漫画の地球儀

pring『プリン』のお金の送金、出金方法!【個人間、メリット、チャット、SMS、電話番号】

スポンサーリンク

チャットで払う

f:id:rick1208:20200916153643p:plain
pring(プリン)とは株式会社pringが運営する、「お金をおくる」「お金をもらう」「お店で払う」ことが可能な無料送金アプリです。pring(プリン)はシンプルな機能と利用しやすいUI(ユーザーインターフェイス)で話題となっています。

pringのキャッチコピーは「お金のコミュニケーションアプリ」で、お金に関するやり取りを行えるチャット機能も特徴の一つとなっています。自然な会話の中でお金を支払うことも受け取ることも可能です。

さらに送受金、銀行口座からのチャージ・出金、お店で支払うことなど全部が手数料がかかること無く気軽に行うことが可能な点も大きなメリットです。
f:id:rick1208:20200916153725p:plain
pringを起動させると「お金をおくる」「お金をもらう」「お店で払う」という3種類の選択画面があり、操作方法もとても分かりやすいです。下には「お金をおろす」「チャージする」というボタンもあり直感的に操作が可能な設計となっています。

ここではpringを使用してお金を個人間で送金する色々な手段について解説します。また、お金をもらう機能の使用方法や銀行口座への出金方法やセブン銀行のATMでの出金方法についても詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

お金をおくる方法

f:id:rick1208:20200916153738p:plain
pringの「お金をおくる」は友人や家族など個人間でお金を送金することが可能な機能で、送る条件としては相手側もpringのアプリをダウンロードしている必要があります。

また送金したい金額がpringにチャージされていない場合は先にチャージする必要があります。送金手数料はかからず完全無料なのでおススメです。

個人間送金する方法は「お金をおくる」を選び送金相手を選びましょう。「pringのID」「電話番号」で検索する手段の他に「SMSでおくる」「LINEでおくる」「QRでおくる」という色々な種類の手段があります。

チャージ方法

f:id:rick1208:20200916153750p:plain
pringは電子プリペイドカードのようなアプリです。残高がなければpringからお金を送金することも支払うこともできないので銀行口座からpringにチャージをする必要があります。

銀行口座からチャージする場合はpringアプリで「チャージする」を選びて、チャージしたい金額を記入しましょう。チャージ画面の「pringにチャージする」を選択すれば、チャージ終了です。

すると紐付けている銀行口座から記入した金額が届きます。手数料は無料で1日の入金上限額は100万円までとなっています。ちなみにコンビニでのチャージやクレジットカードからのチャージは可能でせん。

毎回チャージするのが煩わしい場合は、オートチャージの設定が便利です。1回オートチャージの設定を行えば、いちいちチャージをしなくてもお金の送金や店頭での支払いが可能です。

オートチャージを設定すると、残高不足のときに銀行口座から不足額が自動的にチャージされます。最低チャージ金額は500円なので、例えば残高が1円足りないという場合でも500円がチャージされることになります。

pring IDあるいは電話番号で送金相手を検索

f:id:rick1208:20200916153847p:plain
前述したようにpringでお金を個人間送金する方法はいくつか種類がありますが、送金するのでには自分自身だけではなく送金相手もpringを使用している必要があります。送金相手が既にpringを使用している場合にはID検索や電話番号検索が使えます。

ではまずpring IDか電話番号で送金相手を探す方法を解説します。必要な情報としては相手もpringアプリを登録しているしていることと電話番号を知っていることです。
f:id:rick1208:20200916154040p:plain
送金するにはまずpringアプリ画面の「お金をおくる」を選び送金相手を選びます。「pringのID」「電話番号」で検索すると画面の上部分に出てきますので押し選びましょう。

新規に「つながり」を追加する場合は、右上の「追加」のボタンを押し相手のID登録すればOKです。

送金金額を決める

f:id:rick1208:20200916154853p:plain
相手を選び、送りたい金額を決めるとその金額を記入して「お金を送る」を押しましょう。この金額は1円単位で送金可能で送金の上限は1日10万円までです。

