漫画の地球儀

『Handoff機能』の使い方!【作業を引継ぎ、Mac-iPhone間、iPad、できない原因、対処法】

スポンサーリンク

Handoff機能とは?

f:id:rick1208:20200917145148p:plain
Apple製品の美点としてMaciPhoneiPadなど端末間の連携機能があります。その一つの機能でHandoffという凄い機能があることはご存知でしょうか?例えばiPhoneで見ること中のWebページ(URL)や作成中のメールをMacに引き継ぎする事が出来るのです。

OS X Yosemiteで追加された機能

f:id:rick1208:20200917142150p:plain
HandoffはMacではOS X Yosemiteから、iPhoneiPadなどのiOS端末では、iOS8から追加された機能です。なので、この機能を使うにはMacではOS X Yosemite以降、iPhoneなどのiOS端末ではiOS8以降である必要があります。

Handoffの意味とは?
f:id:rick1208:20200917042157p:plain
Handoffとは英語で「手渡す」という意味です。これはiPhoneiPadなどのiOS端末とMacの間で、Webページ(URL)見ることやメール作成などの作業を手渡す(引き継ぐ)という意味になります。

Handoffで可能なこと

f:id:rick1208:20200916161259p:plain
Handoffの機能を使えばデバイス間の連携、共有が簡単におこなえます。例えばどんな事が可能なのでしょう?
見ること中Webや書きかけメールをデバイス間で瞬時に移行可能

例えば通勤時にiPhoneで見ることしていたWebページ(URL)やPagesで作っていた資料の続きを自宅のMacで簡単かつ瞬時に行う事が可能です。

iOS端末やMacユーザーならHandoffで作業を共有化

Handoffを使えばMaciOS端末間の作業の引き継ぎ、共有がとても簡単になります。iPhoneなど小型の端末では、メールやメッセージで長い文章を打ったり、Pagesで資料を作ったりするのは大変手間がかかります。

ですので移動中はiPhoneiPadで、メッセージやメールのチェック、資料の見ること、簡単な編集作業を行って、自宅や会社に戻ってから、Macで本格的なメール、資料の作成の続きを行うなど、一連の作業がとてもスムーズで、簡単に引き継ぎが可能です。

iPhoneiPadで事前用意しておけば簡単に作業を引き継げる

もちろんiPhoneiPad間でも作業の共有、連携をする事が可能です。連携したいデバイスで、iCloudに同じAppleIDを利用してログインし、Handoffの設定をオンにすれば、簡単にiPhoneiPad間でも作業の共有、引き継ぎを行う事が可能です。

Handoff機能の使用方法

f:id:rick1208:20200916141243p:plain
ここまではHandoffの意味、機能についての解説をしてきましたが、ここからはHandoffの連携の手順、設定の仕方、Handoffが機能しない時の対処法を画像を交えて詳しく説明していきたいと思います。

Mac-iPhone間の連携の手順

f:id:rick1208:20200916122802p:plain
まず最初はMac側の設定の流れです。「システム環境設定」から「Bluetooth」をクリック、Bluetoothをオンを選びます。次に「一般」からこの「MaciCloudバイス間でのHandoffを許可」のチェックボックスにチェックを入れます。

iPhone側の設定は、ホーム画面から「設定」のアイコンをタップ、「Bluetooth」を押してBluetoothのスイッチをオンにします。次に「一般」、「Handoff」の順に押して、Handoffのスイッチをオンにします。

以上の流れを画像を交えて解説させて頂きます。

Macの設定

f:id:rick1208:20200916005343p:plain
まず最初はMac側の設定です。Handoffを使用するには使用するすべてのデバイスBluetoothがオンになっている必要があります。まず最初はBluetoothの設定から行います。
f:id:rick1208:20200917152554p:plain
画面左上の「Appleマーク」を押して「システム環境設定」を押します。
f:id:rick1208:20200917152602p:plain
「システム環境設定設定」から「Bluetooth」を押します。
f:id:rick1208:20200917152611p:plain
Bluetooth」の設定画面からBluetoothをオンにします。
f:id:rick1208:20200917152619p:plain
Bluetoothの設定の次はHandoffの設定を行います。「システム環境設定」から「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200917152627p:plain
「一般」の設定画面から「このMaciCloudバイス間でのHandoffを許可」のチェックボックスにチェックを入れます。以上でMac側の設定は終了になります。

iPhoneの設定

次はiPhone側の設定になります。まず最初はBluetoothの設定から行います。
f:id:rick1208:20200917153013p:plain
まず最初はiPhoneのホーム画面の「設定」のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200917153643p:plain
「設定」画面のBluetoothの項目を押します。
f:id:rick1208:20200917153712p:plain
Bluetooth」をオンにします。
f:id:rick1208:20200917154012p:plain
次はHandoffの設定を行います。iPhoneの「設定」画面から「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200917154730p:plain
「一般」の画面から「Handoff」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200917154737p:plain
「Handoff」の画面から「Handoff」をオンにします。以上でiPhone側の設定は終了になります。

MacからiOSバイスへの送信方法

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
MaciPhoneなどiOSバイスの設定が終了したら、次は実ときに作業の引き継ぎの手順を説明していきます。

