漫画の地球儀

Twitter bot『ボット』の作り方!【初心者向け、自動でつぶやいてくれる、無料、自動で返信】

スポンサーリンク

ツイッターBot

f:id:rick1208:20200919060521p:plain
まず、ツイッターツイッターbotについて説明していきますが、「自動的に」というの、はBot(ボット)(語源であるロボットシステム)という機能を使います。

一方で、自動的につぶやいたりするくらいならツイッターでログインして設定終了っていうカンタンなbotの意味は作成サービスを使えば可能です。

しかし、自動的とはリツイートと書いてあるので、これを設定するのには一筋縄では行きません。

ここでは、そこでここではbotの意味の中でも、いろいろな設定が可能なMakebotとはWebサービスを利用してbot(語源であるロボットシステム)を作成します。

自動でつぶやいてくれる

f:id:rick1208:20200919032144p:plain
あるいは、最初の設定さえ済ませてしまえば、意外ととても簡単に可能ですので、ツイッターBotの意味というものを作りたいと思っている人はぜひやってみましょう。

そこで、ツイッターツイッターbot、ボット意味をここで解説しますが、ツイッターツイッターbot、ボット意味について説明していきます。

まず、ツイッター の機能を利用して作られた、機械による自動発言システムのことを指します。また、語源とはロボットから来ています。

誰でも簡単にBotを作成可能

f:id:rick1208:20200919032007p:plain
そして、Makebotの作り方(作成)ですが、特定の時間に自動ツイートする bot(語源であるロボットシステム)やユーザーの bot (語源であるロボットシステム)宛の発言にリプライする botです。

また、特定のキーワードに反応する bot などなど色々な bot が存在するので、自動発言システムである、ツイッターbotとは、人間に代わって作業を行うコンピュータープログラムの総称であります。

そして、単にツイッターbot(語源であるロボットシステム)作り方(作成)とは、インターネットにおける何かしらのタスクを自動で繰り返し続けるプログラムを指すのです。

しかし、身近なところだとツイッターbot作り方(作成)のシステムをよく目にする初心者の方が多いのではないでしょうか。

チャットボットを使えばDMを自動で返信してくれる

f:id:rick1208:20200919031849p:plain
そして、twittbotとは、また、ツイッターの認証上とは、あたかも初心者の人間のようにつぶやいたり、他初心者のツイッターのユーザーと会話を行ったりするプログラムが話題となっています。

それは、最近ではボット=人工会話プログラムとは認識が強くなっているのが現状です。

さらに、初心者の人と思ってメッセージの認証のやり取りをしていたら、実はツイッターの認証のbotとは(語源であるロボットシステム)だったり、なんてこともあるかもです。

そして、語源はロボットからきていて、ツイッターのアカウントとはつぶやき、ツイッターのリプライ、リツイート、いいねお気に入り)などという機能がありますが、全部手動で行うものです。

一方で、しかし、作り方(作成)の認証において、忙しいなと思う時には自動的に返信したり、ツイッターのいいね!したりしたくなるものであっります。

そして、特定のキーワードが含まれたツイッターのツイートを自動で検索し、リツイートしたり、お気に入りすることがあります。

さらに、フォローされたら自動でフォローを返すは、これらの動作はツイッターアカウントにプログラム作り方(作成)の(bot)を設定すれば実現可能です。

加えて、bot(語源であるロボットシステム)とは仕込むためには用意がかなり大変だったりしますが、インターネットには神様がいるもので、botとは作成しやすいようにbot作成サービスを用意している人がいるのです。

そこで、なぜMakebotなのかというと、ここで、どうしてMakebotとは(語源であるロボットシステム)なのか?Makebot(語源であるロボットシステム)はツイッター bot作成サービスの中でも個人的に一番オススメしてます。

また、早速ですが、その理由とはこの3つあります。まず最初は、高機能で、次は、特にタイムラインに反応してツイートを飛ばせるところで、最後は、分かりやすい見た目です。

結論としては、オン、オフの表示や、スッキリとして見やすいことだったり、リツイートや、お気に入りも自動化、他には中々ないサービスなどです。

そして、ちょっと設定が面倒なところがありますが、それさえクリアしてしまえば色々可能なようになるのです。

ツイッターBotの作り方「twittbot」

f:id:rick1208:20200919095948p:plain
まず、みなさんは、ツイッターには発言プログラムである、自動でツイート可能な方法があるのをご存知でしょうか?

