漫画の地球儀

フィットネスアプリ「Google Fit」の『ハートポイント』の貯め方!【Android、iPhone、スマホ】

スポンサーリンク

Google Fit

f:id:rick1208:20200916184843p:plain
健康や運動に気を遣う人は健康管理アプリを使用したことがある人も多いかもしれません。AndroidiPhoneなどのスマホでも色々な健康管理アプリやフィットネスアプリがあります。

数ある中の健康管理アプリの一つであるGoogle Fitをご解説します。Google Fitアプリとは、インターネットなどでもよく目にするGoogleが提供しています。
f:id:rick1208:20200916184856p:plain
2014年に開発されたGoogle Fitは、元々はAndroid版しかありませんでした。Android版は、Google Playからダウンロード可能です。
f:id:rick1208:20200916184907p:plain
2018年8月にアメリカ心臓協会世界保健機関が協力した大型アップデートが行われ、更にiPhoneユーザーでも使えるようになりました。iPhone版は、App Storeからダウンロード可能です。

運動や健康の記録を管理するアプリ

f:id:rick1208:20200916185218p:plain
Google Fitアプリは、アメリカ心臓協会世界保健機関が協力して大型アップデートを行ってからAndroid版だけだったのがiPhoneでもGoogle Fitアプリを使用することが出来るようになりました。

健康管理だけではなく運動管理も同時に可能なGoogle Fitは、スマートウォッチなどと連携させることが出来ます。

AndroidiPhoneのデバイスで一日の運動した量を目でチェックすることが出来るようになっています。設定もとても簡単なのでいつでも気軽に連携して記録を取ることが出来ます。

Google Fitの「ハートポイント」

f:id:rick1208:20200916185226p:plain
Google Fitアプリのハートポイントとは、Google Fitアプリの独自のシステムになっています。Google Fitアプリに搭載されている通常の運動モードの時には、通学や通勤・家事などの普段の生活の中のすべての動作が記録されます。

そしてもう一つの強めの運動というのがハートポイントのことで、通常の運動とは異なるカテゴリの運動をした時に計測されるようになっています。

健康維持の目標値に沿う運動をするのでの機能

f:id:rick1208:20200916141243p:plain
アメリカ心臓協会世界保健機関は、心臓病のリスクの低減のために普段から体を動かすことをすすめています。

アメリカ心臓協会のおススメする運動量に設定されている

f:id:rick1208:20200916122802p:plain
アメリカ心臓協会は、毎週150分以上の通常の運動かもしくは強めの運動を75分以上行うことをおススメしています。

Google Fitアプリでは、このガイドラインに沿って運動が出来るように運動量の記録を強めの運動と通常の運動の2種類に分けられています。

通常の運動と強めの運動の違い

f:id:rick1208:20200916005343p:plain

通常の運動と強めの運動の違いとはいったいどういったものなのかご解説します。

通常の運動

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
健康のために体を動かすということは、些細な事でも通常の運動になります。例えば、散歩やヨガ・普段の生活の中でする家事なども通常の運動に入ります。

しかしGoogle Fitアプリで記録する通常の運動には目安があり、散歩でも毎分30歩以上の運動をGoogle Fitアプリは記録するようになっています。

Google Fitアプリの初期値は60分になっていますが、自分自身で変更が出来るので30分などに変更しても構いません。そして記録を続けていくうちに自動的に調整されていくようです。

強めの運動

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
強めの運動とは、世界保健機関が定めている心拍数が上がる運動の事を指します。心拍数が上がるというのは、1分間に100歩以上の早歩きなどの事です。

これを1週間のうちに150分以上かランニングやエアロビクスなどの早歩きよりも激しい運動を75分以上する必要があります。この強めの運動をしたことが一目でわかるようにGoogle Fitアプリは、ハートポイントを導入したようです。

Google Fit「ハートポイント」の特徴

f:id:rick1208:20200915162053p:plain
Google Fitアプリの特徴とは、アメリカ心臓協会世界保健機関が健康の為に示している目標値が設定されています。

