漫画の地球儀

URL短縮ツール『bitly』の使い方!【URLをカスタマイズ、ツイッター、Youtube、メリット】

スポンサーリンク

bitly

f:id:rick1208:20201111212036p:plain
"bitly(bit、ly)"とは何か聞いたことがありますか?見たことのある人なら、bitlyがよくURLに使用されていることを知っているはずです。

今記事ではこのbitlyとは一体何のために使用されているのか、bitlyの使用方法や登録方法、bitlyのアクセス解析やカスタマイズ方法も含めて説明していきたいと思います!

クラウド型URL短縮サービス

f:id:rick1208:20201111212722p:plain
bitlyとはクラウド型URL短縮サービスのことを差します。アメリカのニューヨークで2008年からサービスを開始したbitlyですがツイッターなどの文字数制限のあるSNSで大きな貢献をしてきました。

今現在文字数削減のために、ツイッター上に投稿されたURLは自動的に短縮されます。ツイッター上でよくみるURL"t、co"とは、ツイッター短縮URLのことです。

URL短縮とは、その名の通り長いURLの文字列を短くすることを指します。短縮されたURLにアクセスして解析をし、元のURLにリダイレクトすることで該当するURLのサイトにアクセスすることが可能です。

短縮URLを使用するメリットとは元のURLの文字数削減だけではありません。bitlyの場合、短縮URLへのアクセス解析を簡単にすることができてしまいます。また、bitlyでは短縮URLの変更(カスタマイズ)することも可能です。

一見便利そうな短縮URLですが、いくつかデメリットも存在しています。短縮URLを使用するデメリットとして、大文字小文字の区別が短縮URLに存在するので口頭で伝える場合などに一苦労する可能性があります。

f:id:rick1208:20201111212740p:plain

また、短縮URLはアクセス先の元URLを解析できないため、悪質なサイトにアクセスさせられる可能性があります。短縮URLはそのような騙し行為にも使用されています。

他に、ツイッターYoutubeなどの短縮URLはURL短縮サービスの終了に伴い使うことができなくなる恐れがあります。pixivが運営していた短縮URL"p、tl"は、2017年9月に全消去されてしまいました。

よって短縮URLを作ったとしても、bitlyなどの短縮URLサービスが終了してしまえば二度と使えなくなる恐れがあります。

さてさて、"bitlyなどの短縮URLサービスとは何か"、"短縮URLとは何か"を知ることが可能でしたか?では短縮URLの機能が沢山あるbitlyに登録して、短縮URLアクセス解析方法やカスタマイズの使用方法を実践してみましょう。

bitlyは無料版と有料版(Enterprise版)があります。有料のEnterprise版とは短縮URLドメインを独自で作成したり、解析方法が充実しています。bitlyは無料版でもある程度使用可能なので安心してください。

それでは、早速bitlyの使用方法について説明させていただきます。まず、bitlyの登録方法を実演していきましょう。

bitlyの使用方法「登録方法」

f:id:rick1208:20201111212750p:plain
bitlyで短縮URLのカスタマイズやアクセス解析をするのでには、bitlyに登録する必要があります。最初にbitlyに登録する方法についてご説明します。

初めに、bitlyのサイトページ(https:、、bitly、com、)にアクセスしてください。英語のサイトですが、この記事で説明する登録方法を参考にすることで、安全に登録可能なので安心してください。

アカウント登録する手順

f:id:rick1208:20201111212759p:plain
bitlyのサイトページにアクセスすることができたのなら、上の画像のようにページ右上にある"SIGN UP"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111212814p:plain
するとbitlyの登録画面に飛ばされます。上の画像のようにGoogleフェイスブックツイッターのアカウントを所持していた場合、それぞれのアイコンを左クリックすることで各アカウント経由でbitlyに登録することが可能です。

bitlyに他のアカウントそのものを登録するので個人情報を気にする場合は、ユーザー名、メールアドレスとパスワードだけでもbiltyに登録することが可能です。
f:id:rick1208:20201111212831p:plain
上の画像のように登録するユーザー名は"Username"に記入して、メールアドレスは"Email address"に、パスワード(英数字、特殊文字を少なくとも1つ以上いれて6文字以上)は"Password"に記入してください。