また、そこで、チャットボットではなく、「twittbot」という無料のサービスを使えば、事前に登録しておいた内容を自動でツイートする「bot」を作成(作り方)することが可能なのです。

それでは、ここでは、チャットボットではなく、発言プログラムの「twittbot」の使用方法や、作り方(作成)を説明して行きます。まず最初は、自動ツイートを設定しておけば、担当者がツイートを記入する手間を省けます。

あるいは、人為的なミスを防ぐ意味でも、利用してみて、そして、発言プログラムである、twittbotとは、(http:、、twittbot、net、)要するに、twittbotとは、ツイッター上で自動のツイートを配信する「bot」を作成(作り方)可能なサービスです。

シンプルで初心者にも利用しやすい

f:id:rick1208:20200918130026p:plain
そして、また、botとはチャットボットではなく、あらかじめ登録しておいた内容を自動でツイートしたり、返信したりする機能を指し、twittbotは無料から使用可能なのです。

さらに、日本語に対応しているため、初心者でも扱いやすいbot作成サービスで、twittbotの使用方法|ログインについて説明していきたいと思います。

それでは、まず、ツイッターにログインしてください。そして、twittbotを使用するには、botを作成(作り方)したいアカウントで事前にツイッターにログインしておく必要があります。

twittbotにログインし連携アプリ認証をする

f:id:rick1208:20200919100007p:plain
早速ですが、それでは、チャットボットではなくツイッターhttps:、、ツイッター、com、のURLからツイッターにアクセスし、アカウントでログインしましょう。

そして、次は、作り方(作成)の作り方(作成)ですが、作り方(作成)にログインしてください。そして、twittbotにログインするには、画面中央にある「LOGIN」のボタンを押してください。

また、さらに、画面の数字を選びてください。また、チャットボットではなく、自動のシステムではなく人間がログイン作業を行っていることを証明するのでに、画像の番号を選びて「送信」を押します。

加えて、再度「LOGIN」というボタンが表示されるので押してください。そして、次は、チャットボットではなくツイッターの認証連携を許可することについて説明していきます。

まず、ツイッターの認証の画面に切り替わり、右上にbotを作成(作り方)したいアカウントの認証のアイコンの認証が表示されているかチェックした上で「連携アプリを認証」を押してください。

そして、画像のように画面が切り替われば、ログインは終了で、ランダムにツイートする内容を設定(作り方)する|定期つぶやきなど、自動のツイート機能の認証としては以下の2つが用意されています。

要するに、定期つぶやき:登録したツイートからランダムでツイートする機能のことで、時間指定つぶやき:登録したツイートを指定した時間にツイートする機能のことなのです。

一方で、また、無料版の場合、定期つぶやきは700まで、時間指定つぶやきは200まで登録可能で、それでは、さっそくチャットボットではなく定期つぶやきを設定する方法(作り方)を説明していきましょう。

早速ですが、チャットボットではなくまず最初は、メニューから「つぶやき」を選びてください。次に、画面上部のメニューにある「つぶやき」を押します。

次に、チャットボットではなくボックスにツイート投稿内容を記入し、「つぶやき追加」を押して、赤い枠で囲った部分に追加したいツイート投稿の内容を記入してください。

そして、要するに、一行記入:ボックスに記入した内容がそのまま1ツイート投稿となる記入方法で、複数行記入:1行で1ツイート投稿となります。

ツイートする内容を決める

f:id:rick1208:20200918123208p:plain
あるいは、複数のツイートを記入可能な方法で、記入内容は上記の2つあり、赤枠内の文字をクリックするとそれぞれの記入画面に切り替えられます。

さらに、なお、ツイート投稿の文字数はツイッター同様140文字までなので気を付けて、チャットボットではなくツイート投稿の内容を記入したら、「つぶやき追加」を押してください。

そして、また、画面下の一覧に記入した内容が反映されたら、自動で配信が開始され、チャットボットではなくツイート投稿するタイミングを選択することについて解説します。

では、まず最初は、twittbotでは、チャットボットではなくランダムでツイート投稿するタイミングを設定でき、設定を変更したい場合は、上部のメニューから「詳細設定」を押して見ましょう。

時間設定をする

f:id:rick1208:20200918043636p:plain
あるいは、チャットボットではなくつぶやき状態は、自動ツイートのオン、オフを切り替えでき、つぶやき順番:定期つぶやきを行う順番の切り替えも可能です。

そして、チャットボットではなくTL返信:タイムラインで返信する機能のオン、オフ(プレミアム版のみ使用可能)なので、つぶやき間隔:30分間隔〜24時間間隔までツイートする間隔の設定可能です。

