漫画の地球儀

音声コマンドでテレビをON/OFFする方法!【「OKGoogleテレビをつけて・消して」、家電】

スポンサーリンク

音声コマンドてテレビのオン、オフを切り替える方法

f:id:rick1208:20200908181753p:plain
近年GoogleHomeやChromecastを使用して音声コマンドでテレビのオン・オフなどの操作をする方法が広がっています。

GoogleHomeやChromecastは、「OK Google」という音声コマンドで起動させて「OK Googleテレビをつけて」と言えばテレビの電源をオンにしてくれます。反対に「OK Googleテレビを消して」と言えばテレビの電源をオフにしてくれるんです。

このように音声コマンドでテレビのオン・オフが可能なのはとても便利ですから、ここでは「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドの設定方法や各種機器との連携方法をご解説します。

Googleアシスタントで家電を動作させる

f:id:rick1208:20200908222636p:plain
Googleアシスタントとは、GoogleHomeやChromecastなどを音声コマンドで操作するのでにGoogleが開発したAIアシスタントです。

Googleアシスタントが搭載されていることによって、「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンド以外に上記の画像のように「OK Googleエアコン消して」や「OK Google電気をつけて」と言えば色々な家電を操作可能です。

GoogleHomeやChromecastはもちろん、AndroidスマホなどにもGoogleアシスタントは搭載されていますからテレビなどの家電と連携させて音声操作を使用してみてください。

Googleアシスタントが使えるのは?

f:id:rick1208:20200908150204p:plain
Googleアシスタントは前述したようにGoogleHomeやChromecastに基本搭載されているのですが、Androidスマホiphoneで設定することで使うことも可能です。

AndroidスマホiphoneGoogleアシスタントが使えるように設定することで、「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドでテレビのオン・オフが可能なようになるんです。

ここではGoogleアシスタントAndroidスマホiphoneで使用するのでの設定方法などをご解説しますから、参考にしてください。


スマホの設定をすれば可能

f:id:rick1208:20200908150147p:plain
Androidスマホのメニューを開いて、設定を押してください。
f:id:rick1208:20200908222707p:plain
Google」を押します。
f:id:rick1208:20200908222831p:plain
「検索、アシスタントと音声」を選びます。
f:id:rick1208:20200908222840p:plain
Googleアシスタント」を選びます。
f:id:rick1208:20200908222847p:plain
Googleアシスタントのアカウントページを下へスクロールして、アシスタントデバイスの「スマートフォン」を押します。
f:id:rick1208:20200908222907p:plain
Googleアシスタントと書かれている右側がオフの状態だとGoogleアシスタントを使用することはできないので、右へスライドさせてオンの状態にします。

これだけでAndroidスマホGoogleアシスタントの設定は終了です。「OK Google」と言ってテレビなどの操作を行ってみてください。

AndroidならAndoridOS6、0以降標準搭載

お持ちのAndroidスマホがAndroidOS6、0以上の端末なのかは、「設定」からチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200908224504p:plain
一番下にある「端末情報」を押してAndroidのOSバージョンをチェックしてください。
f:id:rick1208:20200908224510p:plain
「ソフトウェア情報」を押します。
f:id:rick1208:20200908224521p:plain
このページの「Androidバージョン」が6、0以上の数字なら、その端末にはGGoogleアシスタントが標準搭載されています。

前に解説したAndroidスマホの設定方法を参考にしてスマホGoogleアシスタントを使用してみましょう。

iPhoneでもアプリをダウンロードすれば使用可能

f:id:rick1208:20200908224534p:plain
使用中の端末がiphoneの場合、Androidスマホのように標準搭載はされていません。なので、APP StoreからGoogleアシスタントのアプリをダウンロードさせる必要があります。

アプリをダウンロードすれば、Androidスマホ同様に簡単な設定でGoogleアシスタントを使用可能なようになりますから試してみてください。

Googleアシスタントがダウンロードされれば、「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドが使えるようになります。

