漫画の地球儀

『TikTok』のID検索方法!【ユーザーを検索できない原因、対処法、iPhone、android】

スポンサーリンク

TikTokのユーザーID

f:id:rick1208:20200915080426p:plain
一般的にユーザーIDは、ユーザー(利用者)の中から一人ひとりを識別する為の身分証明証となるものです。その為、同サービス内で同一のIDを所持しているアカウントは基本的に存在しません。このユーザーIDのシステムはTikTokを含めた多くのサービスで広く用いられており、検索やプロフィールのシェアなど多くの使用方法が可能です。

ここでは10代を中心に多くの若者から支持を得ている、ショートムービー作成共有アプリTikTokにおいて、このTikTokのユーザーIDがどのように扱われ、何ができて何ができないのか解説します。
f:id:rick1208:20200915095036p:plain
まず最初は自身のユーザーIDのチェックをします。アプリを起動したら、画面の下にあるバーに並んでいる5つのアイコンから、一番右にある人の上半身の形をしたものを選択すると自身のプロフィールが表示されます。左からフォロー中の人やおススメユーザーの動画見ること、検索、撮影、メッセージ、プロフィールです。

このページにあるユーザー名の下に「TikTok ID:〇□△」と書かれていますが、この〇□△がTikTokにおけるユーザーIDとなります。

以降、このユーザーIDをTikTokIDと記述して解説を進めます。

TikTokIDは、ツイッターやLINE等にシェアされたときに動画内に表示されることがあります。また、TikTokIDを使えば目的のユーザーを簡単に検索可能なので、シェアされた動画にリンクがなくても、中のTikTokIDを使用してその動画を制作したユーザーを検索可能です。

最初は難しい部分もありますが、上手く扱って検索などに用いる方法を身に着ければより楽しいTikTokライフを送れるようになるのは間違いありません。

TikTokIDでユーザー検索する方法

f:id:rick1208:20200915080416p:plain
それではTikTokIDを用いたユーザーの検索方法を解説します。例として私のアカウントのTikTokIDを用いて検索します。実ときに検索をするときは自身や好きなユーザーのTikTokIDを使用して検索してみましょう。
f:id:rick1208:20200915100033p:plain
まず画面の下にあるバーに並んでいる5つのアイコンから、左から2番目の惑星のようなアイコンを選択することで検索画面に移動可能です。
f:id:rick1208:20200915100045p:plain
検索画面に移動したら、画面上部にある検索ボックスに検索したいユーザーのTikTokIDを記入し、検索ボタンかキーボードの決定ボタンを押します。もし自身のTikTokIDで検索をしたい場合は、プロフィール画面でTikTokIDを長押ししてコピーしておくと便利です。

検索結果をチェックします。TikTokIDの一部ではなく全体を記入しているのなら、表示された検索結果のユーザーの一番上に目的のユーザーが表示されている筈です。このまま検索したユーザーの名前をタップすれば、プロフィールを見ること可能です。

この方法で気になったユーザーを自由に検索したり、自身のTikTokIDを他人に教えて検索してもらうことで、TikTokライフをより充実させていきましょう。

TikTokIDでユーザー検索できない時は

f:id:rick1208:20200914175343p:plain
折角身に着けたTikTokIDを用いたユーザー検索の方法を用いても、TikTokのシステム自体の不具合やアプリや端末のバージョンの問題で、IDを使用して検索をしているのに、検索したいユーザーが何故か検索にヒットしたユーザーの一覧に表示されないことがあります。

検索をしても目的のユーザーが出てこない。そのときの対処法も此処で説明していきます。

アプリを最新のバージョンにアップデート

f:id:rick1208:20200914175317p:plain
1つ目はTikTokのアプリを最新のバージョンにアップデートすることです。多くのアプリでは、バージョンが最新でないと、色々な機能が上手く動作できないことがあるからです。iOSならAppStoreで、AndroidならPlayストアでTikTokアプリを検索し、最新のバージョンにアップデートされているかチェックしてみましょう。