運動時間とハートポイントの2つの管理機能で、健康管理と運動管理をすることで健康増進を目的にGoogle Fitアプリは使用されています。

主な特徴

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
では、Google Fitアプリの主な特徴とは何かご説明していきます。

Google Fitアプリでは、設定した目標値の達成や進捗状況を一目でチェック可能なようにウィジェット機能が付いています。

移動した歩数や距離のカウント・カロリーの消費率などが円グラフで表示されているので、目標値に達成するまでにも今自分自身自身でどのくらいの運動をしているのかを見てチェックすることが出来ます。

Google Fitアプリは、今までに運動したり活動をしたデータをタイムライン形式で見ることが出来るようになっています。過去のデータを見るには、Google Fitアプリのメイン画面に下中央のノートのようなマークを押します。
f:id:rick1208:20200916192933p:plain
ノートのようなマークを押すと、日誌が出てきて今までに記録されたものが見れるようになります。そして、この画面の右下の+マークを押すと、日ごろの運動量の記録や体重管理・健康管理などが記入可能なようになっています。

毎日の運動などをGoogle Fitアプリで記録していくと次からの運動のプランが立てやすくなります。

外部アプリと連携して記録の管理が可能

f:id:rick1208:20200915121418p:plain
Google Fitアプリは外部アプリとの連携も出来るようになっています。iPhone専用のWear OS by GoogleアプリやAndroidではAndroidスマートフォンセンサーとの連携も可能です。

外部アプリとの連携をすることでウォーキングやランニング・サイクリングなどの運動データが心拍数を元にGoogle Fitアプリで保存されるようになっています。そして移動したルートや距離までもがGoogle Fitアプリに連携されるのも特徴の一つです。

Googleアカウントで管理するので同期しやすい

f:id:rick1208:20200915102056p:plain
Google Fitアプリとは、Googleが提供しているアプリなのでログインするのにGoogleのアカウントが必要になってきます。

Google Fitアプリで記録された健康管理や運動の管理データなどは、Googleのアカウントで一括管理される仕組みになっています。Googleアカウントを所持していない人は、アカウントを作成する必要があります。簡単にアカウントの作成のやり方をご解説します。
f:id:rick1208:20200916195243p:plain
アカウントの作成は、iPhoneAndroid端末でも可能です。ここではパソコンを使ったアカウントの作成のやり方をご解説します。Googleを開き右上にあるログインを押します。
f:id:rick1208:20200916195251p:plain
Googleのログインをクリックすると、ログイン画面が表示されます。画面の左下にあるアカウントの作成を押します。
f:id:rick1208:20200916195300p:plain
アカウントの作成をクリックすると、名前やGmailアドレス・パスワードを記入する画面になるので情報を記入して次へを押します。次へをクリックすると2段階認証の設定が表示されるので後は画面に従ってアカウントを作って終了させます。

Googleアカウントは無料で簡単に作ることができ、色々なアプリなどでも使えるので作っておいても損はないです。

事前設定

f:id:rick1208:20200914175343p:plain
Googleのアカウントを登録しておくと、Google Fitアプリを開いたときにGoogleのアカウントでログインすることが出来ます。Google Fitを起動した後の事前設定のやり方をご解説をします。

事前設定のやり方

f:id:rick1208:20200914175317p:plain
Google Fitアプリの基本情報の設定から運動量のチェックのやり方などご解説します。

基本情報を登録する方法

Google Fitアプリを起動して右下にある人型のマークを押します。この人型のマークはプロフィールのマークになっています。
f:id:rick1208:20200916195348p:plain
プロフィール画面を開くと、アクティビティの目標値が出てきます。初期値では、毎日通常の運動が60分・強めの運動がアメリカ心臓協会がおススメしている10コツに設定されています。毎日の自分自身自身の運動量に合わせて目標値を変更することが出来ます。
f:id:rick1208:20200916195355p:plain
アクティビティ目標の下の基本情報を設定します。基本情報の項目は、性別・生年月日・体重・身長を記入して設定するようになっています。体重は記入しておくことをおススメします。間違っても後から変更することも可能です。

