漫画の地球儀

『NFC』の使い方!【Android、iPhone、スマホ、NFCとFeliCaの違い、QRコード】

スポンサーリンク

NFC

f:id:rick1208:20200915134050p:plain
NFC」と聞いて思い浮かぶものは何でしょうか?

聞きなれない単語かもしれませんが、NFCは実は生活のあらゆる場面で使用している技術なのです。

そもそもNFCとは?

f:id:rick1208:20200915134111p:plain
NFCとは、「Near Field Communication」の略語です。Nearの英単語のとおり、15㎝程度の近距離のみで使用可能な無線通信の規格となっています。

短い距離でしか使用可能でせんが、そのぶん高速に通信可能なメリットもあります。

交通ICカードおサイフケータイに使用されたり、端末同士でファイルを共有したり、Bluetooth機器接続のスターターとして使用したりと、NFC技術を活用したサービスが広がってきています。

NFC基本や使用方法

f:id:rick1208:20200915102056p:plain

まず最初はNFCの基本機能と、Android端末・iPhone端末それぞれで使用する場合の使用方法を見ていきましょう。

NFCの基本は「かざして通信」です。

かざすだけで通信可能な機能

f:id:rick1208:20200914154720p:plain
NFC機能とは、カードやスマホをレジや改札のリーダーにかざして通信・決済する仕組みです。

現金を使用する場合と違い、カード1つをかざすだけで、電車に乗れ・ショッピングができ・食事の支払を済ませ、と決済を一括で行うことが可能です。

現在では、iPhoneを含め大半スマホNFC機能が搭載されています。ただし使用するのでには設定が必要です。

次よりスマホでのNFC機能の使用方法を見ていきましょう。

使用方法

f:id:rick1208:20200914050438p:plain
NFC機能はiPhoneでもAndroidにも搭載されています。

機種によっては使用できない端末もありますが、最新機種にはNFCが備わっている場合が大半です。

それぞれの端末でのNFC機能の使用方法を解説します。

iPhone

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
まず最初はiPhoneでの使用方法です。

iPhoneNFC機能を使用したい場合はWalletアプリを使用します。

Walletアプリとは、クレジットカードや交通系ICカードなどを登録して活用可能なアプリです。

まず最初は、Walletアプリを立ち上げます。
f:id:rick1208:20200915140246p:plain
アプリのスタート画面です。

右上の+マークを押します。
f:id:rick1208:20200915140531p:plain
使用したいクレジットカードなどをスキャンします。
f:id:rick1208:20200915140625p:plain
登録終了の画面が表示されます。

iPhoneでの設定方法は以上です。

よく使う電子マネーやクレッジットカードを登録して利用してみましょう。

Android

f:id:rick1208:20200913181149p:plain
つづいてはAndroid端末での使用方法です。

AndroidではNFC機能を使用したい場合は、通知バー内のアイコンあるいは本体の設定機能からオン、オフを切り替えることが可能です。
f:id:rick1208:20200915140755p:plain
まず最初は通知バーを下にスクロールしてメニューを表示します。

通知バーとは、Android端末の画面上部にあるお知らせや端末の状態などを表示している部分です。
f:id:rick1208:20200915141006p:plain
表示されたメニューの中から「NFC」を押します。

これでNFC機能がオフに切り替わりました。オフにしたい場合も同じような手順です。

また通知バーのメニュー内にNFCのアイコンが無い場合は、次の手順で設定機能からNFCの切り替えを行いましょう。
f:id:rick1208:20200915141253p:plain
アプリ一覧から「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200915141650p:plain
無線とネットワークのメニューから「もっと見る」を押します。
f:id:rick1208:20200915141743p:plain
NFCおサイフケータイ設定」を押します。
f:id:rick1208:20200915153429p:plain
「Reader、Witter、P2P」の欄を押して、チェックボックスにチェックを入れます。

これでAndroidNFC機能を使用可能なようになりました。
f:id:rick1208:20200915153424p:plain
具体的な電子マネーやクレジットカードの登録などは、個別アプリをダウンロードして活用しましょう。