もしアップデートされていなかったら、アップデートをしてから再びユーザーの検索をします。
f:id:rick1208:20200915100132p:plain

iOSAndroidのバージョンが対応しているかをチェック

f:id:rick1208:20200914154720p:plain
2つ目はiOSAndroid等のOSのバージョンがTikTokのアプリに対応しているものかをチェックすることです。過去には対応していたとしても、更新をしないままだとTikTokアプリを上手く動作ができなくなる場合があります。また、逆にOSのバージョンの方が高く、TikTokアプリが対応していなくて動作ができなくなる場合もあります。

OAのバージョンが低いのならOSを最新のものに更新すれば解決するかもしれません。ですが、高い場合はバージョンを下げられないので、TikTokアプリの方が対応するのを待つしかありません。
f:id:rick1208:20200915100809p:plain
TikTokアプリの対応OSはインターネット等で検索すれば最新のものを調べられます。後は端末の現在のバージョンをチェックします。

iOSの場合は設定アプリを起動し「一般」の中の「情報」から「バージョン」を選択することでチェックが可能です。
Androidの場合は設定アプリを起動し「システム」の中の「端末情報」から「Androidバージョン」を選択することでチェックが可能です。


検索した結果、TikTokアプリと端末のバージョンの条件が一致しない場合は、とりあえずシステムアップデートをしてみましょう。

f:id:rick1208:20200915100821p:plain
システムが対応している状態になったら、再びユーザーの検索をします。

アプリの強制終了と端末の再起動

f:id:rick1208:20200914050438p:plain
3つ目、最後の対処方法はTikTokアプリや端末を再起動することです。TikTokIDの検索ができないのは軽いバグ等の一時的なものの可能性もあり、その場合はアプリを強制終了してから端末を再起動すると解決する事があります。

iPhoneの場合

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
iPhoneの場合はiOSによって方法が違います。従来のiPhoneではホームボタンを2回連続で押すことで、起動しているアプリが表示され、その中のTikTokのアプリを上にフリックすることで強制終了可能です。

ただし、iPhoneX等のiOS11以上ではこの方法で強制終了はできないので、そちらの方法も解説します。

iOS11では、下から上にフリックすることで起動しているアプリが表示され、その中のTikTokのアプリを長押し後、上にフリックするもしくは×マークを押すことで強制終了可能です。

iOS12では、同じく下から上にフリックすることで起動しているアプリを出し、その中のTikTokのアプリを上にフリックすることで強制終了可能です。

後は端末を再起動させれば工程は終了です。

まず、端末の上部分もしくは右側面にあるスリープボタンを長押しします。すると画面の上部にスライダが表示されるのでフリックしましょう。そうするとまず端末の電源が落ちるので、再び同じボタンをAppleのマークが画面に映るまで長押しすれば再起動可能です。

Androidの場合

f:id:rick1208:20200913172556p:plain
Androidの場合は端末の右下にあるメニュー・マルチタスクボタンを押すことで、起動しているアプリの一覧を表示可能です。ボタンがない端末では画面下の方を上に向かってフリックすると、画面内に同じボタンが表示されます。その中にあるTikTokアプリの画面を右か左にフリックすることで強制終了可能です。
f:id:rick1208:20200915100943p:plain
後は端末の再起動です。端末の右側面にある電源ボタンを長押しすると「電源を切る」「再起動」等と表示された画面が出てきます。この中の「再起動」を押すことで自動的に再起動が行われます。また、「電源を切る」を押して電源を落とした後に、同じボタンを長押しすることで再び起動可能です。

再起動ができたら、再びユーザーの検索をしてみます。

以上の工程を全部行ってもTikTokIDで目的のユーザーが検索できない場合は、公式サイトやデベロッパーの連絡先に問い合わせてみましょう。
f:id:rick1208:20200915100953p:plain

