漫画の地球儀

Proxy環境下で『Docker for Windows』を使う方法!【メリット、使えないときの原因、対処法】

スポンサーリンク

Docker for Windows

f:id:rick1208:20200917171732p:plain
みなさんはDocker for Windowsをr知っていますか。Docker for Windowsだけではなく、Dockerや仮想環境は最近とても注目を集めているサービスの1つです。

OSレベルの仮想環境を構築するソフトウェア

f:id:rick1208:20200917161848p:plain
Docker for Windowsとは、OSレベルの仮想環境を構築するソフトウェアになります。仮想環境と呼ばれても難しいかと思いますが、論理的にシステム環境を用意して管理や性能アップを簡単に行うサービスの1つです。

Docker for Windowsの特徴

f:id:rick1208:20200917145148p:plain
最近では色んな仮想環境サービスがあります。なのでここではDocker for Windowsを使用する上での特徴について簡単に説明していきます。もし色んな仮想環境サービスが気になる人は是非チェックしてみてください。

VMWareとの違い

f:id:rick1208:20200917142150p:plain
Docker for WindowsVMwareについてまず説明していきます。1台のコンピューターやサーバ上で、複数OSやクライアント端末の実行を可能とする仮想マシンのサービスのうちの一つです。

なので簡単にいうとVMwareもDocker for Windowsも同じ仮想マシンサービスですが、技術的には全く異なるサービスを使用しています。

Dockerとdokkuの違い

f:id:rick1208:20200917123046p:plain
次にDocker for Windowsの違いについて説明していきます。dokkuとは、オープンソースなHerokuというのがdokkuです。dokkuは開発者やプログラマーに好まれるサービスです。

しかしdokkuはDockerとは違い制約が多く、システムをあまり知らない人向けのサービスになっています。なのでdokkuはIT知識があまりない人でもすぐに使用可能な一方で、dokkuを毛嫌いする人もいます。

Proxy環境下

f:id:rick1208:20200917085553p:plain
Docker for Windowsについてはわかっていただけましたと思いますか。このようにDocker for Windowsには仮想環境を使用するにはとても便利サービスになっています。

それでは次にDocker for WindowsをProxy経由で使用することについて説明していきます。そもそもProxyを知っていますか。

LAN環境の代理として構築された環境のこと

f:id:rick1208:20200917042157p:plain
Docker for WindowsをProxy経由で使用することや使うことを解説する前にProxyについてちょっと説明していきます。Proxyとは、LAN環境の代理として構築された環境のことでセキュリティを高める機能を言います。

Proxyを設置するメリット

f:id:rick1208:20200916161259p:plain
そもそもなぜ会社や学校などの団体にはProxyという機能を使うのと思いますか。Proxy環境下を使用するメリットについて、ここではちょっと説明していきます。

インターネットの脅威に対するセキュリティの向上

f:id:rick1208:20200917172402p:plain
Proxyを使うとインターネットや外部ネットワークの脅威に対するやり取りのセキュリティの向上高める設定を行うことが可能です。なので最近ではよくこのProxyを使うことが一般的になってきています。

Proxy環境下でDocker for Windowsをダウンロードする方法

f:id:rick1208:20200916141243p:plain
ここからはProxy環境下でDocker for Windowsをダウンロードする方法や設定について説明していきます。ちょっとここから解説する設定方法は、IT知識が必要になるので気を付けてください。

Windows10でHyper-Vを有効にするやり方

f:id:rick1208:20200916122802p:plain

まず最初はProxy環境下でDocker for WindowsをダウンロードするのでにWindows10でHyper-Vを有効にする必要があります。

設定方法は、管理者として PowerShell コンソールを開きます。そして次のコマンドを実行します。「Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V -All」これで有効化は終了です。

ダウンロードのやり方

f:id:rick1208:20200916005343p:plain
次にProxy環境下でDocker for Windowsで使用するのでのダウンロードやり方について説明していきます。ここではDocker Toolboxのダウンロードやり方について説明していきます。