NFCスマホの対応状況

f:id:rick1208:20200911105643p:plain
NFC機能は現在、Android端末にもiPhone端末にも搭載されています。

それぞの対応状況を解説し、また電源オフでも使用可能な?との疑問も見ていきましょう。

Android

f:id:rick1208:20200911094108p:plain
Android端末では多くの機種がNFC機能に対応しています。

XperiaAQUOSシリーズ、ARROWS、Galaxyなどの人気シリーズもNFC機能が搭載されています。

いま話題のGoogleから発売されたGoogle Pixelにももちろん備わっています。

NFC対応機種は、各キャリアや格安SIM会社のHPからチェックが可能です。例えばDocomoでは次のURLからチェック可能です。

対応機種:NFCFeliCa搭載) | おサイフケータイ | サービス・機能 | NTTドコモ

iPhone

f:id:rick1208:20200911094057p:plain
iPhoneではiPhone 7シリーズよりNFCFeliCa)機能が搭載されています。

機種一覧は次のとおりで、iPhone 7以降発売のすべてです。

iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS

電源がオフでも使用可能?

f:id:rick1208:20200911084440p:plain

スマホ電子マネーを活用するとき、スマホのバッテリーが切れて電源オフとなってしまったらどうしたら良いのでしょうか?おサイフケータイを利用していたり、モバイルSuicaを利用していたり、充電がなくなって使えなくなっては困ってしまいます。

実はスマホでのNFC機能の使用は、電源がオフでも使用可能な場合があります。

NFC機能はほんのちょっとの電力で機能する

f:id:rick1208:20200911075505p:plain
電源オフでも使用可能な理由は、NFC機能はスマホのCPUを使用していないためです。

CPUで何か処理する訳ではなく、スマホ内のNFCチップが独立して動作しているのです。

ただしNFCチップをリーダーで読み取るときに、ほんのちょっとの電力が必要です。なので、スマホのバッテリーが完全に切れている状態では動作しません。

ちなみにバッテリー切れで電源オフとなっても、チップが機能するくらいの電力が残っていることはあるため諦めず試してみましょう。

NFCは他にどのように活用されている?

f:id:rick1208:20200911032453p:plain
NFC機能の基本は「かざして通信」を行うことですが、どんな場面で活用されているのでしょう。

日常で使用する頻度の高いサービスを解説します。

おサイフケータイ

f:id:rick1208:20200910163311p:plain

NFC付きのスマホで活用されている機能としては、「おサイフケータイ」があります。おサイフケータイとは、電子マネーやクレジットカードをスマホに登録しておくことで、レジでカードリーダーにスマホをかざすだけで決済が行える機能です。

EdyやQuickPay、nanacoWaon、LinePayやauWALLETなど電子マネーの種類も増えました。複数のカードを持ち歩くよりも、スマホに登録して持ち歩けると楽ですね。おサイフケータイを活用する利点はますます大きくなっています。

おサイフケータイの機能は、NFCの中でも「FeliCa」という技術で実現されています。FeliCaについては次のパラグラフで詳しく説明します。

Apple Pay

f:id:rick1208:20200910162311p:plain
Apple Payとは、iPhoneなどApple製品で使えるおサイフケータイ機能です。iPhone以外にも、iPadApple Watchでも使用可能です。

機能や活用方法はおサイフケータイと同じで、WALLETアプリを使用してクレジットカードや電子マネー登録して、iPhoneをレジでかざして決済が可能です。

交通系ICカード

f:id:rick1208:20200915154047p:plain
またNFCの活用例として、交通系ICカードの存在も大きくあります。交通系ICカードとは、JR東日本の「Suica」やJR西日本の「Pasmo」をはじめ、大半の鉄道会社で導入されている電子マネーでの決済の仕組みです。

定期券や現金をチャージした交通系ICカードを、改札で「ピッ」とかざして通る様子は現在ではあたり前の後継ですね。

Android ビーム

f:id:rick1208:20200910155530p:plain
またNFC活用例として最後に解説するのは、「P2P」の機能です。P2Pとは「Peer to Peer」の略語で、NFC機能を利用してデバイス同士を通信させてデータやファイルをやり取りする機能です。

Android端末では「Androidビーム」という名称で、この機能が搭載されています。アドレスや電話番号を交換したり、写真を直接シェアしたい場合などに活用可能です。

