漫画の地球儀

WEBページを『PDFファイル』で保存する方法!【メリット、スマホ、iPhone、android、pc】

スポンサーリンク

WEBページをPDFファイルに変換

f:id:rick1208:20200913171806p:plain
パソコンやスマホでWEBページを見るには、インターネットへ接続していなければなりません。しかし、オフラインでもお気に入りのWEBページを見れたら便利でしすよね。

ほかにも、仕事などの資料作りにWEBページをそのまま保存し、印刷等ができたら便利だなあと思っている方も少なくないと思います。そんな人は、WEBページをPDFとして保存することで悩みを解消することが可能です。

WEBページをPDFに保存する方法、またPDFについてなどをここでは説明していきます。お気に入りのWEBページをPDFで保存し、いつでも見れるようにしておきたい!仕事の資料作りに役立てたい!という人はぜひご覧ください。

PDFとは?

f:id:rick1208:20200913172441p:plain
WEBページを保存する手段やツールについてを解説する前に、まず最初はPDFとは何のことなのか簡単に説明します。PDFファイルは多くの方に使用されている電子ファイルですが、案外基本的な知識までは知らない方が多いです。

PDFファイルとは、「紙に印刷するときと同じ状態のページのイメージを保存する」ためのファイル形式のことであり、正式名称であるPortable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の頭文字を取ったものになります。

文章から画像データまでをPDFファイルとして保存することがでい、情報の交換や配布などを電子的に行う手段とされています。

PDFファイルに変換するときのメリット

f:id:rick1208:20200913172502p:plain
PDFファイルに変換するメリットは、印刷物と同じくらいに質のよい情報を所持していることや、しおりや注釈などの色々な機能を後から編集することで付け加えることが可能なことです。

以前まで、PDFは「Adobe PDF ツールバー(Acrobat)」など有償で作成可能なソフトウェアが一般的でしたが、現在ではAdobe PDFツールを含め色々なPDF作成ソフトウェアが安くなっていき、無料ツールまでが登場するように。

無料で編集、またWEBページをPDFとして保存可能なようになったので、PDFファイルにすることで得られるメリットは多くあると思います。WEBページもPDFファイルにすれば、スタイルを崩さずに保存することが可能です。

また、PDFファイルに保存することで、セキュリティー面の向上も図れます。PDFファイルのデータを、特定の人しか見ることできないように設定したり、PDFの改ざんを検出することも可能です。

WEBページを保存したいというだけであれば、あまり使用しない機能かもしれませんが、使用方法次第で色々なメリットがあります。

PDFファイルに情報を埋め込むことでフォント崩れ等も起こさないこともメリットとしてあげられると思います。(電子上のやり取りにおいて、受り取り手がフォントを所持していないと”フォント崩れ”が発生するなどの問題がある)

PDFファイルに変換するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200911210653p:plain
PDFファイルを作成するにあたっての気を付ける点は、使用するツールが最新版でない場合、作成したPDFファイルのデータに不具合が発生する可能性があるということです。

PDF作成ツールを用いてWEBページを保存する場合、使用しているツールが最新版にアップデートされているかどうかをチェックしておきましょう。

また、使用するツール次第ではWEBページの一部保存が可能なのか、全体保存のみなのか機能面の違いもあります。事前にチェックする必要があると思います。

印刷機能の使用

f:id:rick1208:20200911191400p:plain
上記では、PDFファイルのデータについてを解説しました。PDFで保存することで、さまざまなメリットが得られることが分かったかと思います。

この項目では、いよいよWEBページをPDFで保存する方法についてを説明していきます。まず解説するのは、ブラウザの「印刷機能」を用いた方法です。

GoogleChrome印刷機能を用いて、WEBページをPDFで保存する手順は以下のとおりです。GoogleChromeを普段使用している人はぜひご覧ください。

GoogleChrome印刷機能の使用手順

f:id:rick1208:20200913180005p:plain
GoogleChrome印刷機能を用いたWEBページ保存方法をチェックしていきましょう。まず、ショートカットキーを使わずに印刷機能を使うのであれば、ブラウザの右上部にある三点マークを押します。

すると、履歴などの項目が表示されます。その中に「印刷」という項目があるはずですので、そこをクリックで表示します。
f:id:rick1208:20200913180330p:plain
項目一覧から「印刷」をクリックすると、印刷ウィンドウが表示されます。印刷をクリックすれば、そのままWEBページの印刷が可能なわけですが、ここでは印刷をしたいわけではありません。

印刷ボタンの下にある、「変更」ボタンを押しましょう。そこでPDFに保存するのでの設定変更が可能です。
f:id:rick1208:20200913180341p:plain
変更ボタンをクリックすると、上記画像のような画面が表示されます。一番上に、「PDFに保存」という項目が表示されているかと思います。

「PDFに保存」をクリックすれば、表示しているWEBページをPDFとして保存することが可能です。
f:id:rick1208:20200913180353p:plain
PDFに保存を選択すると、先ほどの印刷画面に戻ります。「印刷ボタン」だった箇所が、「保存ボタン」に代わっているので、あとは保存ボタンをクリックすれば、開いているWEBページをPDFとして保存することが可能です。

Adobe PDFなどの特殊なものでない限り、ソフトウェアをダウンロードすることなくPDFでの保存が可能です。資料作りにこの後編集もしたい、という人は別のツールを使用する必要があります。