Docker Toolboxのダウンロードやり方

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
まずDocker Toolboxのダウンロードやり方として、まず最初はサイトからメディアダウンロードをしましょう。「https:、、docs、docker、com、toolbox、toolbox_install_windows、」

ダウンロードしたら、後は画面に沿ってダウンロードすればOKです。カスタマイズする場合はオプション変更が必要です。

docker machineの作成

Docker Toolboxのダウンロードが正常に行えたら、docker machineの作成しましょう。docker machineの作成は、Dockerイメージから作成します。「docker image pull TEST-world:latest」

そして作成できたdocker machineを起動してみましょう。「docker container run TEST-world」

環境変数の設定が必要

f:id:rick1208:20200917172728p:plain
また上記のようなdocker コマンドでマシンを使用するには、システム環境変数に以下の情報を設定する必要があります。環境変数とは、システムの初期設定みたいなものです。

export DOCKER_TLS_VERIFY="1"
export DOCKER_HOST="tcp:、、192、168、99、101:2376"

export DOCKER_CERT_PATH="、Users、magellan、、docker、machine、machines、dev"
export DOCKER_MACHINE_NAME="dev"

Dockerの設定の気を付ける点

f:id:rick1208:20200917172908p:plain
またDockerの設定の気を付ける点としては、Dockerの仮想マシン自体はそのパソコン上で動いているのでパソコンを停止したり。シャットダウンすると停止してしまいます。

またDockerの設定の気を付ける点としては、パソコンより高スペックの設定にしてしまうと正しく動作しないこともあるので気をつけてください。

Proxy環境下でDocker for Windowsの設定する方法

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
それではここからはProxy環境下でDocker for Windows環境変数設定する方法について説明していきます。Proxy環境下でDocker for Windowsの設定するには、Docker Machineの構成をチェックしたり、ネットワーク設定を行う必要があります。

Hyper-V上のDocker Machineの構成のチェックやり方

f:id:rick1208:20200915162053p:plain
まず最初はHyper-V上のDocker Machineの構成のチェックやり方する方法について説明していきます。Hyper-V上のDocker Machineの構成は、Hyper-Vの設定によって影響されるので、Hyper-Vの設定をチェックする方法を説明していきます。

Hyper-V仮想マシン設定

Hyper-V上のDocker Machineの構成のチェックするのでにまず最初はHyper-V仮想マシン設定をチェックしていきます。Hyper-V仮想マシン設定は、Hyper-Vマネージャーよりチェックしていきます。

Windowsのスタートボタンより「Hyper-V」と検索すれば「Hyper-Vマネージャー」が表示されるので起動しましょう。

Hyper-V仮想ネットワーク設定

f:id:rick1208:20200917173335p:plain
次にHyper-V仮想ネットワーク設定をチェックすりには、Hyper-Vマネージャーで「操作」→「仮想スイッチマネージャー」を押しましょう。

ここから仮想ネットワークスイッチの設定を行うことが可能です。この仮想ネットワークスイッチの設定よりHyper-V仮想ネットワークを作成したり、設定することが可能です。

Docker for Windowsの基本的な設定やり方

f:id:rick1208:20200917174548p:plain
そして最後にDocker for Windowsの基本的な設定やり方について説明していきます。設定項目としては、共有ドライブ、CPUメモリの設定からネットワーク設定があります。

またこの基本設定でProxyを設定する項目もあるので必ずProxy環境下であれば忘れずに設定するようにしましょう。

Proxy環境下でDocker for Windowsを使う方法

f:id:rick1208:20200915162053p:plain
またProxy環境下でDocker for Windowsを設定方法についてはわかっていただけましたと思いますか。ここからはProxy環境下でDocker for Windowsを使う方法について説明していきます。

