漫画の地球儀

『iCloud』のサインアウト方法!【Mac、iPhone、サインアウトできない原因、対処法】

スポンサーリンク

iCloud

f:id:rick1208:20200916125431p:plain
まず最初は、iCloudについて解説をしていきます。MaciPhoneの利用者なら1回くらいは聞いたことはある名前かとは思いますが、ちょっと具体的に解説をしていきます。

Appleが提供しているクラウドサービス

f:id:rick1208:20200916125417p:plain
iCloudとは、Appleが提供してるクラウドサービスのことを指します。オンラインストレージとしても使うことが可能な機能で、多くの場合はMaciPhoneのバックアップの作成に使用します。

iCloudを使用するにはApple IDが必須になり、Apple IDを取得した瞬間から同時にiCloudを使用することが可能です。

iCloudの特徴

f:id:rick1208:20200916122802p:plain
iCloudの特徴は3つあり、デバイスを探す・iCloudストレージ・iCloudフォトライブラリの3つです。

iCloudストレージ

f:id:rick1208:20200916133613p:plain
iCloudストレージとは、オンライン上で使用可能なストレージで、デバイスのストレージ以外にデータを保存することが可能です。無料で5GB、50GBだと¥130、月、200GBだと¥400、月、2TBだと¥1,300、月で契約可能です。

基本は無料で必要に応じて契約プランを変更することが可能です。例えば、MaciPhoneを買い換えた時期に一時的にのみ契約することも可能です。

iCloudフォトライブラリ

f:id:rick1208:20200916133813p:plain
iCloudフォトライブラリとは、iPhoneで撮った写真を、同じApple IDでサインインしているMaciPadにも同じ写真を共有するので機能です。写真に特化した保存場所だと考えるとわかりやすいと思います。

バイスを探す

f:id:rick1208:20200916133848p:plain
iCloudの最大の特徴として、デバイスを探す機能があります。Macを外で使用して忘れてきた場合や、iPhoneAirPodsの紛失の場合にも、探し出せる可能性があります。

探し出す為の機能に合わせて、勝手に他人がデータを消去できないようにする為のアクティベーションロックも兼ねています。

MacでのiCloudサインアウト手順

f:id:rick1208:20200916005343p:plain
では、MaciCloudからサインアウトをする手順について解説をしていきます。iCloudの特徴の解説しましたが、デバイスを探す為の機能を兼ねている為、Macであっても無意味にiCloudからサインアウトすることは控えましょう。

手順

f:id:rick1208:20200916005316p:plain
大まかな手順から解説をしていきます。システム環境設定からiCloudを開き、サインインアウトをクリックするとApple IDのパスワード記入を求められるので、パスワードを記入するとMaciCloudからサインアウトをすることが可能です。

ここからは、MaciCloudからサインアウトする手順を詳しく解説をしていきます。画像見ながら手順に剃って進めていただければMaciCloudからサインアウトをすることが可能です。

まず最初はシステム環境設定を開くために、メニューバーからアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200916134720p:plain
アイコンを押したら、システム環境設定を押します。
f:id:rick1208:20200916134728p:plain
システム環境設定が開いたら、アプリのアイコンが表示されるので、iCloudを押します。
f:id:rick1208:20200916134736p:plain
システム環境設定のiCloudをクリックすると、iCloudの設定画面が表示されます。iCloudにサインインされていれば、設定画面の左側にはiCloudに設定してるアイコンや自分自身の名前、Apple IDとして設定しているメールアドレスが表示されています。

設定画面の右側には、iCloud Driveや写真、メール、カレンダーなど、Appleの純正のアプリのアイコンやチャックボックスが表示されます。

もし設定画面にそのような表示がなければiCloudにはサインインされていないので、ここからの解説は必要ありません。
f:id:rick1208:20200916135221p:plain
iCloudの設定画面の左側一番下に、サインアウトのボタンがあるのでクリックをします。
f:id:rick1208:20200916135235p:plain
サインアウトをクリックすると、iCloud上にあるデータのコピーをMacに残すかどうか選択することが可能です。iCloudに保存されているデータはMacで同期をされているので見ることは可能ですが、データの大元はiCloud上に存在します。

Macに残すを選択すれば、Mac内にデータのコピーが作成されます。残さない場合は、iCloudにあるデータが必要になった場合は、Web上からiCloudにアクセスをするか、再度iCloudにサインインが必要になります。

ここではコピーを残すで進めるため、コピーを残すを押します。
f:id:rick1208:20200916135243p:plain
コピーを残すをクリックすると、MacでApplePayのカードを登録をしている場合は、Macからカード情報を消去する注意書きが表示されます。