ただ設定さえちゃんとできていれば、Handoffの使い人は難しくありません。まず最初はMacからiPhoneに作業を引き継ぐ手順を画像を交えて説明していきます。

上の画像はMacの画面になります。例えばMacで見ることしていたWebページ(URL)の続きをiPhoneで見る場合はiPhoneマルチタスクの画面を開きます。
f:id:rick1208:20200917154806p:plain
iPhoneの画面になります。マルチタスク画面の下にSafariのバナーが表示されます。バナーを押すとMacで見ることしていたのと同じWebページ(URL)がiPhoneにも表示されます。

このようにMacで見ることしていたWebページ(URL)の続きをiPhoneで見る事が可能です。他のアプリ、メールやメッセージやPagesの引き継ぎも使い人は同じになります。

iOSバイスからMacへの送信方法

f:id:rick1208:20200915162053p:plain

上の画面のように、iPhoneでメールの作成を行うと、MacのDockの横にメールのアイコンが表示されます。
f:id:rick1208:20200917154839p:plain
MacのDockの横に表示されるメールのアイコンを押します。


メールの作成作業がちゃんとMacに引き継がれています。このようにiOSバイスで作成したメールの続きをMacで行う事が可能です。他のアプリでHandoffを利用して作業の引き継ぎをおこなう場合も同様です。

MacのDockの左側にアイコンが表示されるのでそのアイコンをクリックすればiOS端末からMacへ作業の引き継ぎ、共有する事が可能です。

Handoff機能で引き継げるMac-iPhone間の作業

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
このようにHandoffは使いこなせば、大変便利な機能ですので、Appleユーザーは積極的に利用していきたいところです。しかし一体どのような作業、アプリが引き継ぎ可能なのでしょうか?

Handoffで引き継げる作業一覧

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
具体的に以下のアプリがHandoffで引き継ぎ可能です。

・「メール」
・「Safari
・「マップ」
・「メッセージ」
・「リマインダー」
・「カレンダ」
・「Pages」
・「Nubers」
・「Keynote
・ 一部他社アプリ

Mac-iPhone間での連携テクニックまとめ

f:id:rick1208:20200915121418p:plain
MaciPhoneiPadなどのiOS端末はApple社が開発している為にHandoff以外にも便利な連携機能をたくさん搭載しています。

具体的にどんな連携機能があるのか説明していきます。

電話・FaceTime-Macでも電話の受発信が可能

iPhoneには通常の電話とiPhoneユーザー同士なら無料通話可能な「FaceTime」という通話サービスがあります。

どっちもMacで受話し、逆にMacから発信する事も可能です。

マイフォトストリーム-撮った写真をMacにも自動保存

iPhoneで撮影・保存した写真がMacにも自動保存されます。いちいち手動で写真を写す手間がかかりません。

Wi-Fiネットワークのみを使用してコピーされ、携帯キャリアの通信量には影響しません。

ユニバーサルクリップボード-こっちでコピー、あっちでペースト

バイス間でコピペ可能な機能です。しかも、テキストやURLはもちろん画像までコピペ可能なのは秀逸です。

AirDrop-テレポートするかのような高速ファイル共有

約9メートル以内にあるデバイスへ、画像・動画・音楽などのファイルを瞬時に送れる機能です。メールやクラウドサービスを使うより遥かに便利です。

キーチェーン-パスワードを連携して記入の手間が省ける

例えばiPhoneでどこかのサイトにログインしたら、そのパスワードが記憶され、Macでは自動記入されるようになります。

面倒なパスワード記入の手間が省けます。

Handoff機能がうまくできない対処法

f:id:rick1208:20200915102056p:plain
使うととても便利なHandoffですが、連携が上手くできない、突然使えなくなった、なんて事もあると思います。ここではそんな時の対処法を説明していきます。

まず最初は再起動

f:id:rick1208:20200914175343p:plain
Handoffが上手くできない時、利用している端末の再起動が有効なようです。一番簡単に試せる方法なので、まず試してみましょう。

iCloudからサインアウト・再サインイン

f:id:rick1208:20200914175317p:plain
再起動してもHandoffの連携ができない場合はiCloudからのサインアウト・再サインインを試してみましょう。

ちょっと手間はかかりますが上手く直る可能性が高いようです。

・利用しているMaciOS端末のHandoff機能をオンにしておく。
Bluetoothを一旦オフに、その後オンにする。
・全デバイスiCloudからサインアウトしてその後にサインイン。

チェックすべきこととは?

f:id:rick1208:20200914154720p:plain
Handoffの連携、共有が上手くできない時はいくつかチェックして頂きたい事があります。

・全デバイスBluetoothがオンになっているか。
Wi-Fiが同一回線になっているか。
・Handoffの使用許可がオンになっているか。
・利用しているOSがOS X Yosemite・iOS8以降になっているか。

なにかトラブルが起こった時、意外な盲点があったりするものです。Handoffの連携、共有ができない時は以上の事をチェックしてみてください。

連動したいものがHandoff対応アプリなのか?

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
Handoffの連携、共有機能ができない場合、そのアプリがHandoffに対応していない事も考えられます。

Apple純正アプリは大半Handoffに対応していますが、他社製アプリは一部をのぞいて殆ど対応しておりません。

ちなみに他社製アプリでは「Pocket」や「Chrome」はHandoffに対応しているようです。

AppleユーザーだからこそHandoffを便利に使いこなそう

f:id:rick1208:20200913182409p:plain
これまでHandoffの使用方法や機能について説明してきました。

Handoffに代表されるApple製品の連携機能はAppleユーザーだけが体験可能な素晴らしい機能です。

ちゃんと使いこなして便利に利用していきたいです。