漫画の地球儀

『PowerPoint』の画像をモノクロ、グレースケールにする方法!【ワードやエクセルとの違い】

スポンサーリンク

PowerPoint

f:id:rick1208:20200917163735p:plain
PowerPointという言葉を聞いたことがあると思いますが、PowerPointはプレゼンテーションでよく使用されているソフトウエアです。

Microsoftのプレゼンテーションソフト

f:id:rick1208:20200917164543p:plain
マイクロソフト社が提供しているPowerPointは、プレゼンテーションソフトです。エクセルやワードのようなマイクロソフト社が提供しているソフトウエアで、資料作成やデータ管理に長けているツールとして提供されています。

ワードやエクセルとの違い

f:id:rick1208:20200917161848p:plain
プレゼンテーションにワードやエクセルを使用してはいけないということではなく、ワードはワープロソフトでエクセルは表計算ソフトとしての役割を所持しています。

ワードは文章に特化していて、エクセルは表計算に特化していて、プレゼンテーションに特化して作られたPowerPointで資料作成した方が、他で作ったプレゼンテーションより向いています。

主な機能

f:id:rick1208:20200917145148p:plain
PowerPointでは、エクセルやワードでは使えない機能がいくつかあります。スタイリッシュなテンプレートで図が見やすく表示することが可能なのが特徴です。

スライドの作成

f:id:rick1208:20200917142150p:plain
一番特徴的なPowerPointの特徴はスライドを作成する機能です。作成したページをクリックするだけで、次へと移動することが可能なので、説明している中に画面を切り替えることが可能です。

Wordやエクセルでもページやシートを切り替えることが可能なのですが、画面全体に資料を映し出すことがないので、プレゼンテーションに欠かせない機能となっています。

図解を使用した見やすい資料の作成

f:id:rick1208:20200917123046p:plain
スライドに文字がびっしり詰まっていると見づらくなってしまって、見たくないダメなプレゼン資料になってしまいます。可能な限り図解することが可能なPowerPointは、簡単に見栄えのいい図を描くことが可能です。

アニメーション機能で集中力を高める

f:id:rick1208:20200917085553p:plain
PowerPointを使ったプレゼンテーションでは、図や文字を画面内で移動させることができたり、上や横からモーション機能を使用して表せることが可能です。

PowerPointで図や文字に動きをつける機能をアニメーション機能といい、強調することが簡単に可能です。資料をただ見ている人の集中力を高めることの可能な効果的な機能です。

プレゼンテーション補助

f:id:rick1208:20200917042157p:plain
プレゼンテーションの進行を補助してくれる機能がPowerPointにあります。プレゼンテーションの大半が、ノートパソコンの外部出力でプロジェクターに接続して行います。

PowerPointはプロジェクターにスライドのみを表示して、手元のノートパソコンには経過時間や口頭で説明するメモなどをプレゼンする人に補助する情報を出しることが可能です。

PowerPoint2013で画像をモノクロ、グレースケールに変更する方法

f:id:rick1208:20200916161259p:plain

変更やり方

PowerPointでは、カラーで撮影した写真をモノクロにすることが可能なので、変更やり方を説明してします。
f:id:rick1208:20200917170221p:plain
PowerPointに挿入したカラー写真を選びます。

「図ツール」にある「書式」タブを押してください。
f:id:rick1208:20200917170338p:plain
「調整」グループにある「色の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200917170342p:plain
「色調」にある「グレースケール」にマウスポインターを合わせると写真がモノクロで表示されます。

PowerPoint2013でカラー写真画像をモノクロ、グレースケールから戻す方法

f:id:rick1208:20200916141243p:plain

PowerPointでカラー写真をグレースケールにしたものを元のカラー写真に戻すことが可能です。

カラーに戻すやり方

f:id:rick1208:20200916122802p:plain
PowerPointでグレースケールにしたカラー写真を元のカラー写真に戻す方法を解説します。

PowerPointのスライドに挿入してグレースケールにした画像を選びます。

「図ツール」にある「書式」タブを押してください。

「調整」グループに「色の変更」があるので押して選びます。
f:id:rick1208:20200917170428p:plain
「色変更なし」をクリックすることで、元のカラー写真に戻すことが可能です。

PowerPoint2016で画像をモノクロ、グレースケールに変更する方法

f:id:rick1208:20200916005343p:plain
PowerPointに挿入した画像は、ちょっとした操作でモノクロやセピア色に変更することが可能です。

変更やり方

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
PowerPointに画像を挿入したら、簡単な操作だけでモノクロに変更するやり方を説明していきます。

PowerPointに挿入したカラー写真を選択すると「図ツール」が表示されます。
f:id:rick1208:20200917170821p:plain
「図ツール」にある「書式」タブを押していきます。
f:id:rick1208:20200917170828p:plain
「色」をクリックすると、色の変更に関する一覧が表示されます。

「色の変更」から「色調」の分類があるので、グレースケールをクリックするとモノクロにすることが可能です。

PowerPoint2016で画像をモノクロ、グレースケールから戻す方法

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
PowerPointでカラー写真をモノクロに変更したものを、カラー写真に戻すことはちょっとした操作で行うことが可能です。

戻すやり方

f:id:rick1208:20200915162053p:plain

PowerPointに挿入されている写真を、モノクロから元のカラー写真に戻すことは簡単な操作で変更可能です。

PowerPointに挿入されている元のカラー写真に戻したい画像を選びます。

画像を選びてから「図ツール」にある「書式」タブを選びましょう。

「色」をクリックすると「色の変更」の項目が表示されてます。

元のカラー写真に戻すために「色の変更なし」をクリックするとカラー写真に戻すことが可能です。