チャットで送金する

f:id:rick1208:20200916154859p:plain

「お金をおくる」を押すと送金終了です。pring上ではLINEのようにメッセージのやり取りができ、その画面ではメッセージのやり取り以外にもお金の送金も行えます。

いちいち面倒なログインやパスワード記入をせず、チャット感覚で気軽にお金を送れ、送金後のチェックが可能なのは良いですね。

他アプリでもメッセージの送受信自体は可能ですが、1度の送受金に対して1回のメッセージ交換のみといった形が基本です。pringを使用すれば何度もコミュニケーションを取りながらお金のやり取りが可能ですので安心です。

SMSで払う

f:id:rick1208:20200916122802p:plain
pringでお金を個人間送金する場合は自分自身と相手が利用しやすい手段を選びて使用することが一番良いと思います。pringで送金するには、自分自身だけではなく送金相手もpringを使用している必要があります。

まだ相手がpringを使用していない場合は「SMSでおくる」や「LINEでおくる」のどっちかの手段を選択することをおススメします。ここではSMSで送金する方法を解説します。

電話番号で宛先を選択

f:id:rick1208:20200916154926p:plain
pringはSMSから相手にメッセージを送ることが可能です。送金するにはまずpringアプリ画面の「お金をおくる」を選び送金相手を選びます。電話番号で相手を検索し宛先を追加しましょう。

「SMSでおくる」を選択すると、送金相手にはpringのダウンロードを促す画面が表示されます。

送金金額を決める

f:id:rick1208:20200916154934p:plain
送金金額を決めるとその金額を選びましょう。画面にはその日の残り送金可能金額が記載されていますので参考にしてください。「SMSでおくる」を選びた場合は相手がお金を受け取れる期限は3日間(72時間)となります。

送金には有効期限がありますが、もし時間内に送金できなかった場合には、無効となった送金額が自動的にpringのチャージ残高に返却されますので問題ありません。

SMSで送金通知を送る

f:id:rick1208:20200916154948p:plain
SMSで相手に送金通知を送ります。相手にURLが届きますのでそちらにアクセスすると、自動的にアプリに移動し「つながり」に追加されます。

ここでpringを使用していない方に送ると、自動的に登録画面に移行します。URLを同時に送れますので相手がpringを使用していない場合はSMSで送金する方法を取るといいと思います。

LINEで払う

f:id:rick1208:20200916005343p:plain
まだ相手はpringを使用していない場合は「SMSでおくる」「LINEでおくる」のどっちかの種類を選択すると良いと思います。ここではpringでお金を個人間送金する手段としてLINEで送金する方法を解説します。

LINEで宛先を選択

f:id:rick1208:20200916155132p:plain
LINEで送金する場合はまず宛先を選びましょう。友達リストの中からか、LINEグループから、直接のトーク、LINEタイムラインの4種類から選択することが可能です。LINEのメリットとして、送金相手を同時に10件選べる点です。

送金金額を決める

f:id:rick1208:20200916155136p:plain
次に送金したい金額を決めるとその金額を記入しましょう。画面にはその日の残り送金可能金額が記載されていますので参考にしてください。「SMSでおくる」や「LINEでおくる」というのはメッセージでリクエストする方法となります。

「LINEでおくる」場合も相手がお金を受け取れる期限は3日間(72時間)となります。

LINEで送金通知を送る

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
SMSと同様にLINEで相手に送金通知を送ります。相手のLINEにURLが届きますのでそちらにアクセスすると自動的にアプリに移動し「つながり」に追加されます。

pringを使用していない方に送るとリクエストという形になり、自動的に登録画面に移行します。URLを同時に送れますので相手がpringを使用していない場合はLINEで送金する手段はおススメです。

QRコードで払う

f:id:rick1208:20200916155313p:plain
pringでお金を個人間送金する手段として「QRコードで支払う」方法はとてもおススメです。お店での支払い時に使用する時と同じ感覚で、個人間送金でもQRコード決済を行う使用方法で送金することが可能です。

直接QRコードを相手に読み取ってもらって送金することが可能なためLINE Payのように最初に友だち登録をしなくてもスピーディーに送金可能です。ピッとQRコードをスキャンし送金可能なならとても楽ですよね。では「QRコードで支払う」方法を解説します。

送金金額を決める

f:id:rick1208:20200916155320p:plain
QRコードで送金する場合は、まず送金金額を決めるとその金額を記入しましょう。

QRコードを表示

f:id:rick1208:20200916155325p:plain
そして「QRでおくる」を選択すると画面にQRコードが表示されますので、表示されたQRコードを送金したい相手に見せることで送金することが可能です。