GoogleHomeを導入する

f:id:rick1208:20200908224852p:plain
GoogleHomeとは、Googleが販売するスマートスピーカーでGoogleHomeをスマホや家電に連携させることでGoogleアシスタントを便利に使えるようになるんです。

GoogleHomeは音声操作に特化しているので、「OK Google」で起動させれば「テレビをつけて・テレビを消して」というのはもちろん家中の家電と連携して音声コマンドで操作可能なのが特徴です。

テレビ側をGoogleアシスタントに連携させる方法

f:id:rick1208:20200908140717p:plain
OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドでテレビをオン・オフさせるには、テレビをGoogleアシスタントに連携させる必要があります。では、テレビをGoogleアシスタントに連携させる方法はどのような方法があると思いますか?

ここではテレビをGoogleアシスタントと連携させる方法をご解説します。テレビをGoogleアシスタントと連携させるために必要な機器とともにご解説しますから、参考にしてください。

購入時にGoogleアシスタント対応テレビを購入する

f:id:rick1208:20200908231158p:plain

テレビをGoogleアシスタントに連携させたいときは、テレビそのものをGoogleアシスタントに対応しているテレビにするのが簡単です。

Googleアシスタントに対応したテレビというのは、スマートテレビAndroidテレビなどと呼ばれテレビがインターネットに接続可能な仕様になっているんです。

このようなテレビを用意すれば、余計な機器がなくても簡単にテレビを音声コマンドで操作可能なようになるので機械操作が苦手な人にもおススメです。

スマートリモコンを導入する

f:id:rick1208:20200908231214p:plain
スマートリモコンとは、テレビなどの色々な家電をスマホなどで遠隔から音声操作可能なようにする機器です。

スマホとテレビの間にスマートリモコンを挟むことでスマホで伝えた「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」のような音声コマンドでの操作を可能にするんです。

スマートリモコンは既存のテレビと連携させることも可能なので、Googleアシスタントに対応したテレビに買い替えるのは難しいという人でもスマートリモコンなら数千円から販売していることからより低価格で使用可能なのが魅力と呼ばれています。

Chromecastを導入する

f:id:rick1208:20200908231221p:plain
ChromecastとはGoogleが販売するテレビに接続させて使うストリーミング端末です。Chromecastをテレビと連携させるためにはGoogleHomeと一緒に使用する必要があります。

Chromecastだけでは「OK Google」などの音声コマンドでテレビをオン・オフさせることはできないんです。テレビとChromecastとの連携を考えている人は覚えておいてください。

ChromecastとともにGoogleHomeを用意して、テレビを音声コマンドで操作してみましょう。

スマートリモコンとテレビ、スマホを連携させる方法

f:id:rick1208:20200908231239p:plain
スマートリモコンとは、前にも解説した通りスマホでテレビなどの家電を操作するのでの中継地点となる機器のことです。

スマホで操作した情報がスマートリモコンからテレビへ送られることで「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドが使えるようになるので、よりテレビなどの操作が便利になるんです。

ここではスマートリモコンをテレビやスマホに連携させる設定方法をご解説します。

スマートリモコンとテレビを連携させる方法

f:id:rick1208:20200909003329p:plain
スマートリモコンで「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という操作を行うには、まず最初はスマートリモコンとテレビを連携させなくてはなりません。

スマートリモコンのアプリをスマホで開き、設定を行ってください。
f:id:rick1208:20200909003339p:plain
スマートリモコンのアプリを開いたら、右上の「+」のマークを押します。
f:id:rick1208:20200909003347p:plain
スマートリモコンに向けて、テレビの登録したいボタンを押します。
f:id:rick1208:20200909065656p:plain
「アイコン」を押して家電の登録をします。
f:id:rick1208:20200909065704p:plain
ここではテレビの設定なので、「TV」を選びてください。
f:id:rick1208:20200909065709p:plain
次のページで「アイコン」を押してボタンの種類を選びてください。
f:id:rick1208:20200909065720p:plain
ここでは「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドでテレビをオン・オフ可能なように設定するので、電源ボタンを選んでください。
f:id:rick1208:20200909065728p:plain
最初のトップページにテレビが表示されていたら、設定終了です。