TikTokIDの変更方法

f:id:rick1208:20200915102056p:plain

TikTokIDはアカウントを作って直ぐに自動で設定されています。ですが、最初に用意されたTikTokIDは数字の羅列で構成されており、人によっては覚えづらく検索しにくいかもしれません。そういう時は、自身で決めたオリジナルのTikTokIDに変更してみましょう。

特徴的なTikTokIDにしておくと、色々な人に覚えられたり検索されやすいメリットもあります。

TikTokID変更の手順

f:id:rick1208:20200915102125p:plain
それでは、TikTokIDを好きな者に変更する手順を解説します。まず最初は上記で解説した通りの手順で、自身のアカウントのプロフィールを表示しましょう。

それから画面の右上に表示されている三本線の引かれたアイコンを押します。すると画面の右半分を覆うようにメニューがでてくるので、その中にある「プロフィールを編集」を押してプロフィール編集の画面へ移動します。

プロフィール設定画面ではTikTokID以外にも、ユーザー名等の色々なプロフィールの変更が行えます。ユーザー名の下に表示されているのがTikTokIDです。このTikTokIDを押すと自由に記入可能です。早速、TikTokIDを検索しやすいオリジナルのものに変更します。

元々記入されていたTikTokIDを消去し、お好みの英数字等を組み合わせたTikTokIDを記入した後に、右上にある「保存」という文字を押します。もう使用されている等と表示がでなければ変更終了です。

TikTokIDの変更を終えたら、プロフィールに戻ってチェックしてみましょう。ユーザー名の下に表示されている「TikTokID:〇△□」の〇△□がTikTokIDです。最初に設定されていた数字だけのIDではなく、上で記入したものに変更されていたら成功です。これが自身で設定をした、あなただけのTikTokIDとなります。

ユーザー名を頻繁に変えない人は、ユーザー名に対応したTikTokIDにすると、検索しやすいかもしれません。逆に、他人が不快になるようなものを示したTikTokIDだと、どれだけ動画が良いものでも検索を躊躇われてしまいます。

変更のときに注意すること

f:id:rick1208:20200911210653p:plain
TikTokIDの変更手順を解説しましたが、この時に注意しなければならないことが幾つかあります。これらの注意事項をちゃんとチェックしてから、TikTokIDの変更をしましょう。

文字数は16文字までです。
使用可能なのは「半角英数字」「アンダースコア」「ピリオド」のみです。
1回変更をすると、30日間は変更ができないので間違えないようにしましょう。
他のユーザーと同じTikTokIDにはできないので単純なものにはしづらいかもしれません。


チェック画面は出て来ません。設定画面の「保存」を押すと、もう1回設定画面に戻ってTikTokIDを押しても反応がない状態になります。気を付けましょう。

また、上記の通り同じTikTokiDには可能でせんが、1文字でも違えば異なるTikTokIDです。目的のTikTokIDにしたいのにできない時は、妥協して数字等を後ろにつけてみましょう。似たTikTokIDを持つユーザーを検索するのも面白いかもしれません。

TikTokIDは非表示にできないの?検索されたくない時は

f:id:rick1208:20200911191400p:plain
TikTokIDは検索に使える便利なものですが、その反面、TikTokIDを知っている人なら誰にでも自身のアカウントを検索可能です。むやみに検索されたくない場合やプライベートに使用したい場合の対処方法を解説します。
f:id:rick1208:20200915102242p:plain

TikTokIDは非表示にできない

まず、TikTokIDは非表示に可能でせん。プロフィールに行けば誰でもチェック可能ですし、シェアされたときに表示されることもあります。更に、誰でもTikTokIDで検索をしてユーザーを見つけられます。また、設定のときに1文字も入れていない状態で設定を保存することも可能でせん。けれど検索をされても、プライベートに使用する為の方法はあります。
f:id:rick1208:20200915102429p:plain