相手に読み取ってもらう

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
表示されたQRコードの有効期限は60秒ですので、目の前に送金相手がいる時に金額を決めるとすぐに記入して相手に読み取って貰いましょう。pringを使用していない人がこのQRコードを読み込んだ場合は、登録画面に移行します。

QRコードを使用すれば直接対面してその場で送金可能なので、とてもスムーズに行えると思います。QRコード決済をしても手数料はかかりませんし、相手に知られるのはpringに登録しているニックネームのみなので、個人情報も渡す必要もなく安心です。

pringのお金をもらう機能の使用方法

f:id:rick1208:20200915162053p:plain
pringには「お金をもらう機能」もあります。pringでお金をもらう機能には、相手が送金の手続きをする方法と、受け取る側(自分自身)が相手にリクエストする方法の二種類があります。

要するにお金をもらう機能には「ただ受け取るだけ」か「リクエストし自分自身から請求する」という手段があります。お金をもらう機能を使用する場合も手数料はかかりません。

相手が送金手続きする場合はとても簡単

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
pringのお金をもらう機能には相手が送金の手続きをする方法と相手にリクエストする方法の二種類ありますが、お金をもらう相手が金額を指定して、自分自身は「受け取るだけ」の場合はとても簡単です。

ただ受け取るだけの方法は、まずホーム画面の「お金をもらう」を押しましょう。pringアプリのホーム画面の上部に送金した相手と未読バッジが表示されますのでそちらを選びます。

「受取可能」と書かれた取引を選びて受け取ることで、pringの残高に送金額が追加され受け取ることが可能です。

請求手段の種類を選択

f:id:rick1208:20200916155410p:plain

次に自分自身で決めると金額を指定して相手にリクエストする方法を解説します。まずpringアプリで「お金をもらう」を選びます。もらう相手を選択する画面になるので、お金をもらう相手を押しましょう。そして請求する手段を選びましょう。

お金をもらう機能はお金をおくる手段と同様に電話番号やSMS送信、LINE送信、QRコードなどの種類があります。QRコードには「リクエスト機能」がありますので便利な手段を選びましょう。

請求金額を決める

f:id:rick1208:20200916155525p:plain
お金をもらう機能では「お金をおくる」方法と同様に、請求金額を決めると金額を記入しましょう。

請求をリクエストする

f:id:rick1208:20200916155531p:plain
請求する金額を記入して「リクエスト」を押しましょう。お金をもらう機能は「送る」機能と同様にSMSやLINE送信、QRコードなどの手段で相手にリクエストが送信されます。相手側がそのリクエストを承諾してくれることで金額を受け取ることが可能です。

しかし相手側がリクエストを拒否すればお金が送られてくることはありません。QRコードの場合は相手にスキャンしてもらう以外にも相手のQRコードをスキャンすることでお金を受け取ることも可能なので使い分けが可能です。

請求をリクエストしてお金をもらう機能の使用方法

pringのお金をもらう機能の使用方法として、例えば飲み会で支払う時に建て替えた時、代わりに払った金額をリクエストとして請求しておくとpring上に残るので支払いトラブルの回避が可能です。

またイベントやワークショップなどの場合、参加者に電話番号やSMS、LINEで参加費用を同時にリクエストしておくことが可能です。そうすれば誰が支払ったかが履歴に残るのでとても助かると思います。

pringでお金を出金する方法

f:id:rick1208:20200916155549p:plain
他の決済&送金サービスではチャージしたお金を出金できなかったり、出金するときに手数料を取られたりすることが多いです。実ときにPayPayは1回チャージしたお金は出金できず、LINEPayの場合は出金できても手数料が1回216円かかります。

そんな中pringはお金をかけずに出金が可能な点が大きなメリットです。pringの出金方法は二種類あり、1つは銀行口座に出金する方法でもう1つはセブンのATMで出金する方法があります。

銀行口座に出金する方法

f:id:rick1208:20200916155616p:plain
pringで受け取ったお金や残高は銀行口座に無料で出金することが可能ですが、提携している銀行にしか出金できない点は注意が必要です。