Proxy環境下でDocker for Windowsを使う方法もちょっとコツやコツがあるのでちゃんとチェックしてから行うようにしましょう。

Dockerコンテナの基本操作やり方

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
まず最初はDockerコンテナの基本操作やり方について説明していきます。Dockerコンテナの基本操作は、コマンド操作で行うのが大半になります。しかし全部のコマンドを覚える必要がありません。

初期状態のチェック

まずProxy環境下でDocker for Windowsで初期状態のチェックは、「docker images」や「docker ps -a」があります。「docker ps -a」は、Docker for Windowsのコンテナの状態をチェックするのに使用します。

hello-worldイメージを使用してコンテナを動かす

次にProxy環境下でDocker for Windowsでhello-worldイメージを使用してコンテナを動かす方法について説明していきます。

hello-worldイメージを使用してコンテナを動かすには、「docker images」コマンドを実行します。あるいは「 docker run -t -i 7e8fbd86f46d 、bin、bash」でデバックチェックも行うことが可能です。

Dockerコンテナ、イメージを消去

そしてProxy環境下でDocker for WindowsのDockerコンテナ、イメージを消去するには、「docker ps」や「docker ps -a」あるいは「docker rmi 430」を使用します。

「docker ps」はコンテナの停止で「docker ps -a」は、コンテナの消去になるので間違えないようにしましょう。

Nginxイメージを使用してコンテナを動かす

そして最後にNginxイメージを使用してコンテナを動かす方法について説明していきます。Nginxイメージを使用してコンテナを動かすには、「docker run --name hogehoge -d -p 8080:80 nginx」を実行します。

このコマンドで、HTMLより正常に表示されていれば正しくNginxイメージからコンテナを起動することができていることになります。

Proxy環境下でDocker for Windowsが使えないときの解決法

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
Proxy環境下でDocker for Windowsを使用する方法についてはわかってもらえたと思いますが、実はProxy環境下でDocker for Windowsを使用するとエラーもよく発生します。

ここではそんなProxy環境下でDocker for Windowsが使用できなかったり、エラーが発生したときの解決法について説明していきます。

外部ネットワークとのやり取りができない場合

f:id:rick1208:20200915121418p:plain
まずProxy環境下でDocker for Windowsが使えないときで外部ネットワークとのやり取りができない場合のエラーや外部ネットワークとのやり取り解決法について説明していきます。

外部ネットワークにやり取りできずエラーが発生したときにはどのような解決法があるのと思いますか。

Proxy設定に問題があるため

まずProxy環境下でDocker for Windowsが使えないときで外部ネットワークとのやり取りができない場合は、Proxy設定に問題があることが大半です。

恐らく外部ネットワークへのアクセスでエラーが発生しているかと思います。なのでProxy設定を変更することで解決法になる可能性があります。

Proxy設定のチェックやり方

f:id:rick1208:20200917175747p:plain
Proxy設定にエラーや問題がある場合は、Proxy設定のチェックして解決法があるかチェックしてみましょう。Proxy設定のチェックやり人は、インターネットエクスプローラーを起動して、インターネットオプションから変更することが可能です。

ただしProxy設定は外部ネットワークへのアクセス方法や外部ネットワークとのやり取りの種類によって異なってくるので管理者にチェックしてからエラーチェックをするようにしてください。

もしかしたら簡単に解決法がわからない場合もありますので、気を付けてください。

エラーが出る場合

f:id:rick1208:20200917180756p:plain
Proxy設定のチェックしてもProxy環境下でDocker for Windowsでエラーが発生する場合は、Docker for Windowsの設定もエラーや問題がある場合があります。

最近ダウンロードしたり設定したばかりであれば、アンダウンロードやDocker for Windowsの設定をチェックすることも解決法になります。

まとめ

f:id:rick1208:20200914154720p:plain

Proxy環境下でDocker for Windowsを使用する方法やコツについて説明してきましたが、どうでしたか。恐らくちょっと難しそうだなと思った人が多いかと思います。

そんな人はまずProxy環境下でDocker for Windowsを触ってみることから始めてみてちょっとずつ知識を深めていきましょう。