漫画の地球儀

『Kyash』をApple Payで利用するメリット!【デメリット、iPhone、android、カード】

スポンサーリンク

Kyash

f:id:rick1208:20200915160517p:plain
Kyashとは、聞いたことが無いと思いますか。スマートフォンひとつで誰でも簡単に、キャッシュレス決済をしたいと思った場合に使用して欲しいのが今回解説をする「Kyash」です。Kyashとは、どういったものなのかを徹底的に解説をしていきたいと思います。

Kyashとは、簡単に説明をしますとiPhoneで「Kyash Visaカード」が発行可能な決済アプリです。とはいえ、キャッシュレス決済をiPhoneで使ったことが無い。という人もいることと思います。Kyashの使い人は簡単で、誰でも使用することが可能です。

めんどうな本人チェック手続きが不要ですので、本人チェック書類で困っているひとでもKyashを使用することが可能です。それでは、KyashはApple Payに対応しているか?メリットとは、どういったものなのか?などを踏まえつつ説明して行きます。
Kyash (キャッシュ) いつものお買い物をスマートに

VISA加盟店で使用可能なプリペイドカードのこと

f:id:rick1208:20200915160611p:plain
Kyashについて、もうちょっと深堀していきます。、Kyashとは、誰でも簡単にVisaカードが発行可能です。詳しく説明をしますと、VISA加盟店で使用可能なプリペイドカードのことを言います。 Visaカードをこれから使おうとしているひとにおススメします。

Kyashの使用方法とは、あらかじめクレジットカード、コンビニ、ATMからチャージしておくことで、VISA加盟店で使用をすることが可能です。Kyashは、コツ還元率が高いので、お得で便利に使用したいと思っているひとは要注目してください。

Kyashさえ所持していればさまざまなお店で気軽に支払いが可能となりますので、これを機会にKyashはApple Payに対応しているか?やKyashの特徴や使用方法、気を付ける点などをちゃんと学んでください。それでは、つぎのステップでは特徴について説明していきます。

Kyashの特徴

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
Kyashの特徴を表にまとめると以下のようになります。

Kyash バーチャルカード アルカード
申込方法 アプリダウンロード アプリ内から申込み手続き
申請項目 電話番号とメールアドレスのみ 送り先の氏名、住所が必要
1回の使用限度額 3万円まで 5万円まで
キャッシュバック 2%還元 2%還元
個人間送金 可能 不可能
Apple Pay 非対応 非対応
Google Pay 対応 対応

主な特徴

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
Kyashの特徴とは、どういったものがあるのか説明をしていきたいと思います。Kyashの特徴は、アプリ内でVISAカードを作って決済したり、友達同士でお金を送金・割り勘したりするという機能があり、使用方法が可能です。

また、本人チェックなしでVISAカードが使えることが最大の特徴であると思われます。そしてなにより、Kyashは、2%キャッシュバックがあるVISAブランドプリペイドカードとなります。使用金額の2%がキャッシュバックされますので、お得に使えます。

そのような、Kyashのメリットである特徴から、Kyashの利用者満足度は95、4%といった驚異の数字を成し遂げており、多くのユーザーから愛されているキャッシュレス決済サービスとなっております。つぎのステップでは、カードの種類について説明をします。

バーチャルカード

f:id:rick1208:20200915102125p:plain
Kyashの使用方法を学ぶにあたって、Kyash VISAカードのリアルカードとKyashアプリに発行されるバーチャルカードの2種類が用意されておりますので、まず最初は理解しておいてください。Kyashのバーチャルカードとは、インターネットで決済するものです。

クレジットカードと同様な使用方法、「カード有効期限」「セキュリティコード」「カード番号」「カード名義」を記入するだけ。Amazon楽天市場、メルカリはもちろん、ライブのチケット購入や航空券まで幅広く支払いが可能なようになります。

ここで、使用方法について気を付ける点があります。その気を付ける点とは、Kyashで支払う場合は「KYASH MEMBER」というカード名義にする必要があります。この名義以外では、支払うことが可能でせんのでちゃんと覚えておいてください。

アルカード

f:id:rick1208:20200915102056p:plain
つづいては、Kyashのリアルカードです。リアルカードは、実ときの店舗で使えるカードとなっています。リアルカードは、VISA加盟店で使用可能です。クレジットカードが扱えるお店なら、基本的にVISAに対応をしてますので、安心して使用可能なと思います。

全国のチェーン店やデパート、コンビニ、レストランなどで使えますので、Kyashのリアルカードは日常を便利にしてくれるものとなると思います。ただし気を付ける点なのが、暗証番号の記入が必要な店舗の場合、直筆サインを要求されます。

Kyashは暗証番号の登録が一切ありませんので、サインになります。支払う場合は気をつけてください。

kyashのチャージはカードブランドが限られている

f:id:rick1208:20200914175343p:plain
Kyashをチャージする手段はコンビニ・銀行・クレジットカードの3種類あります。しかしkyashのチャージはカードブランドが限られていますので、注意をしてください。現在チャージ対応しているのはVISAとMasterCardの2ブランドです。

Kyashは、全部のクレジットカードでチャージ可能なわけではないという気を付ける点を頭に入れておいてください。

KyashをApple Payで使用するメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200914175317p:plain

