漫画の地球儀

『ゆうちょPay』と『ゆうちょPay-easy(ペイジー)』の違い!【メリット、デメリット、特徴】

スポンサーリンク

ゆうちょPayやゆうちょPay-easy(ペイジー

f:id:rick1208:20200924075048p:plain
郵政事業が国営から民営化されてから、郵便局は「ゆうちょ」と呼ばれ民営化ならではの色々な便利なサービスを提供しています。

そんなゆうちょには、近年のキャッシュレス決済に対応したサービスとしてゆうちょPay・ゆうちょPay-easyがあります。ゆうちょPayとゆうちょPay-easyは名前が似ていますが、サービスの特徴は違います。

ここではゆうちょPayとゆうちょPay-easyそれぞれのメリットやサービスの違いについてご解説します。
ゆうちょPay-ゆうちょ銀行

ゆうちょPayとは

f:id:rick1208:20200924075604p:plain
ゆうちょPayとは、ゆうちょが提供するスマホ決済サービスの名称です。ゆうちょPayは入会金無料・年会費無料でスマホ決済サービスが使用可能なため、キャッシュレス化が進んでいる昨今おススメのサービスなんです。

ここではゆうちょPayとゆうちょPay-easyの違いはもちろん、ゆうちょPayの特徴やメリット・デメリット、仕組みなどについて詳しくご解説します。

スマホ決済サービス

f:id:rick1208:20200924075613p:plain
スマホ決済サービスとは、スマホをの画面にコードを出したり店頭などにあるコードをスマホで読み取ったりすることで購入代金の決済が可能な機能です。

ゆうちょPayのスマホ決済サービスはスマホを使ったコードの表示・スマホでのコードの読み取りのどっちの決済方法にも対応しているため便利だと人気を集めています。

ゆうちょPay-easy(ペイジー)とは

f:id:rick1208:20200924075704p:plain
ゆうちょPay-easyとは、ゆうちょPayのようなスマホを使用した決済サービスではありません。

ゆうちょPay-easyはマルチペイメントネットワークという技術を使い、税金やインターネットショッピングなどの購入代金を支払い可能なサービスです。

スマホやパソコン、タブレットがあればどんな場所にいてもマルチペイメントネットワークで決済が可能なためとても便利だと注目されています。

ペイジーマークのある払込書等によりゆうちょATMあるいはゆうちょダイレクトで振込可能なサービス

f:id:rick1208:20200924075726p:plain
ゆうちょPay-easyを使用するうえで重要なのが、ゆうちょPay-easyのロゴとなっているペイジーマークです。このペイジーマークはゆうちょPay-easyが使用可能な決済に入っているのが特徴なんです。

なので、ゆうちょPay-easyペイジーマークがある払込書を使いゆうちょダイレクトやゆうちょATMから決済が可能なサービスですから、ペイジーマークをよく覚えておいてください。

特徴

f:id:rick1208:20200919190824p:plain
ゆうちょPayやゆうちょPay-easyはそれぞれどんな特徴があるサービスなのと思いますか?

2つの特徴の違いを知ることで、特徴に合った使用方法が可能ですからよりゆうちょPayとゆうちょPay-easyを便利に使いこなせるようになること間違いなしです。

ここではゆうちょPayとゆうちょPay-easyの特徴的な使用方法についてご解説します。

ゆうちょPayの特徴

f:id:rick1208:20200918043636p:plain

まず最初はゆうちょPayの特徴をご解説します。

ゆうちょPayの基本的な特徴はスマホ決済サービスだというコツですから、ここで解説する特徴をチェックしてスマホ決済サービスとして使用するときの参考にしてください。

スマホが財布代わりになる

f:id:rick1208:20200924083809p:plain
ゆうちょPayがスマホ決済サービスに対応したサービスだということで、ゆうちょPayが搭載されたスマホがあればスマホをお財布の代わりに使用可能なことになります。

近年はキャッシュレス化が進んでいるので、ゆうちょPayを使用することでスマホがお財布の代わりとして使えて外出時の持ち物をグッと減らせるようになることと思います。

ゆうちょPay-easy(ペイジー)の特徴

f:id:rick1208:20200924083825p:plain
続いてはゆうちょPay-easyの特徴です。ゆうちょPay-easyを使用するときに大事なのがペイジーマークですから、まず最初は払込書などにペイジーマークがあることをチェックしてください。

ペイジーマークが見つかったら、スマホやパソコンなどを利用してゆうちょのインターネットバンキングやゆうちょATMなどでゆうちょPay-easyによる支払い手続きを行うだけです。

インターネットバンキングで口座から費用が引き落される

f:id:rick1208:20200924083835p:plain
ゆうちょPay-easyの大きな特徴の一つが、インターネットバンキングで支払いが可能なというコツになります。

ゆうちょのインターネットバンキングであるゆうちょダイレクトと連携していることにより、ゆうちょPay-easyでの支払い手続きを行うとゆうちょダイレクトに登録された口座からインターネットショッピングなどでの購入代金が支払われることになるんです。

仕組み

f:id:rick1208:20200917174548p:plain
続いてはゆうちょPayとゆうちょPay-easyの仕組みの違いをご解説します。

2つのサービスは、名前が似ていますがその仕組みには大きな違いがあるのでここで解説する違いを参考にしてください。

ゆうちょPayとは

f:id:rick1208:20200917161848p:plain
ゆうちょPayとはどのような仕組みのサービスなのかについてのご解説です。

ゆうちょPayの仕組みを知ることで、より日々の生活の中でゆうちょPayを便利に使用可能なようになりますから覚えておきましょう。

スマホなどを利用して決済可能なサービス

f:id:rick1208:20200924083934p:plain
ゆうちょPayは、前述した通りスマホ決済サービスですから利用しているスマホにゆうちょPayのアプリをダウンロードすることで使えるようになります。

