漫画の地球儀

iCloudのストレージの購入方法!【月額料金、支払い方法、メリット、iPhone、iTunesカード】

スポンサーリンク

iCloudストレージ容量を増やす、追加するメリット

f:id:rick1208:20200916125417p:plain
iCloudには初期のストレージ容量が決まっています。無料で使える容量は5GBまでで、それ以降は有料です。では、iCloudストレージ容量を増やすメリットの解説をしていきます。

iPhoneの機種変更が簡単になる

f:id:rick1208:20200916125431p:plain
iCloudストレージを増やするメリットの1つ目は、普段から自動でバックアップを作っておくことで機種変更時の手間を省くことが可能です。

データ移行する場合は、iTunesiCloudにバックアップを作成します。iCloudのみ自動でバックアップを作成可能なので、普段から自動作成設定をしておけば機種変更のタイミングでバタバタしなくてもすみます。

Apple製品と同じデータを共有可能

f:id:rick1208:20200916005343p:plain

2つ目のメリットとして、他のApple製品と同じデータを共有可能な点です。MaciPadなどでも写真や動画など色々なデータを共有することが可能です。

iCloudiCloud Driveというオンラインストレージの機能も兼ね備えているので、iCloud Driveで保存をして他のApple製品とのデータ共有がとても簡単に行えます。

iPhoneが壊れても安心

f:id:rick1208:20200916125655p:plain
3つ目のメリットとして、iPhoneが万が一壊れて動かなくなっても自動バックアップが作成できていれば同様な状況に戻せることです。

iPhoneのデータの中で、写真や動画が多い場合は特にiCloudストレージの購入をして増やしておくことで、iCloudに写真を保存しておくことが可能です。

家族で容量を共有可能

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
4つ目のメリットとして、大きな容量になると家族で容量を共有可能な点です。Appleにはファミリー共有という機能があり、iCloudストレージの追加購入分もファミリー共有で買った容量を共有することが可能です。

iCloudストレージ容量の月額費用

f:id:rick1208:20200916125719p:plain

では、iCloudストレージを購入して増やす場合の月額費用の解説をしていきます。それぞれの使用方法で適切なプランを設定すれば無駄なく使用することが可能です。

ストレージプランを変更するときの費用一覧

iCloudストレージの費用プランは以下の通りです。現状は4つの容量を選択することが可能ですiPhoneのストレージによって契約するプランを変更するとより無駄なく使うことが可能です。

容量 月額費用 補足
5GB 無料 AppleID作成で無料提供
50GB ¥130
200GB ¥400 ファミリー共有可
2TB ¥1,200 ファミリー共有可

iCloudストレージ容量を購入するときの支払い方法

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
では、iCloudストレージ容量を追加購入する場合の支払い方法の解説をしていきます。Appleでの支払い方法は決まっています。アプリやアプリ内課金をする場合はと同じ支払い方法です。

キャリア決済

f:id:rick1208:20200916131544p:plain
iCloudストレージを追加購入する場合の支払い方法の1つ目はキャリア決済です。キャリア決済というは携帯電話会社のサービスの一つで、月々の電話費用の引き落としと同時に支払う方法です。

キャリア決済は格安simのキャリアでは使えないことがあります。さらに、支払い上限も設定されているので、その場合は下で解説するiTunesカードでの支払いが必要になることがあります。

キャリア決済のメリットは、サービスを提供している会社がキャリア決済を使える場合は、iTunesカードの購入やクレジットカードがなくても使用可能な点です。

クレジットカード

f:id:rick1208:20200916131629p:plain
支払い方法の2つ目は、クレジットカードです。クレジットカードの場合も上限金額に達した場合は、iCloudストレージを維持するのでに追加での支払いが必要です。

クレジットカードのメリットは、クレジットカード自体にコツ還元などが付いていることがあります。アプリ内課金などもされる場合は、クレジットカードを登録しておけばそのクレカからアプリ内課金も行うことが可能です。

iTunesカード

f:id:rick1208:20200916131637p:plain


3つ目の支払い方法は、iTunesカードです。長くiPhoneを使用している方には一番馴染みのある支払い方法です。コンビニや家電量販店などで販売をしているプリペイドカードです。

iTunesカードのメリットは、買った分以上は使用できない点です。親御さんが子供に持たせているiPhoneでキャリア決済やクレカを登録してしまうと、知らないうちにアプリ内課金をして問題になることがあります。

iTunesカードなら最低¥1,500〜の購入にはなりますが、入れた分でしか使用可能でせん。50GBのiCloudストレージの購入なら、¥1,500で1年間は使用することが可能です。

iCloudストレージ容量を購入する方法


では、iCloudストレージ容量を追加で購入する手順の解説をしていきます。iCloudストレージの追加購入の手順はとてもシンプルです。

ただ、支払い方法の設定が先に必要なので、支払い方法を設定してから購入するようにしましょう。

容量を追加購入する手順


f:id:rick1208:20200915162053p:plain
では、iCloudストレージを追加購入する手順です。まず最初は設定アプリを開きます。
f:id:rick1208:20200916131945p:plain
設定を開いたら、一番上の名前を押します。
f:id:rick1208:20200916132500p:plain
次にiCloudを押します。

次は、ストレージを管理を押します。
f:id:rick1208:20200916132517p:plain
次は、ストレージプランを変更を押します。
f:id:rick1208:20200916132531p:plain
ストレージプランの一覧が表示されるので、買ったいプランを押します。
f:id:rick1208:20200916132731p:plain
最後に右上の購入するを押すとiCloudストレージ購入が終了します。iCloudストレージの購入の手順は以上です。
f:id:rick1208:20200916132740p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
iCloudストレージの有料プランを契約していると容量が大きくても自動でバックアップを作成することができ、機種変更や万が一iPhoneが壊れた時の対策を可能です。

この記事を参考にiCloudストレージの追加購入を検討してみてください。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。