プライベートアカウントにする

f:id:rick1208:20200911174024p:plain
プライベートアカウントとは、自身のTikTokアカウントに錠をした状態にしたものです。例えば実ときの建物にも錠をしていれば、鍵を持たない人が自由に出入りすることは可能でせん。プライベートアカウントに設定することで、検索をされても、自身がフォローを許可したユーザー以外からの動画の見ることを制限可能です。

ただし、プライベートアカウントにする前からフォローされているユーザーは、既に許可をしているのと同じ状態になっているので、必要に応じてブロックしましょう。ブロックについての解説は後述で行います。

自身のアカウントをプライベートアカウントに変更する方法は次の手順です。自身のプロフィールに移動し、右上にある三本線のアイコンを押します。するとメニューが表示されるので「設定」を押し、設定画面に移動する。
f:id:rick1208:20200915102449p:plain
次に「アカウント」の中にある「プライバシー設定」を押すと、プライバシーに関する項目の設定画面に移動します。
f:id:rick1208:20200915102527p:plain
最後に「非公開アカウント」という文字の右側にあるボタンを押すと、白い状態から緑色の状態に変化します。これでプライベートアカウントへの変更が終了しました。

プライベートアカウントにしても検索にはヒットしますが、動画を見ることされることはありません。また、プライベートアカウントに設定されたアカウントには、プロフィールにも検索にヒットしたユーザーの一覧にも、何かしらのマーク等の表示はされませんので、プライベートアカウントに設定したということを忘れないようにしましょう。

プライベートアカウントになっているということは、検索をされても動画の見ることはされず、シェアも行われないということです。誰かに検索してもらいたくなった場合や、間違えてプライベートアカウントにしてしまった場合は、同様な手順で設定の解除をしましょう。

TikTokの検索で特定のユーザーをブロックする方法

f:id:rick1208:20200911105643p:plain
もし不特定沢山のユーザーではなく、特定のユーザーから動画を検索されたくないという時は、そのユーザーをブロックすることで此方のアカウントの投稿動画を見られない様に可能です。

ブロックとは、設定することで特定のユーザーに自身の活動を見られないようにすることです。例えば、相手と自身の間に壁を作り、此方側を見られないようにする事に近いかもしれません。

ブロックをすると以下の状態になります。

ブロックした相手や自身は検索をしてもお互いの動画を見ることできなくなります。
ブロックしたユーザーとのメッセージのやり取りができなくなり、過去のメッセージも見られなくなります。
フォロー数やフォロワー数、いいねの数などもお互いチェックできなくなります。


ブロックしたことは相手に通知されることはありません。ですが、フォローされている場合やしている場合にはそれらが解除されたり、フォローしようとしたときにフォローが行えないので、相手の行動によっては気づかれる可能性はあります。

f:id:rick1208:20200915102813p:plain
また、ブロックもプライベートアカウント同様、検索でヒットしたユーザーの一覧やプロフィールにブロックされたという表示はされません。

けれど、ブロックされた側でもブロックした側を検索し、プロフィールを見ることは可能ですので不快にさせるようなことを書くのはやめましょう。逆にブロックをしても相手のプロフィールだけは検索をすれば見られます。

ブロックの手順

それでは順を追って特定のユーザーをブロックする方法を解説します。ブロック相手となるユーザーのユーザー名やTikTokIDは隠していますが、了承をお願いします。
f:id:rick1208:20200915102833p:plain
まず最初は検索をしたり、フォローやフォロワーの一覧から、ブロックをしたいユーザーのプロフィールを開きます。右上に表示されている「フォロー」あるいは「フォロー済み」の文字の更に右にある3つの点のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200915102842p:plain
するとそのユーザーのプロフィールをシェアしたり、違反報告等が可能なメニューが表示されるので、その中にある「ブロック」を押します。
f:id:rick1208:20200915103015p:plain
最後にチェック画面が表示されるので「チェック」をタップすれば、ブロック終了です。これで検索をしてプロフィールを開いてもお互いの詳しい情報を見られなくなりました。