1日の歩いた歩数や時間をチェックする方法

1日に歩いた時間や歩数をチェックしたいときには、Google Fitのメイン画面の円グラフでチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200916200030p:plain
Google Fitのメイン画面を下方向にスクロールすると、棒グラフで運動データが表示されているので棒グラフでのチェックも簡単に出来るようになっています。

過去データをGoogle Fitに記録する方法

Google Fitを始める前にしていた運動も登録可能なようになっています。Google Fitのメイン画面を開きプロフィールマークの上にある+を押します。
f:id:rick1208:20200916202343p:plain

  1. を押すと、3つの項目が表示されます。この項目のアクティビティを追加を押します。

f:id:rick1208:20200916212906p:plain
過去のアクティビティを追加する画面では、アクティビティのタイプまで選択することが出来ます。

アクティビティ期間を記入すると時間と選びたアクティビティのタイプをGoogle Fitが記録して自動的に運動量のデータを算出する仕組みになっています。すべての記録が出来たら右上の保存を押して終了です。

Google Fitで体重の管理をする方法

Google Fitでは毎日の体重の変化を記録することが出来ます。プロフィール設定で体重の記入をおススメしたのはこのためです。Google Fitを開きメイン画面のプロフィールマークの上の+を押します。
f:id:rick1208:20200916213738p:plain
3項目あるうちの真ん中の体重の追加を押します。
f:id:rick1208:20200916213753p:plain
体重の追加を押すと、体重・日付・時間を記入する画面になるので毎日ここで記入して記録をして行きます。

記録したら右上の保存を押して終了です。プロフィール画面でGoogle Fitを始めた時の体重をちゃんとと記入しておくと変化が比較可能なのでおススメです。

計測

f:id:rick1208:20200914154720p:plain
Google Fitでハートポイントを獲得するにはどうしたらいいのかをご解説します。

「ハートポイント」で計測していること

f:id:rick1208:20200914050438p:plain
Google Fitでハートポイントの強めの運動で計測しているものは、ランニングなどの運動をおススメしています。

ウォーキングは、強めの運動にはならないのでハートポイントは獲得可能でせん。早歩き以上の動作をする運動をすることで、ハートポイントが獲得可能な仕組みになっています。

運動量の計測方法

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
運動量の計測方法は、使用しているデバイスによって違ってきます。Google Fitは、スマホの心拍数モニターやセンサーなどを使用して計測をしています。

所持しているデバイスに心拍数モニターやセンサーが付いていない場合でも、どのようなタイプの運動をしているのか認識されるようになっています。

変換

f:id:rick1208:20200913182409p:plain
ハートポイントに変換するにはどうしたらいいのかご解説します。

運動をコツに変換するやり方

f:id:rick1208:20200913172556p:plain
Google Fitは、METs(運動の消費カロリー)で運動量をハートポイントに変換しています。激しい運動をするとボーナスポイントがもらえます。

1分間に3、0~5、9METsの運動をするとハートポイントは、1ポイントもらえます。更に1分間に6、0METs以上の運動をすることで2ポイント獲得することが出来るようになっています。
おススメの運動時間とは?

アメリカ心臓協会がおススメしている目標の運動量は、150分間となっています。1分間に1ポイント獲得可能なので、週5日間で1日に付き30分運動をすれば、アメリカ心臓協会がおススメしている150分間の運動が出来ます。

アメリカ心臓協会がおススメしている150分間の目標とは、心臓病のリスクを下げる・睡眠改善などの効果などが見込めるということでおススメしているようです。

目標値の変更

f:id:rick1208:20200911210653p:plain
ハートポイントの目標値は、変更することも出来ます。初期値のままでは目標値が低い・高いという人はここで変更してみて下さい。

「ハートポイント」の目標値の変更やり方

f:id:rick1208:20200917034930p:plain
Google Fitをダウンロードやアップデートすると、ハートポイントの1日の初期値が10コツに設定されています。この数値のままだとアメリカ心臓協会がおススメしている基準の運動時間を満たすことが出来ません。