あるいは、チャットボットではなくランダムでツイートする時間の間隔を変更したい場合は、「つぶやき間隔」から自分自身の設定したい時間間隔にチェックをつけて「設定を更新する」を押して見ましょう。

したがって、チャットボットではなく時間を指定してツイートする|時間指定つぶやきとして、時間指定つぶやきでは、曜日と日付のどっちかを指定して自動ツイートすることが可能です。

詳細設定で投稿間隔などを設定する

f:id:rick1208:20200917174548p:plain
そして、実ときにtwittbotでbotを設定していきますが、設定前にまず、ツイート投稿する内容をあらかじめ決めておきます。

先ほども説明しましたが、初心者の「つぶやき」よりbotのつぶやき設定を登録し、「複数行記入」を選択すると、複数のツイート投稿を一気に登録可能です。

また、予めメモ帳等のテキストに登録しておいたツイート投稿を登録するのに便利で、1行が1ツイートとして登録されますし、「時間指定」はとても便利です。ツイート投稿する時間や曜日、日付まで指定して設定可能です。

そして、曜日指定➝ツイート時間指定は、特定の時間帯にツイート可能なので便利で、こちらでツイートする時間間隔やつぶやき順、自動フォロー返しするか等を設定します。
f:id:rick1208:20200919100436p:plain
次は、登録したつぶやきのツイート順や時間間隔等も設定していき、初心者の自動フォロー返しはツイッターAPI公開状態により機能しない場合があります。

また、設定変更したら、「設定を更新する」を押して保存し、「つぶやき」設定や、「時間指定」、詳細設定などで、ツイッターボット設定は終了です。

あるいは、ツイッターボットはどのようなアカウントを作っていったらよいかというと、ツイッターボットは自動でツイートしていくものなので、手動でリアルタイム更新しているアカウントとフォロワーの反応が変わってくると思います。
f:id:rick1208:20200919100444p:plain
そして、初心者のツイッターユーザーも機械的なツイートよりも、人間相手でコミュニケーションしている方が楽しいので、ツイートへの反応が変わってくるというわけです。

したがって、初心者のフォロワーと深い関係を構築しにくい特徴があり、フォロワーになるべく飽きられないようなボットを設定していきます。

要するに、よく見られるものとしては、以下のような初心者のツイッターボットであり、例えば、おもしろ話題系bot、雑学系botなど、名言botや、クイズbot、ニュース系botなどがあるのです。

makebot

f:id:rick1208:20200919100653p:plain
まず最初は、「bot」という言葉を初めて聞いた時は、正直、意味がわかりませんでしたが、ロボット(ROBOT)を短くした言い方なんだと分かったときは、妙に納得してしまったという記憶がありました。

また、初心者のツイッターを使い手動でつぶやくのが面倒になったとき、botに登録しておくことによって指定した間隔で自動でつぶやいてくれます。

したがって、1回多くのつぶやきをbotに登録してしまった人は、あとは「放置」する初心者の人も多いでしょうが、今回の記事ではbotでつぶやきを作りたい人のためにオススメのサイト、MAKEBOTを解説したいと思います。

そして、もちろんMakebotは、無料で使えますので、気軽にはじめることが可能です。

makebotで新規登録する

f:id:rick1208:20200919100700p:plain
早速ですが、Makebotではツイッターアカウントとは別にMakebot用のアカウントが必要で、まず最初はMakebotに登録にしてみましょう。

それでは、Makebotで新規アカウントを作成について説明して行きたいと思います。

最初は、戸惑うことはあまりないと思いますが、登録方法も記載しておき、ちなみに新規登録する前にBOT設定したいツイッターアカウントにログインしておきましょう。

メール認証をしボットを選択する

f:id:rick1208:20200919100707p:plain
まず最初は、Makebotに行き、「新規登録」を押して、Makebotのユーザー名とパスワードを記入しますが、メールアドレスはフリーメールアドレスでも可能です。

そして、届いたメールにてMakebotの認証をして、Makebotで新規Botを作成し、ログインすると、「ボット選択へ」が出て来るので選びましょう。

次に、「新しいボットを追加」を選びてみると、ツイッターに移動するので「連携アプリを認証」を選びて、これでBotアカウントの作成は終了です。

新しいボットを追加からアプリ認証をする

f:id:rick1208:20200919100713p:plain
ここで、補足ですが、今までご使用頂いていた機能は無料で使え、安心してMAKEBOTにご登録ください。