そしたら、"Password again"に登録する("Password"に記入した)パスワードをもう1回記入してください。
f:id:rick1208:20201111213220p:plain
全部の情報を記入することができたのなら、bitlyの登録画面下にある"CREAT ACCOUNT"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111213230p:plain
すると人間かどうかの認証用画面が表示されるので、上の画像のような問題の場合は信号機のある画像を全部選んで左押してください。問題を変えたい場合は左下の矢印マークを左クリックすることで、認証用の問題が変更されます。
f:id:rick1208:20201111213241p:plain
上の画像のように該当する画像を全部選択することができたのなら、右下にある"チェック"のボタンを左押してください。
f:id:rick1208:20201111213433p:plain
すると上の画像のように登録したアカウントにログインされます。ポップアップされたウィンドウはチュートリアル的なものなので、ウィンドウ以外の画面を左クリックすることでチュートリアルをスキップすることが可能です。
f:id:rick1208:20201111213541p:plain
また、登録したメールアドレスあてにbitlyからの認証メールが送られてきます。認証用メールが来ない場合"support@accounts、bitly、com"からのメールを受信可能なように設定するなど対処してください。

bitlyからの認証用メールを開いて、上の画像のようにメール内の"VERIFY YOUR EMAIL"を左押してbitlyの機能制限を解除してください。
f:id:rick1208:20201111213552p:plain
すると、上の画像のようにbitlyの登録したアカウントページに移動することが可能です。これで、bitlyの登録方法についての説明を終了します。

bitlyに登録できたら、次は実ときにbitlyで短縮URLを作ってみましょう。短縮URLのカスタマイズ方法や表示、非表示にさせる方法をお教えします。

短縮URL

f:id:rick1208:20201002160345p:plain
じっさいにbitlyを使用して、文字列の長いURLを短縮URLに変換してみましょう。短縮URLの作成方法は意外と簡単です。

また、bitlyには短縮URLのランダム生成されたサブディレクトリ部分を自分自身自身の好きな文字列に変更可能なカスタマイズ機能と作成した短縮URLを非表示にしたり、再度出しる機能がついています。カスタマイズ機能も含めて説明していきます。

短縮URLの作成手順

f:id:rick1208:20201111213740p:plain
早速本題であるbitlyにおける短縮URLの作成手順について説明していきます。それでは、bitlyにログインした状態でアカウントページ右上の"CREAT"のボタンを左押してください。
f:id:rick1208:20201111213820p:plain
すると"BIT LINK CREAT"というメニューが表示されます。メニュー内の"PASTE LONG URL"に短縮したいURLを記入してください。
f:id:rick1208:20201111213836p:plain
URLを記入したらメニュー内の"CREAT"ボタンを左クリックするか、メニュー画面が変わるまで数秒ほど待ってください。
f:id:rick1208:20201111214324p:plain
上の画像のようにbitlyの短縮URLが生成されたら、"COPY"を左押して短縮URLをテキストコピーするか、"SHARE"を左押してツイッターフェイスブック短縮URLを共有することが可能です。
f:id:rick1208:20201111214336p:plain
"SHARE"を左押した場合、上の画像のようにツイッターフェイスブックの項目が表示されるので、共有したいSNSの項目をどっちか選んで左押してください。
f:id:rick1208:20201111214344p:plain
すると該当するSNSアカウントとbitlyの連携をするよう求められます。ツイッターの場合は"Connect to a ツイッター account"のほうを左押してください。

bitlyにアカウントの使用を許可しますか?というページにアクセスすることが可能です。"連携を認証"を左クリックすることで、該当するSNS上にbitly短縮URLを共有することが可能です。
f:id:rick1208:20201111214534p:plain
メニューを閉じて、元のbitlyのログイン後ページに戻してください。短縮URLの作成に成功している場合、上の画像のように短縮URLが追加されているのが分かります。