しかし毎日の長時間の運動が難しい人は、初期値のままで始めるのもいいかもしれません。自分自身に合ったペースに変更するといいです。

f:id:rick1208:20200917034954p:plain
目標値を変更するには、Google Fitのプロフィール画面を開きます。プロフィール画面を開くとアクティビティの目標の通常の運動の下にあるハートポイントを押します。

アメリカ心臓協会がおススメしている150ポイントの運動をしたい場合は、1日の目標値を22ポイントに設定するといいです。

時間や体力に余裕があれば目標値を高めに設定して、自信がなければ低めに設定して無理のないように運動をして下さい。Google Fitに慣れてきたら目標値をちょっとずつ上げて行くといいです。

アプリ連携

f:id:rick1208:20200911191400p:plain

Google Fitは、他のフィットネスアプリやウィジェット機能と連携をすることが出来ます。Google Fit以外のフィットネスアプリとの接続の方法は、アプリによっても変わってきます。一般的な連携の方法をご説明していきます。

Google Fitと連携可能なアプリ

f:id:rick1208:20200917035146p:plain
Google Fitと連携可能なフィットネスアプリは、今では40種類以上になっています。

外部アプリとの連携やり方

f:id:rick1208:20200911105643p:plain

他のアプリとGoogle Fitを連携をすることで、運動したデータが1つのアプリでチェックすることが可能になります。Google Fitを共有するには、他のフィットネスアプリにGoogle Fitを接続する必要があります。

Google Fitと接続したいアプリを開き接続するのでの設定を探します。一般的には、Link other servicesやapps & devices・manage connectionsなどの項目となっています。

設定の仕人は、アプリによっても異なるのでアプリの手中でGoogle Fitにリンクしてください。

接続済みのアプリを消去する方法

f:id:rick1208:20200911094108p:plain
Google Fitと接続したアプリを消去したいときには、Google Fitのプロフィール画面を開き右上の設定マークを押します。
f:id:rick1208:20200917035446p:plain
プロフィール画面の右上の設定を押して、Google Fitデータという項目の接続済みのアプリを選びて押します。この中に接続したアプリがあるので、アプリを選びて消去します。

Google Fitの履歴を消去する方法

f:id:rick1208:20200917035507p:plain
他のアプリと連携したことで保存してある履歴を消去する場合は、プロフィール画面の設定を押して開きGoogle Fitデータの項目からデータを消去を選んで押すと履歴が消去可能です。

ウェアラブル端末連携

f:id:rick1208:20200911094057p:plain
Google Fitは、スマートウォッチなどのウェアラブル端末との連携も可能です。ウェアラブル端末はどういうものなのかや連携のやり方を簡単にご解説します。

ウェアラブル端末

f:id:rick1208:20200911084440p:plain
ウェアラブル端末は、ノートパソコンやスマホのように端末を携帯するものではなくスマートウォッチなどの身に着けるタイプの端末となっています。

一般的には、Apple WatchAndroidスマートウォッチが有名になっています。端末を身に着けているだけで体の動きや心拍数なども細かく計測してくれます。

1回身に着けたら使う時の操作や持ち直しもする必要がないのが特徴になっています。最新で安心安全で簡単に使える機器として注目されています。

ウェアラブル端末との連携やり方

f:id:rick1208:20200911075528p:plain
Google Fitをウェアラブル端末とスマホで使う時には、デバイス間での情報の共有がされます。

移動した距離や、消費したカロリー・ワークアウトをリアルタイムで記録してくれる機能もあります。今の健康状態やフィットネスに関する情報も最新のものを得ることが出来ます。

バイスの接続のやり方も簡単です。ウェアラブル端末とスマホで同じgoogleのアカウントでログインをします。たったこれだけで、Google Fitのデータを共有することが出来ます。

2つの端末が離れた場所にあっても、次に近づいた時に自動的にデータの同期がされるので同期する手間もかかりません。

まとめ

f:id:rick1208:20200911075505p:plain
使用方法も簡単でウェアラブル端末との連携も出来るので使用しやすいフィットネスアプリです。

アメリカ心臓協会がおススメしている150分間の運動時間も目安にして、健康な体作りをしてみてはいかがと思いますか。