漫画の地球儀

『YouTube』の動画が早送りできない原因、対処法!【シークバーが動かせない、飛ばせない】

スポンサーリンク

YouTubeで動画の早送りができない

f:id:rick1208:20201112170352p:plain
YouTubeのシークバーを利用して動画の早送りをしようとしたら、何故かシークバーが動かせない・表示されないためにシークできない状態になってしまったことはありませんか?シークバーが操作できないと、動画の早送りやシーンスキップしたい場合に飛ばせないため困ってしまいますよね。

ここでは、YouTubeの動画が早送りできない時の対処法についてご説明していきます。

YouTubeで動画の早送りができない原因、対処法

f:id:rick1208:20201112170132p:plain

シークバーを表示させるには・操作方法

パソコンブラウザ版YouTubeで動画のシークバーを出すには、動画にマウスカーソルを乗せるだけでOKです。スマホアプリ版YouTubeでシークバーを出しるには、動画を押しましょう。画像のように一時停止ボタン・戻るボタン・進むボタンが表示され、動画の下部にシークバーが表示されていることがチェック可能です。

動画を再生してそのまま操作しないと、シークバーは自動的に非表示になり消えた状態になります。シークバーを再度出しるには、上記の方法で出すことが可能です。

シークバーは、パソコンブラウザ版YouTubeでは押してドラッグ・スマホアプリ版YouTubeでは飛ばしたい場所を押すか、現在位置を押したままスライドすることで任意の時間まで早送り・巻き戻しを行うことが可能です。

シークバーを使わずに早送りする方法

f:id:rick1208:20201112170058p:plain
YouTubeでは、シークバーを使わなくても動画の早送り・巻戻しを行うことが可能です。パソコンブラウザ版YouTubeでは動画がフォーカスされている状態(動画を押している等)で、「→キー」を押すことで5秒の早送り・「←キー」を押すことで5秒の巻き戻しを行うことが可能です。

スマホアプリ版YouTubeでは、動画の右側をダブル押すことで10秒の早送り・左側をダブル押すことで10秒の巻き戻しを行うことが可能です。

ダブルタップ操作での早送り・巻き戻しの時間は変更することが可能です。画面右上のアカウントアイコンを押してメニューを開き、「設定」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201112170943p:plain
設定画面が表示されるので、「全般」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201112170956p:plain
全般の項目一覧の中に、「ダブルタップで移動」があります。押しましょう。
f:id:rick1208:20201112171013p:plain
「ダブルタップで移動」の秒数設定が開きます。5・10・15・20・30・60秒の中から設定したい秒数を押しましょう。
f:id:rick1208:20201112171021p:plain


スマホアプリ版YouTubeでタップ操作やスライド操作が行えない場合は、アプリを最新バージョンにアップデートしてみましょう。Androidスマホの場合はGoogle Playストアを開いて、メニューから「マイアプリ&ゲーム」を押して開き、「アップデート」タブからYouTubeアプリをアップデートしましょう。

YouTubeを再起動してみる

f:id:rick1208:20201112170158p:plain
YouTubeで動画再生時に操作を受け付けなくなってしまった場合は、YouTubeを再起動してみるのも手です。パソコンブラウザ版YouTubeの場合はページ更新でリロードを行うか、ブラウザそのものを再起動してみましょう。スマホアプリ版YouTubeの場合はマルチタスクボタンを押してYouTubeアプリを完全終了させてから、再起動してみましょう。

YouTubeを再インストールしてみる(スマホアプリ版)

スマホアプリ版YouTubeで再起動しても早送りなどの操作ができない場合は、YouTubeアプリを再インストールしてみましょう。

まず最初は設定を開き、「アプリと通知」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201112171115p:plain
アプリ一覧が表示されるので、YouTubeアプリを探して押しましょう。
f:id:rick1208:20201112171127p:plain
YouTubeのアプリ情報が表示されるので、「無効にする」を押しましょう。
f:id:rick1208:20201112171138p:plain
「このアプリを無効にすると、Androidなどの他のアプリが正しく動作しなくなる恐れがあります。」と警告メッセージが表示されますが、「アプリを無効にする」を押しましょう。これでYouTubeを無効にして初期化することが可能です。
f:id:rick1208:20201112171144p:plain
無効化が終了したら、「有効にする」を押すことでYouTubeアプリが有効化されるので、そのあとにアップデートを行い最新バージョンにしましょう。