また、プレミアムプランについてですが、無料でもたくさんの高機能な設定を用意していますが、これだけではありませんし、1つのボットじゃ物足りない方や、さらに高度な機能を使いたい人はプレミアムプランをお試しください。

一方で、多機能で高機能についても解説しますが、定期的につぶやいたり、指定した言葉に反応してリプライすることはもちろん、タイムラインに反応してリプライを送ることも可能です。

そして、夜間に機能を停止させることも、つぶやきにフッターを設定することも可能です。

ツイッターデベロッパー登録を済ませる

f:id:rick1208:20200917161848p:plain
ここでは、ツイッターデベロッパー登録について解説しますが、Makebotはツイッターデベロッパー登録を済ませておかないと動きませんし、デベロッパー?と思うかもしれませんが、基本的にコピペするだけなのです。

また、ツイッターデベロッパーってと思うかもしれませんが、開発者の登録で、ここに登録することによって、さまざまな裏のツイッターのサービスを使用可能です。

そして、上で作ったツイッターアカウントを選択すると・・・こんな表示になりますので、「設定する」を押して、デベロッパー設定は公式サイトが詳しく書かれています。

ツイッターApplicationの登録をする

f:id:rick1208:20200917145148p:plain
ここでは、Makebot ガイド つぶやき元の設定について解説するのですが、「こちらを見ても何だかよく分からない」という問い合わせが多いので、詳しく書いて行こうと思います。

それでは、ツイッターApplicationの登録について説明して行きたいと思います。

まず、最初はツイッターアプリケーション管理と呼ばれる場所にて、botアカウントを作成するところから始まり、早速、Application管理を開きましょう。

まず最初は、ツイッターbot作り方における、CreateApplicationでの、ツイッター Application管理についてです。

makebotの初期設定をする

f:id:rick1208:20200919100737p:plain
次に、「Create New App」を選びて、Name、Description、Websiteを記入しますが、ここが皆さん混乱するらしいですが、ここは自由記入をしていただき、要するに自分自身で勝手に好きな文字を入れて良いところなんです。

そして、テキトーで良いので文字を入れておいてください。また、callback URLの欄はMakebotのcallback URLをコピーしていただきたいです。

さらに、ツイッターApplication管理のcallback URLにコピペし、「Add a Callback URL」のボタンを押しタ後に、Developer Agreementにチェックを入れて、「Create your ツイッター Application」のボタンを押します。

あるいは、Developer Agreementって何?Developerの使用規約です。通常のツイッター botの使用方法していれば理解しなくても問題ありません。

ツイート内容、リツイート設定、お気に入り数などを設定する

f:id:rick1208:20200917123046p:plain
そこで、もし、電話番号で登録エラーが出てしまったらどうすればいいのかと思うことがあると思います。

したがって、いつの間にかデベロッパー登録には電話番号が必須になっていたようですが、エラーが出てきてしまった場合は、公式に書いてないので、電話番号を登録するという方法で対処しましょう。

また、しかし、中には電話番号を設定したくないという方もいると思いますが、そんな時は、一時的に電話番号を登録し、デベロッパー登録が終わったら電話番号を消去するという方法を利用してください。

補足として、オススメのアプリ

f:id:rick1208:20200919101229p:plain
また、補足として、ここで、解説したいのが、Botbirdです。

そして、まず、ここでは、ツイッターbotというのを作れるWebサービス、Botbirdについてです。

これは、ブラウザ版とアプリで出ていて、また、メリットとして、学生時代にツイッターやLINE@で動かして遊んでいました。

一方で、メリットとして、簡単にツイッターのチャットボットを作れて細かい設定も可能なので、bot作りに興味のある人にはとりあえず試してみてほしいです。
f:id:rick1208:20200919101235p:plain
そして、個人用なら無料プランで問題なく使えますし、ここで解説するのは、メリットとしてのBotbird (ボットバード) | 無料 ツイッター 、 LINE 、 SkypeFacebook bot チャットボットというアプリです。

そして、また、ツイッターアカウントかメールアドレスを認証して、ツイッターのbotbird用のIDとパスワード、ユーザーネームを設定したら登録終了なのです。

加えて、ツイッターのユーザーネームは既に利用されている名前が使用できないけど、bot名とは別なので適当に設定していいと思います。

一方で、、登録すると、ツイッターbot作成のチュートリアルが始まり、botの名前設定(デフォルトが「(ユーザー名)のbot」)で、ツイッターアカウント連携して、返信ワード設定の流れになります。