アプリをダウンロードしたら、ゆうちょPayに対応した店や施設などで支払い時にスマホの画面に表示したバーコードを見せたり店頭にある機械にスマホをかざしたりするだけで簡単に支払いが可能な仕組みになっています。
f:id:rick1208:20200924083950p:plain
普段使用しているスマホiPhoneなどのiOS端末の場合、ゆうちょPayのアプリはApp Storeからダウンロード・ダウンロードが行えます。
f:id:rick1208:20200924083959p:plain
iPhoneiPadなどのiOS端末以外はAndroid端末と呼ばれます。Android端末でゆうちょPayのアプリをダウンロード・ダウンロードしたいときは、Google Playから行ってください。

ゆうちょPay-easy(ペイジー)とは

f:id:rick1208:20200924084020p:plain
ゆうちょPay-easyの仕組みは、ゆうちょPayとは異なります。

スマホで決済を行うゆうちょPayに対してゆうちょPay-easyはマルチペイメントネットワークを使用してインターネット上で支払いの手続きをやり取りするサービスなので、違いに気を付けてください。

支払などをマルチペイメントネットワークを経由して行うサービス

f:id:rick1208:20200924084031p:plain
マルチペイメントネットワークとは、インターネット上で税金の支払いやインターネットショッピングなどの代金を支払う機能のことです。

マルチペイメントネットワークは登録などが不要で誰でも簡単にインターネット上でお金のやり取りが可能なので、近年色々な場面で活躍しています。

メリット、デメリット

f:id:rick1208:20200925134451p:plain
ゆうちょPayもゆうちょPay-easyもとても便利なサービスですが、メリットだけではなくデメリットと言われるコツもあります。

ここではゆうちょPayとゆうちょPay-easyのメリット・デメリットについてご解説しますからそれぞれのサービスを選ぶときの参考にしてください。

ゆうちょPayのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200917123046p:plain
まず最初にゆうちょPayのメリット・デメリットのご解説です。

メリット

f:id:rick1208:20200929095729p:plain
ゆうちょPayのメリットが、クレジットカードがなくてもスマホ決済が可能なというコツです。クレジットカードは便利ですが、中には色々な事情からクレジットカードを所持していない人が多くいます。

そんな人にとって、ゆうちょの口座があれば決済が可能なゆうちょPayはとても便利なサービスだと言えると思います。
f:id:rick1208:20200929095749p:plain
前にも前述した通り、ゆうちょPayはスマホがお財布代わりになるので紙幣や硬貨を取り出す手間が省けます。

財布は意外とかさばるため、ゆうちょPayを入れたスマホ1台で支払いが可能なのは大きなメリットということで注目されているんです。

デメリット

f:id:rick1208:20200929095800p:plain
ゆうちょPayのデメリットと言えるコツが、使用可能な施設や店がそれほど多くないという部分です。

大手家電量販店やドラッグストアなど、ゆうちょPayが使用可能な有名店もいくつかあるのですが、コンビニエンスストアなどは対応していない店が多いので不便だと呼ばれています。
f:id:rick1208:20200929113522p:plain
対応している店が多くないというデメリットはありますが、現在続々とゆうちょPayに対応した店や施設が多くなっています。

色々な店と連携することで、ゆうちょPayがより便利に使えるようになりますから公式サイトの情報を常にチェックしてみましょう。

ゆうちょPay-easy(ペイジー)のメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200917085553p:plain
続いてゆうちょPay-easyのメリット・デメリットのご解説です。

メリット

f:id:rick1208:20200929113547p:plain
ゆうちょPay-easyのメリットが、操作方法が簡単で誰にでも使用可能なというコツです。

ペイジーマークのある払込書があれば、そこに記載された番号を記入するだけでインターネット上やゆうちょのATMなどを利用して簡単に支払いや振り込みが可能になっています。
f:id:rick1208:20200929113605p:plain
毎月支払う税金や、光熱費などの公共費用もゆうちょPay-easyを利用して支払いが可能です。

金融機関なら日本国内の大半の機関と連携していますから、どんな支払いにも対応可能なこと間違いなしです。

デメリット

f:id:rick1208:20200929113621p:plain
近年多くなっている「ネット銀行」というタイプの銀行には、ゆうちょPay-easyはまだ浸透していません。なので、メインバンクがネット銀行の人にはデメリットだと言えると思います。

しかし、ネット銀行以外なら色々な金融機関と連携していますから状況に応じて使い分けてみてください。

ゆうちょPayやゆうちょPay-easy(ペイジー)は全く異なるサービス

f:id:rick1208:20200917042157p:plain

ここまでゆうちょPayとゆうちょPay-easyの違いについてご解説しましたが、この2つは全く異なるサービスだということがわかったと思います。

スマホをお財布の代わりとしてるよう可能なゆうちょPayと、ペイジーマークを目印に色々な支払いが可能なゆうちょPay-easyは使い分けることでより便利に使用可能なようになるはずです。

それぞれの使い道が全く異なるサービス

f:id:rick1208:20200916161259p:plain

ゆうちょ口座と紐づけされていて、店頭などでスマホを利用して支払えるのがゆうちょPayです。

また、ペイジーマークのある払込書の番号を記入してインターネット上で税金やインターネットショッピングでの使用代金を支払うのがゆうちょPay-easyだと覚えておいてください。

このように、ゆうちょPayとゆうちょPay-easyは使い道が異なることから支払い内容によって使い分けるのがおススメです。色々試してみて、よりピッタリ合う支払い方法を選びてください。