漫画の地球儀

Windows10でコマンドからシャットダウンする方法!【再起動、オプション、pc、ログオフ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20201111212831p:plainf:id:rick1208:20201002160245p:plain


Windows10のパソコンでシャットダウンを行う場合、通常では電源メニューからシャットダウンを行いますよね。

ですが、電源メニュー以外からもシャットダウンを行える方法があります。電源メニュー以外のシャットダウンの方法の一つが「コマンドでのシャットダウン」です。

コマンドプロンプト」「ショートカット」「ファイル名を指定して実行」ではコマンドを記入してシャットダウンを実行することが可能です。

コマンドを記入してシャットダウンをするメリットですが、コマンドによって指定した時間が経過してから再起動・シャットダウンを行わせるといったことが行えるほか、システムのエラーでスタートメニューが表示できなくなってしまうなどのトラブルに遭遇した時にコマンドからササッとシャットダウンさせることが可能です。

ここでは、Windows10のパソコンでコマンドからシャットダウンする方法を説明していきます。

Windows10でコマンドからシャットダウンする方法

f:id:rick1208:20201111212722p:plain

それでは、Windows10でコマンドからシャットダウンする方法を説明します。基本的には「コマンドプロンプト」か「ファイル名を指定して実行」からコマンドを記入することになります。

コマンドプロンプトを開くには、デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コマンドプロンプト」を押せば開くことが可能です。
f:id:rick1208:20200530120021p:plain
「ファイル名を指定して実行」も「Windowsシステムツール」フォルダ内にありますが、こちらは「Windowsキー+Rキー」の同時押しがショートカットキーに設定されています。

素早くコマンド操作を行いたいのであればファイル名を指定して実行をショートカットキーで開くことをおススメします。
f:id:rick1208:20200530120208p:plain
それでは、コマンドを記入してみましょう。通常のシャットダウンを行うには「shutdown /s /t 0」とコマンドを記入して「OK」をクリックすれば、すぐにシャットダウンが行われます。
f:id:rick1208:20200530120512p:plain

shutdown /s /t 0

再起動を行いたい場合は「shutdown /r /t 0」とコマンドを記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200530120552p:plain

shutdown /r /t 0

オプション

f:id:rick1208:20200530120745p:plain
各種オプションコマンドについて解説します。
オプション(引数)の意味について

・/s:シャットダウンの実行
、r:再起動
、f:プログラムの強制終了
、t 0:~秒後に実行、0の部分には数字を記入する
、hybrid:次回起動時に高速スタートアップを使う
logoff:ログオフする

シャットダウン

「shutdown 、s 、hybrid 、f 、t 0」と記入することで、シャットダウン及び次回の起動が高速スタートアップになります。

完全シャットダウン

高速スタートアップを行わせない完全なシャットダウンを行いたい場合は「shutdown 、s 、f 、t 0」と記入しましょう。

ログオフ

「logoff」と記入するだけで、すぐにログオフすることが可能です。

再起動

再起動は「shutdown 、r 、f 、t 0」コマンドで行うことが可能です。

タイマー予約でシャットダウンさせる

f:id:rick1208:20201111232213p:plain
コマンドからのシャットダウンでは、タイマー予約でシャットダウンさせるといったことも可能です。「shutdown /s /hybrid /f /t 600」と記入すれば、600秒後(10分後)にシャットダウンが行われます。

シャットダウンをキャンセルする

タイマー予約でのシャットダウンをキャンセルしたい場合は「shutdown /a」と記入することでタイマー予約をキャンセルすることが可能です。