KyashをApple Payで使用する場合のメリットとデメリットを説明して行きたいと思います。Kyashを実ときに使用してみて、良かったところと悪いところは必ず発生するのです。

それでは、KyashをApple Payで使用するときに受けるメリット・デメリットについて一つ一つ説明をしていきます。

メリット

f:id:rick1208:20200914154720p:plain
KyashをApple Payで使用するメリットは、Kyashの「リアルカード」を常に持ち歩くことで、外に現金を持ち歩く必要が無くなるというメリットがあります。荷物になりますし、万が一財布を無くす。ということを防止することも可能です。

つづいてのKyashをApple Payで使用するメリットは、使用金額の2%がキャッシュバックされるというコツです。リアルカードとバーチャルカードをちゃんと使い分けておけば、お得に金額の2%が自分自身自身の手元に戻ってくるというメリットがあります。

最後に解説をするメリットは、支払いをiPhoneで便利に管理可能なということや友達との割り勘が可能なというメリットがあります。チャージしたお金を管理でき、友人へのお金の送金や立て替え、割り勘などを手数料無料で行うことが可能なのです。

デメリット

f:id:rick1208:20200914050438p:plain
次には、KyashをApple Payで使用するデメリットについて詳しく説明をします。Kyashのデメリットのとして、「使用限度額が低い」というデメリットがあります。

1回あたりの使用限度額はリアルカードが3万円、バーチャルカードが5万円となっています。

ですから、高額な商品を購入することはできません。24時間あたりの使用限度額もバーチャルカードが3万円以下、リアルカードが5万円以下となっていますので、気を付けて使用して行かなければすぐに使用限度額を超えてしまいます。

KyashをApple Payで使用するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
ここから、KyashをApple Payで使用するときの気を付ける点について、重要なことを解説をしていきたいと思います。そもそも、KyashはApple Payに対応をしているのか?Kyashは何に対応をしているのか?など本質的なことについて、説明をしていきます。

現在Apple PayにKyashは非対応

f:id:rick1208:20200913182409p:plain
Apple PayにKyashは対応するというニュースや報告が発表されておりましたが、現在Apple PayにKyashは非対応です。もう1回重要な気を付ける点について、説明をしていきます。Apple PayにKyashは登録することは、一切できません。

今後Apple PayにKyashは対応するのか?

f:id:rick1208:20200913181149p:plain

個人間送金サービスのKyash(キャッシュ、東京・港)は年内をめどに、米アップルのスマートフォンiPhone」を使った決済サービス「アップルペイ」と連携する。という報告がありましたので、今後Apple PayにKyashは対応する可能性はあります。

しかし、いつ対応するかは不明瞭なため気長に待つようにしてください。

Google Payに対応したKyashもある

f:id:rick1208:20200913172556p:plain
KyashはすでにGoogle Payに対応しています。キャッシュレス決済アプリである「Google Pay」を使えば、チャージすることも支払いをすることも可能です。スマートフォンでKyashを使用したひとは、Androidスマホを使用してみるのも手です。

ポイント還元率の高いクレジットカードでKyashにチャージし、Google Payを使用すればポイントを二重取りすることが可能です。Google Payに対応したKyashを使用するときは、お得に使用してください。

KyashをApple Payでお得に使用する方法

f:id:rick1208:20200911210653p:plain

KyashをApple Payでお得に使用する方法があります。普段電車などに乗るときに、モバイルSuicaを使用していますか?モバイルSuicaを使用しているひとならばお得に使えるのです。それでは、お得に使用する方法を解説をしていきたいと思います。

|の獲得率を上げる使用方法

f:id:rick1208:20200911191400p:plain
お得に使用する方法は、|の獲得率を上げる使用方法をすることを意識していきます。モバイルSuicaにKyash登録してApple Payを使うことが可能なのです。

Kyashを直接Apple Payに登録して使用することは可能でせんが、モバイルSuicaにKyashを登録することで間接的にですが、Apple Payを使用することは可能です。

そのような手順を踏めば、Suicaの加盟店とKyashのVISA加盟店の両方を使うことができ便利性が広がります。モバイルSuicaにKyashを登録するようにしてください。

モバイルSuicaにKyashを登録

モバイルSuicaにKyashを登録します。iOSモバイルSuicaに登録していきます。モバイルSuicaアプリを起動し「チケット購入 Suica管理」を選びていきます。つづいて、「登録クレジットカード情報変更」を押していきます。

そうしましたら、Kyash Visaカードの情報を記入します。カード番号や有効期限などカード情報はKyashアプリでチェックをしてから記入をしてください。これでモバイルSuicaにKyashの登録が終了です。

間接的にチャージして使用

KyashでチャージしたモバイルSuicaApple Payに登録してApple Payの支払いをすることでキャッシュレス決済なはずなのに、ポイントを二重取り、三重取りすることが可能でした。

気を付ける点としては、当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバックされます。

まとめ

f:id:rick1208:20200911094108p:plain
気を付ける点ですが、現在Apple PayにKyashは対応をしておりません。モバイルSuicaにKyashを登録して使う。あるいはAndroidスマホで使用するか手段を取ってください。

それでは、この気を付ける点に気を付けてKyashを使用してください。