銀行口座に出金するには、pringアプリで銀行口座を指定し銀行口座に戻したい金額を記入して「口座に戻す」を押しましょう。口座情報の右上に手数料0円と記載があることをチェックしておいてください。

出金処理が終了すれば振込先の口座にお金が振り込まれるのを待つだけです。出金処理をした時間によって着金時間が異なります。銀行営業日11時まで申し込むと同日15時までに振込され、銀行営業日11時以降の申し込みの場合は翌日15時までに振込されます。

pringが対応している銀行

pringが対応している銀行の種類は以下の通りとなっています。

みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
イオン銀行
埼玉りそな銀行
福岡銀行
西日本シティ銀行
愛媛銀行
関西みらい銀行(※旧関西アーバン銀行の方を除く)
北九州銀行
熊本銀行
京葉銀行
四国銀行
七十七銀行
親和銀行
筑波銀行
東邦銀行
百十四銀行
北洋銀行
宮崎銀行
群馬銀行
広島銀行
愛知銀行
伊予銀行
武蔵野銀行
千葉銀行

pringには銀行口座を複数登録可能です。例えば勤め先の給与受け取りがりそな銀行で貯蓄や資産運用に楽天銀行、クレジットカード支払い用にみずほ銀行と、3種類の銀行口座を利用しているとします。

これらの銀行は全部pringに対応しているので、3口座間の資金移動は手数料を気にすることなくpringに統合可能です。給料がりそな銀行に振り込まれたらりそな銀行からpringに一旦チャージして、みずほ銀行にクレジットカード支払い額を入金可能です。

pringに提携されている銀行口座を所持しているのであれば、いちいちそれぞれの銀行のATMに出向く必要なくpringを使用してお金の移動をすることが可能なと思います。

セブン銀行ATMで出金する方法

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
pringは1日1回まで手数料無料でセブン銀行ATMでお金を引き出すことが可能です。また、登録した銀行口座からpringへの即時出金(24時間365日OKで手数料無料)にも対応しています。2回目以降は216円の手数料がかかります。

要するに銀行口座からpring、そしてセブン銀行ATMという流れで、手数料無料で銀行口座から現金を出金することが可能です。残高を直接現金化が可能なのはセブン銀行ATMだけです。

最近は銀行によってはコンビニのATMで現金を引き出す時に手数料がかかる銀行が多くなっています。手数料は勿体無いのでぜひpringを使用したいですね。ではpringを利用してセブン銀行ATMから手数料無料で現金を引き出方法を解説します。

pringアプリで出金指示

f:id:rick1208:20200916155653p:plain
pring上に残高がないと引き出せませんので、手順としてはセブン銀行ATMへ行く前にpring残高をチャージしておきましょう。銀行口座からpringへのチャージは、メンテナンスなど特殊なことをやっていない限り、24時間365日無料で即入金可能です。

pringアプリを起動し「お金をおろす」を押し「セブン銀行のATMで現金受け取り」を選びましょう。右上に「手数料0円」と表示されていることをチェックしておきましょう。
f:id:rick1208:20200916155721p:plain
出金する金額記入し「現金受取」を押しましょう。この状態でセブン銀行のATMに向かいましょう。記載してある受取期限までにお金をおろさなかった場合は、pringアカウントに自動でお金が戻るので問題ありません。

セブン銀行のATMを操作

セブン銀行のATMに行き、右上に表示されている「カードを使わない番号記入での取引」を押します。最初に提携先コードを記入しますが、pringの提携先コードは「0073」です。画面の指示に従って進み「お客様番号」を記入しましょう。

「お客様番号」は自分自身がpringアカウントに登録している電話番号です。記入時に「0901-2345-678」のような表示になりますが、問題ありません。最後にチェック番号を記入します。

「チェック番号」とは出金のメッセージ内に表示されている数字4ケタの番号です。ATM上に「pringアカウントからの出金」と指示した金額が表示されていればOKです。あとはいつものように現金がATMから出てきます。
f:id:rick1208:20200916155741p:plain
お金を受け取ると、スマホにpringアプリから通知が届き「受取が終了しました」とメッセージが届きます。pringを使えば、銀行のキャッシュカードが不要で手数料無料でセブン銀行のATMで現金を引き出すことが可能です。

以下の動画でセブン銀行ATMで出金する方法の手順が解説されていますのでぜひ参考にしてください。