これで、登録したテレビで「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドが使用可能なようになります。

スマートリモコンとスマホを連携させる方法

f:id:rick1208:20200909065735p:plain


スマートリモコンに「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドを用いてテレビの電源をオン・オフするには、スマートリモコンをスマホで操作可能なようにアプリをダウンロードして登録をします。

スマートリモコンは、それだけではテレビを音声コマンドで操作することはできないですからスマホで操作可能なようにするのでです。

この操作はとても簡単で、スマートリモコンのアプリをスマホにダウンロードしてメールアドレスなどの登録をするだけで可能ですから誰にでも可能なと思います。ここではアプリの登録方法をご解説します。
f:id:rick1208:20200909065807p:plain
スマートリモコンのサイトを開いて、アプリをダウンロードしてください。Androidスマホにもiphoneにも対応しています。
f:id:rick1208:20200909065814p:plain
スマホにダウンロードしたスマートリモコンのアプリを開きます。右下にある新規登録を押してください。
f:id:rick1208:20200909065826p:plain
登録方法はメールアドレスでの登録と電話番号での登録を選べます。ここではメールアドレスでの登録をご解説しますので、メールアドレスを記入してください。
f:id:rick1208:20200909070245p:plain
メールアドレスのチェックのため、前に登録したメールアドレス宛に認証コードが送信されます。スマホのメールを開いてこの認証コードを記入してください。

そして、スマートリモコンを使用するときに使うためのパスワードを設定してください。パスワードは任意のもので良いので、覚えやすい文字列にしましょう。

これでアプリの登録が終了します。スマホでスマートリモコンを音声操作してみましょう。

Chromecastとテレビを連携させる方法

f:id:rick1208:20200909070254p:plain
Chromecastを使用するのでには、HDMI端子があるテレビであることが必須です。ChromecastはテレビのHDMI端子に接続しなければ使用できないので、HDMI端子がないテレビでは使用できないためです。

近年発売されているテレビなら大半の場合HDMI端子が設置されているので探し回る必要はありませんが、古いテレビを利用していてこれからChromecastの購入を検討している人は気を付けてください。

テレビの裏側にHDMI端子があるので、そこにChromecastを差し込みます。
f:id:rick1208:20201111230226p:plain
Chromecastを差し込むとテレビにHDMIチャンネルが現れますから、チャンネルをHDMIに合わせてください。
f:id:rick1208:20201111230217p:plain
Chromecastがちゃんと接続され、チャンネルをHDMIに合わせたらテレビの画面に上記の画像のようなコードが表示されます。これはChromecastとスマホの連携をするうえでとても大事なコードになりますから、画面はこのままにしておいてください。

この後はChromecastとスマホの連携を、GoogleHomeアプリというアプリを利用して行います。

Chromecastとスマホを連携させる方法

f:id:rick1208:20201111230208p:plain
Chromecastをスマホと連携させるときは、スマホにGoogleHomeアプリをダウンロードさせて設定を行ってください。このアプリはAndroidスマホ用ですが、iphone用のアプリもあるのでiphoneユーザーはAPP Storeからダウンロードしましょう。

