いたら、上部のアドレスバーか左側のフォルダツリーで「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System」を開きましょう。
f:id:rick1208:20201120180652p:plain
Systemを右押して、メニューの「新規」→「DWORD(32ビット)値」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120180703p:plain
ウィンドウ右側の項目一覧に「新しい値」が作成されるので、名前を「EnableActivityFeed」にしましょう。
f:id:rick1208:20201120180715p:plain

作成したEnableActivityFeedをダブル押して「DWORD(32ビット)値の編集」ウィンドウを開きます。「値のデータ」をチェックして、「0(無効)」になっていれば設定終了です。「1(有効)」になっている場合は0にして「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201120180722p:plain
あとはWindowsを再起動することで、タイムライン機能が無効化されます。