また、どの項目もあとから設定(変更)可能なので、簡単に飛ばせますし、後から細かく設定するけれど、すでにツイッターbot用のアカウントを作ってあるならチュートリアル内で簡単な動作チェックまで可能です。

また、したがって、メリットとしてのbot作成の主な機能は、ツイッターのランダム投稿や、@返信、タイムライン返信の3つであります。

さらに、ツイッターbotを作る場合はすべて使えて、その他のサービスと連携させる場合には基本2の返信機能のみになります。

要するに、メリットとしてのツイッターのランダム投稿は登録した文が定期的にタイムラインへ投稿される、いわゆる歌詞botなんかで利用されるものです。

要するに、、タイムライン返信は、ツイッター上でbotがフォローしているアカウントの投稿を取得して設定ワードに反応するのです。

あるいは、メリットとしてのツイッターのリプライとTLに反応するbot、以前ツイッター作ってみたことがあるけど普通に手動と勘違いされていて、ツイッターのタイムライン返信の対応ツイッターのワードは少なめくらいがちょうどいい気がします。

AutoTweet

f:id:rick1208:20200917042157p:plain
ここで解説するのは、AutoTweetで、「AutoTweet」はツイッターでの自動ツイートを設定することが出来るウェブアプリのことです。

そして、これを使うことで決められた時間につぶやきたいツイートを最大24個まで自動で呟くことが可能ですし、要するに、bot(語源であるロボットシステム)のような使用方法、イベントなどの定期宣伝が行える仕組みです。

そして、それがこのウェブアプリであればダウンロード不要で行えるわけですが、ここで、「AutoTweet」の特徴を説明します。

また、それは、分単位で自動つぶやき時間を設定でき、登録可能なのは最大24個で、ダウンロードが不要で、ログインしてなくても勝手にツイート可能なことです。

一方で、また、「AutoTweet」はツイッターとアプリ連携をすることで使用することができ、「Autotweetを使うには下のボタンを押してツイッターのアカウントでログインしてください。」と書いてあるのがわかります。

要するに、矢印の下にある「Sign in with ツイッター」を押して、連携アプリを認証」をクリックすれば連携に成功するのです。

さらに、複数アカウントを所有している人は自動ツイートを使用したいアカウントが連携されているかどうかをチェックして、アイコンなどを見ればわかると思いますが、ここで、「AutoTweet」の使用方法を説明していきたいと思います。

そこで、まず、「ツイートする文章」の列の各枠をクリックすることでテキスト記入が出来るようになり、その状態でつぶやきたい内容を記述して枠の外をクリックすればテキストの編集が終了します。

そして、次に、発言プログラムである、「時間:分」の列にある各枠で、呟く時間を0~23時、0~59分の間で指定可能なので指定して見ましょう。

あるいは、次に、「設定終了」を押せば自動つぶやきの設定は終了で、次に「F5」や更新をしてみてつぶやきがちゃんと設定されているかどうかチェックしてください。

加えて、各枠に発言プログラムである、自動つぶやきの内容が記述されていれば設定できていますし、AutoTweetのつぶやきをとめたいということに関して説明していきます。

そこで、「ツイート有効」のチェック()を外すことですべての自動つぶやきをとめることができ、つぶやき自体を消去したい場合です。

それは、消去したいつぶやきのテキスト枠をクリック→消去→スペース1個分テキスト欄に記入→設定終了ですので、「AutoTweet」は空欄のものはつぶやかれないようなのでこのやり方で消去してみてください。

あるいは、消去して設定終了を押すと「ロールバックしました」となって設定が終了出来ない場合があるのでスペースを入れる方法をお試しでやって見てください。

そして、一方で、「AutoTweet」で@返信を自動化する場合は、@返信はツイッターで通常自動化することが出来ないようです。

ここで、発言プログラムとして、自動返信を送る相手から承認を受けた場合のみ可能ならしいのでこの方法をお試しでやって見ましょう。

1、自動返信したい相手に「AutoTweet」のログインをお願いします。

2、相手に@返信の自動化の項目を押してもらい、自分自身のアカウント名を登録してもらうことです。

そして、これで特定の相手に対する自動返信が行えますし、発言プログラムの「AutoTweet」を解除したり、発言プログラムの「AutoTweet」を解除してください。

まとめ

f:id:rick1208:20200917085553p:plain
今回の記事では、ツイッター bot(ボット)の作り方を初心者向けに解説について説明してきました。また、ツイッターBot(ボット)の作り方(作成)~twittbot~、ツイッターbotの作り方(作成)~makebot~などについて説明してきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。