また、GoogleHomeアプリの設定を行うときにはGoogleアカウントも必須ですからGoogleアカウントを所持していない人はこの機会に作りましょう。

Googleアカウントを使用することで、Chromecastとスマホを簡単に接続可能なようになっているのでとても便利なんです。

GoogleHomeアプリのセットアップ方法

f:id:rick1208:20201111230139p:plain
スマホにGoogleHomeアプリをダウンロードさせて開いたら、お持ちのGoogleアカウントのメールアドレスか電話番号を記入します。
f:id:rick1208:20201111230107p:plain
表示されているGoogleアカウントが間違っていないかチェックしてください。
f:id:rick1208:20201111230058p:plain
GoogleHomeアプリが近くにあるデバイスをスキャンします。Chromecastがちゃんとスキャンされているなら、下へスクロールして「次へ」を押してください。
f:id:rick1208:20201111230045p:plain
スマホに表示されているコードと、Chromecastと連携させたテレビに表示されているコードが同じかチェックしてください。
f:id:rick1208:20201111230036p:plain
ここではWiFiの接続を行います。自宅や職場などで接続させたいWiFiを選んでください。
f:id:rick1208:20201111225738p:plain
接続させたいWiFiのパスワードを記入します。
f:id:rick1208:20201111225731p:plain
この画面になったら接続終了です。

Googleアシスタントでテレビをオン、オフするときの音声コマンドは?

f:id:rick1208:20201002160245p:plain
ここまで「OK Googleテレビをつけて・テレビを消して」という音声コマンドでテレビのオン・オフを行う設定方法についてご解説しましたが、テレビをオン・オフさせる音声コマンドはこれだけではありません。

ちょっとニュアンスを変えるだけでもデバイスは音声コマンドに反応してくれますから、自分自身が最も利用しやすい音声コマンドを考えてみましょう。

ここでは「OK Google」でテレビをオンにする場合の音声コマンドとオフにする場合の音声コマンドについていくつかの例をご解説します。それらの例を参考にして、色々試してみてください。

オンにする場合の音声コマンド

f:id:rick1208:20201002160345p:plain
OK Google」を起動コマンドとしてテレビの電源をオンにする場合の音声コマンドのその他の例はこちらです。

OK Google(ねぇGoogle)、テレビの電源を入れて」
OK Google(ねぇGoogle)、テレビをオンにして」
OK Google(ねぇGoogle)、テレビの電源をオンにして」


どれも基本的には同じ意味ですが、ちょっとづつ言い回しを変えているだけなのでGoogleは反応してくれます。

そして、Googleは近年リニューアルされ、より日本語を認識可能なようになったと呼ばれています。その最大の特徴が起動コマンドである「OK Google」の部分です。

上記のテレビをオンにする場合の音声コマンドの例にもあるように、「OK Google」は「ねぇGoogle」と言い換えられるようになったんです。

OK Google」のコマンドで慣れている人はそのままでも良いですし、「ねぇGoogle」の方が利用しやすいという人は言い換えて利用してみてください。

オフにする場合の音声コマンド

f:id:rick1208:20201111210855p:plain
OK Google」を起動コマンドとしてテレビの電源をオフにする場合の音声コマンドのその他の例はこちらです。

OK Google(ねぇGoogle)、テレビの電源を切って」
OK Google(ねぇGoogle)、テレビをオフにして」
OK Google(ねぇGoogle)、テレビの電源をオフにして」


テレビの電源をオンにする場合の音声コマンドと大半同じ内容だということがわかると思います。Googleの音声コマンドは、より簡潔にハッキリとしたいことを伝える必要があるのでこのようなコマンドになります。

ルーティン機能を活用する

f:id:rick1208:20201111212722p:plain

ルーティン機能とは、Googleアシスタントで最近可能なようになった新しい機能です。「おはよう」や「おやすみ」などの一つの言葉で色々なデバイスのオン・オフが可能になったんです。

例えば、朝起きて「OK Google(ねぇGoogle)、おはよう」というコマンドを言えばテレビをつけたり、照明をつけたり、その日の天気予報を教えたりしてくれます。

寝る時なら、「OK Google(ねぇGoogle)、おやすみ」というコマンドでテレビを消したり、照明を消したりしてくれるので細かく電源を切る必要がないため重宝されています。