短縮URLのカスタマイズ

f:id:rick1208:20201111214542p:plain
また、bitlyでは作成した短縮URLのサブディレクトリ部分をカスタマイズすることが可能です。bitlyの短縮URLはランダムな文字列によって生成されます。

このランダムな文字列部分(サブディレクトリ部分)を好きな文字列に変更してカスタマイズしていきましょう。

上の画像のように、カスタマイズしたい短縮URLにある"EDIT"の項目を押して再度メニューを開いてください。
f:id:rick1208:20201111214748p:plain
メニューを出したら、"TITLE"内を左押してください。ここではURLのタイトル名を記入して変更することが可能です。
f:id:rick1208:20201111214800p:plain
また、"CUSTOMISE"内を左クリックすることで、"bit、ly、"移行のランダム文字列(サブディレクトリ部分)を記入して変更することが可能です。
f:id:rick1208:20201111214811p:plain
短縮URLを変更し終えたら、メニュー下の"SAVE"を左押して保存させてください。
f:id:rick1208:20201111220930p:plain
上の画像のような表示がされたら短縮URL変更が終了します。メニュー内で"The Custom Bitlink is taken、"と表示された場合、すでにその文字列は誰かが使用しているため登録することが可能でせん。

短縮URLの表示、非表示設定

f:id:rick1208:20201111221522p:plain
bitlyで作成した短縮URLは消去することが可能でせん。しかし、短縮URLをbitly内で非表示にする(アーカイブ化する)ことは可能です。

まず最初は、短縮URLを非表示にしてみましょう。非出したい短縮URLの"EDIT"を左押してメニューを出してください。上の画像のように出したメニュー内にある"Hide Bitlink"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111223513p:plain
上の画像のようなポップアップウィンドウが表示されたら、ウィンドウ内の"CONFIRM"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111224203p:plain
すると上の画像のように、短縮URLを非表示にすることが可能です。
f:id:rick1208:20201111224215p:plain
非表示された短縮URLをまた表示するのでには、上の画像のようにbitlyログイン後のページ内の日付左横のアイコンを左押してください。
f:id:rick1208:20201111224232p:plain
メニューが表示されるので、メニュー内の"Only Hidden Bitlinks"にチェックをいれてください。そのあと"APPLY"を左クリックすることで、非表示にされていた短縮URLを再表示することが可能です。
f:id:rick1208:20201111224400p:plain
リスト内に再表示された短縮URLの"EDIT"を左押してメニューを出したら、メニュー内の"Unhide Bitlink"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111224409p:plain
上の画像のようなウィンドウが表示されたら、"CONFIRM"を左押してください。
f:id:rick1208:20201111224420p:plain
またもや短縮URLが表示されなくなるので、日付左横のアイコンを左押して、メニューを開いてください。

表示されたメニュー内の"Only Hidden Bitlinks"のチェックを外し、"APPLY"を左クリックすることで、短縮URLを完全に再出しることが可能です。

アクセス解析

f:id:rick1208:20201111224625p:plain
最後にbitlyで作成された短縮URLアクセス解析方法についてお教えします。アクセス解析することでいつどれほどのアクセス数があったのかチェックすることが可能です。ネット上でbitlyの短縮URLを見つけた時に試してみるといいと思います。

アクセス解析を見る方法

f:id:rick1208:20201111224631p:plain

bitlyの短縮URLはサブディレクトリ部分の最後に"+"を入れることで、誰でもアクセス解析することが可能です。

bitlyで作成したApp Worldの短縮URL:http:、、bit、ly、AppliWorld、bitlyで作成したApp Worldの短縮URLアクセス解析の場合:http:、、bit、ly、AppliWorld+

上の画像のようにアクセス解析ではいつ頃どれほどのアクセス数があったのか調べることが可能です。
f:id:rick1208:20201111225134p:plain
また、bitlyに登録していると短縮URLの詳しいアクセス状況を知ることが可能です。

bitlyログイン後のページで短縮URLを左押してください。すると上の画像のように円グラフのようなデータが表示されます。

"REFERRENCE"はどこのリンク元からbitlyの短縮URLを使用してアクセスしたか、"LOCATION"はどの国からアクセスしたのか知ることが可能です。