SNSクラウドストレージ機能が優勢になった現在では使用頻度は少ないとは思いますが、Androidビームはオフラインでも使えるというメリットもあります。Androidビームの使い人は次のとおりです。
f:id:rick1208:20200915154117p:plain
NFC機能のメニューから内の「Androidビーム」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200915154123p:plain
Androidビームの機能説明が表示されます。画面上部のチェックボックスを押してオン、オフを切り替えましょう。Androidビームを使用するには、通信を行う端末が両方ともNFC機能を所持していることが必要です。

NFCFeliCaの違い

f:id:rick1208:20200910075246p:plain
ここまでNFCについて解説しましたが、日本で電子マネー交通系ICカードと聞いて浮かぶ単語は「FeliCa」ではないでしょうか?NFCFeliCaの違いはどこにあるのでしょう?

国とき規格と日本規格

f:id:rick1208:20200909201541p:plain
FeliCa」も機能としてはNFCの一種です。ただし規格の違いがあります。広くNFCと呼ばれるのは国とき規格をもつもので、TypeA・typeBがあります。TypeAは安く大量の生産が容易なため世界中で使用されています。

TypeAとTypeBの違いはセキュリティの強さで、TypeBの方がより強化されています。TypeBは日本では運転免許証やマイナンバーカードなどに利用しています。一方でFeliCaは「TypeF」と呼ばれ、日本で作られた規格です。

開発はソニーが行い通信のスピードを高め、セキュリティも更に強化されている点が国とき規格とは違います。日本で使用される電子マネー交通系ICカードの大半は、FeliCaの技術を採用しています。

一番の違いは通信の速さです。TypeA・TypeBでは最大通信速度:424kbpsとなります。FeliCaでは、最大通信速度:847kbpsとなり、約2倍のスピードで決済が可能なのです。

Suicaで改札を通る時、大半止まることなく一瞬で決済が終了しますよね。これはFeliCaの技術があってこそなのです。

互換性は?

f:id:rick1208:20200909201515p:plain
このような規格の違いのあるNFCFeliCaですが、FeliCaNFCの一種ではあります。ただし機能としては「NFC+セキュリティ機能」となっているのがFeliCaです。「NFC=FeliCa」ではありません。

なのでNFC機能付のスマホでもFeliCa機能がついていなければ、おサイフケータイ電子マネーの多くは使用可能でせん。互換性がフルにある訳ではないので注意しましょう。

QRコードNFCはどっちが優れている?

f:id:rick1208:20200909193252p:plain

また電子決済としてよく利用されるものに「QRコード」があります。QRコードNFCでは、どっちがより利用しやすいのでしょうか。

QRコードとは

f:id:rick1208:20200915154210p:plain

QRコードQRコード」はバーコードをより複雑化したものです。バーコードは縦しまの黒い線で数字やアルファベットを表していますが、バーコードであらわせる量には限界があります。

そこでバーコードを更に進化させて、縦・横の両方向に小さなドットを配置することで、より多くの情報を記述可能なようにしたのが「QRコード」です。

QRコードNFCの比較

f:id:rick1208:20200909174938p:plain
電子決済の場ではNFC機能を使ったおサイフケータイと、QRコードとどっちも使った経験があると思います。違いはどこにあるのでしょうか?

まずQRコード決済の利点は、スマホの機種に依存しない点です。おサイフケータイApple PayはNFC対応機種である必要がありますが、QRコードなら特別な機能は必要なく画面に表示できればOKです。

ただしQRコードを読み取る場合はカメラ機能が必要です。一方でNFC機能の利点はそのスピードです。「ピッ」とかざすだけで何も操作せずに決済可能な点はかなり魅力です。

QRコードでは、サイトやアプリを立ち上げてQRを表示したり、カメラを起動して読み取ったりと何かしらの動作が必要となります。

どっちも一長一短ですが、やはりスピード感を考えるとNFCの方がより普及していくだろうと思われます。すでに電子マネーSuicaなど採用されている場所が多い点でも、優勢に感じますね。

まとめ

f:id:rick1208:20200909081940p:plain
NFCについて、活用されている場面について、理解が深まりましたか?ぜひ色々な場面で、便利なNFC機能を利用していきましょう。