AppkePayに再登録する場合は、Macへカードを再登録する必要がありますが、iCloudからサインアウトをするのでには、消去が必要なので、サインアウトしてカードを消去で進めます。
f:id:rick1208:20200916135253p:plain
MaciCloud上のデータを残すを選択すると、データのアップロードが開始されます。
f:id:rick1208:20200916135536p:plain
iCloud Driveのアップデートが終了したら、iCloudキーチェーンの設定を残すかの設定に移動します。Webページのログイン情報などを残したい場合は、Macに残すで進めます。
f:id:rick1208:20200916135544p:plain
終了後にデバイスを探す、今回の場合だとMacを探すをオフにするのでに、Apple IDのパスワードの記入が必須です。

パスワードを記入したら、続けるをクリックするとMaciCloudからサインアウトをすることが可能です。
f:id:rick1208:20200916135941p:plain
サインアウトが終了すると、iCloudの設定画面に自動で戻ります。サインインされている状態とは違い、左側にiCloudのアイコンの表示、右側にApple IDを記入する欄が表示されます。

この設定画面が表示されていればMaciCloudからサインアウトされている状態です。MaciCloudからサインアウトする手順は以上です。
f:id:rick1208:20200916140352p:plain

iCloudのサインアウト気を付ける点

f:id:rick1208:20200915163551p:plain
では、MaciCloudからサインアウトするときの気を付ける点について解説をしていきます。Macに限らず、iPhoneなどのiOSバイスでも同じようなことが起こる可能性があるので気を付けて起きましょう。

データを残す場合はコピーを残すを選択

f:id:rick1208:20200916140414p:plain
iCloud上のデータのコピーをMacに残したい場合は、必ず残したいデータにチェックを入れ、データを残すようにしましょう。

上でもちょっと触れましたが、iCloudでサインインしていると、基本的にはApple純正のアプリのデータはiCloud上に保存がされ、iCloud上にある大元のデータを同期してMaciPhoneで見ている状態です。

コピーを残さないと同期が解除され今まで見れていたデータが消去されたように感じるますが、再同期をすれば元のようにデータを戻すことが可能です。

MaciCloudのサインアウトできない時の対処法

f:id:rick1208:20200915162053p:plain
では、MaciCloudからサインアウトできない時の対処法について解説をしていきます。

iCloudのアップデートをする

f:id:rick1208:20200916140435p:plain
iCloudからサインアウトができない場合の対処法として、MacOSのアップデートをしましょう。MacOSに不具合が起きている場合は、OSのアップデートをすることでサインアウト可能なようになることがあります。

MacOSをアップデートすることで、iCloudのシステムのアップデートも含まれています。iCloudのみのアップデートはないので、MacOSのアップデートで対応しましょう。

ただ、OSのアップデートには時間がかかり、バックアップの作成なども必要です。OSのアップデートは最後に行うようにしましょう。

MacOSのアップデートがあるかのチェック方法は、アイコンのシステム環境設定の下のAppStoreでチェックを可能です。

Apple IDのパスワードを正しく記入する

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
Apple IDのパスワードが違っていてiCloudからサインアウトができない場合があります。この場合の対処法は、Apple IDのパスワードをゆっくり正しく記入をすることです。Macのキーボード記入ミスもあるので、気をつけて記入をしてみましょう。

もしApple IDのパスワードがわからない場合はパスワードの変更をして対処しましょう。

Macの再起動をする

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
Apple IDのパスワードに問題がない場合、次にやってみる対処法はMacの再起動をします。Macの動作不良やWi-Fiとの接続不良でサインアウトできないことがあります。iCloudクラウドサービスなので、サインアウトする場合も必ず通信をします。

Macの動作とWi-Fiとの再接続の改善を含めてMacの再起動をしましょう。

Macを探すの設定をチェック

f:id:rick1208:20200915121418p:plain

iCloudからサインアウトする場合は、Macを探すをオフにする必要があります。最新MacOSなら、サインアウトの途中でMacを探すをオフにする手順が含まれていますが、バージョンによっては含まれていないことがあります。

対処法としては、iCloudの設定画面からMacを探すのチェックを外してからサインアウトをしてみましょう。

NVRAMのリセット

f:id:rick1208:20200916140523p:plain
NVRAMのリセットを行うことでiCloudからサインアウト可能なことがあります。MacにはNVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリ) というメモリがあり、NVRAMの中にMacを探すの設定情報が記憶されています。

NVRAMのリセット方法は、Macを起動すると同時に「command + option + P + R」を押します。Macがもう1回再起動するまでキーボードを押したまま待ち、起動したら離します。

NVRAMのリセットでMacを探すの設定情報がリセットされるので、リセットをしてからiCloudのサインアウトを試してみましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200915102056p:plain
iCloudAppleバイスを使う上でとても便利な機能です。特に複数台のAppleバイスの連動性は同じApple IDのみで難しい設定は必要ありません。

Macを手放す場合などにiCloudからのサインアウトが必要になるので、この記事を参考にiCloudからサインアウトしてみてください。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。