ブロックの解除方法

f:id:rick1208:20200911094108p:plain
間違えてブロックをしてしまった場合や、時間が経過したことで、ブロックを解除したい時の方法も解説します。ブロックを解除してもブロックしたときと同じく、相手に通知されることはありません。
f:id:rick1208:20200915103036p:plain
まず最初は上でのように検索をしてブロックをしてあるユーザーのプロフィールへ向かい、右上のフォローと書かれた文字の更に右にある3つの点が書かれたアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200915103045p:plain
ブロックした時と同様なメニューが表示されたら、その中にある「ブロックを解除」を押してこのユーザーへのブロックを解除します。これで相手にもブロックをされていなければ、検索をしてプロフィールに行くことで、再びお互いの情報を見ることし合えるようになります。

検索されたくない時の対処法は以上です。
また、もう活動しないので検索をされてプロフィールも見られたくないというのなら、アカウントを消す方法もあります。

TikTokIDで他に可能なこと・できないこと

f:id:rick1208:20200911094057p:plain
検索に使用可能なTikTokIDですが、検索以外にも、可能なことやできないことがあります。此方についても詳しく説明していきます。

自分自身自身のIDをシェア

f:id:rick1208:20200911084440p:plain
TikTokIDは他のSNS等でシェア可能です。シェアをするとより多くの人に自身のアカウントの投稿を見てもらえ検索もされるので、フォロワー数の上昇などに繋がります。では、その方法も説明していきます。

まず最初は自身のプロフィールを開き、右上にある三本線のアイコンを押します。すると、メニューが表示されます。
f:id:rick1208:20200915103119p:plain
表示されたメニューの中の「プロフィールをシェア」を押し、シェアをする先を一覧の中から選択すればTikTokIDのシェアの終了です。この機能を使用して、より多くの人に自身のことを知ってもらいましょう。

IDからのログイン

f:id:rick1208:20200911075528p:plain
TikTokIDは個人を特定する身分証のようなものだと解説しましたが、IDを用いたログインは可能でせん。ツイッター等では可能なので、間違えないように気をつけましょう。TikTokのログインで使用可能なのは、登録した電話番号もしくはメールアドレスとパスワードになります。
f:id:rick1208:20200915103134p:plain
メールアドレス等の欄にTikTokIDを記入しても、画像のような表示がされ、パスワードが正しくてもログインは可能でせん。メールアドレスと違い、検索をすればTikTokIDは特定可能なからです。あくまでもTikTok内での身分証であり、その中では検索など便利に使えますが、TikTokの外での自身を証明するものにはなりません。

まとめ

f:id:rick1208:20200911075505p:plain

TikTokIDを用いたユーザーの検索方法やプライベートアカウントの設定方法など、色々なTikTokの機能を説明してきました。その中でも一番使うのはIDでの検索方法です。上手く検索できない場合の対処方法も合わせて解説したので、もし気になるユーザーを見かけたらどんどん検索をしてみましょう。

他のユーザーにもTikTokIDを使ったおススメユーザーの検索を勧めてみても良いです。そして色々なSNSにシェアをしていけば、あなたのお気に入りユーザーが人気者になるかもしれません。

もちろん、解説したように自身の手でTikTokIDのシェアもして、沢山の人に拡散して検索をしてもらいましょう。検索したくなるようなTikTokIDに変更しても良いです。見やすくて覚えやすいIDなら沢山検索してもらえるかもしれません。

逆に検索をされたくない人はプライベートアカウントの設定方法を参考にしてください。特定のユーザーから検索されたくないのなら、ブロックをする選択肢もあります。これらの機能は、いつでも解除可能なので気軽に使用してみましょう。

検索やシェアに使えて便利なTikTokID。是非、使用してみてください。