単純に、オフラインでもWEBページを見たいという方などはブラウザ上で簡単にPDF保存が可能なので、ぜひお試しください。GoogleChromeを使用していない人は、この機会にぜひダウンロードしてみてください。下記リンクからダウンロードが可能です。
Google Chrome - Download the Fast, Secure Browser from Google

印刷機能のショートカットキーは?

f:id:rick1208:20200913181149p:plain
GoogleChrome印刷機能は、ショートカットキーですぐに立ち上げることが可能です。WindowsMacで、ちょっとショートカットキーの内容は変わるのでチェックしましょう。ショートカットキーは以下のとおりです。

Windowsユーザーの場合のショートカットキーは「Ctrlキー + Pキー」
Macユーザーの場合のショートカットキーは「commandキー + Pキー」

上記のショートカットキーを覚えれば、マウス操作を使わずにすぐに印刷機能を使用することが可能です。簡単なショートカットキーですので、すぐに慣れることが可能なと思います。

GoogleChrome印刷機能を使用するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200911174024p:plain
特別なソフトウェアを使わずともWEBページをPDF保存が可能な印刷機能ですが、気を付ける点がひとつあります。この保存方法は、印刷画面がそのままPDFファイルとして保存されてしまうのです。

なので、ページの切れ目がおかしい、画像がちゃんと表示されていないなど問題が生じることも。自分自身が思った通りにWEBページを保存したいのであれば、細かい調節などを行い必要があると思います。

調整をしてもうまい具合にWEBページを保存できない、という場合は別のPDF変換ツールを導入した方が良いかもしれませんね。以上の気を付ける点に気を付けながら、PDF保存を行いましょう。

Adobe PDFツールバーの使用

f:id:rick1208:20200911105643p:plain
上記では、GoogleChrome印刷機能を用いたWEBページ保存方法を解説しました。手軽にPDF変換可能なのはうれしいですが、細かい調整などは難しい様子。

Adobeが提供する「Acrobat」というソフトウェアには、Adobe PDF ツールバーという機能が搭載されています。Adobe PDFツールバーを使用すれば、WEBページの全体はもちろん、一部だけを切り取って保存するといったことも可能です。

AdobeAcrobatAdobe PDF ツールバーについての情報を解説します。ダウンロード手順等を以下の項目でチェックしましょう。

Adobe Acrobat DCの機能とダウンロード手順

f:id:rick1208:20200913181253p:plain
Adobe PDF ツールバーを使用したいのであれば、まず最初はAdobe Acrobat DCをパソコンに導入する必要があります。はじめて使用するということであれば、「無料体験」でしばらくの間使用することが可能です。

公式サイトで無料体験・購入の選択が可能ですので、どっちかをクリックで選びましょう。

購入する場合の価格は、standard版で月々1,380円、Pro版で月々1,580円です。Pro版の方が使える機能が多いので、購入をするという人は事前に機能面のチェックをしておく必要があると思います。
f:id:rick1208:20200913181308p:plain
Acrobat(Adobe PDF ツール)をダウンロードするときは、まず最初は「購入」という形で決済に進みます。無料体験版を押した人はももちろん0円での購入になります。

Acrobatの無料体験版は下記リンクから可能です。気になる人は、ぜひ1回ダウンロードして使用してみてください。

WEBページをPDFに変換、保存はもちろんのこと、その後の編集等もAdobe PDF ツールなら簡単に操作することが可能なと思います。PDFファイルを扱い人にとっては、重宝するソフトウェアです。
Adobe Acrobat Pro無料体験版をダウンロード | Adobe Acrobat

Adobe PDFツールバーの使用手順

f:id:rick1208:20200913181551p:plain
Adobe PDFツールバーの使用手順は至って簡単で、アイコンを押し「WEBページをAdobe PDFに変換」を選択するだけです。

ツールバーでなくAcrobatでのWEBページPDF変換

f:id:rick1208:20200913181558p:plain
Adobe PDFツールバーでなく、Acrobatを用いてWEBページをPDFに変換する方法をチェックしていきましょう。Acrobatを立ち上げ、「ファイル」から「作成」をクリックで選びます。

その中に、「WEBページからPDF」という項目があるはずです。そこをクリックで選びましょう。
f:id:rick1208:20200913181611p:plain
上記画像のような画面が表示されます、このとき、URL欄にPDF変換したいWEBページのURLをペースト、作成ボタンをクリックすればWEBページのPDF変換が開始されます。

しかし、一部のみを保存したいなど設定を変更する必要があるのであれば、作成ボタンの前に調整を行いましょう。
f:id:rick1208:20200913181625p:plain
作成ボタンをクリックする前に、「複数レベルをキャプチャ」という文字の横にあるアイコンを押しましょう。すると、PDF変換についての設定を変更可能です。

そこで、サイトの一部・サイトの全体などの設定を行うことが可能です。

一部だけ保存したい、全体まとめて保存したいなどの設定を行いたい人は、作成ボタンの前にこちらの設定変更を行っておきましょう。
f:id:rick1208:20200913182252p:plain
また、保存にあたり余白などのレイアウトを調整することも可能です。レイアウト等の設定を変更したい場合は、「設定」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200913182308p:plain
設定ボタンをクリックすると、保存するときのレイアウト調整などを行うことが可能です。ページサイズや余白など、任意の設定に変更をしておきましょう。
f:id:rick1208:20200913182324p:plain
細かい設定などを変更し、「作成ボタン」をクリックすればWEBページのPDF変換が開始されます。そしてダウンロードが可能になります。

WEBページ全体をPDFファイルに変換可能なブラウザ

f:id:rick1208:20200913182409p:plain
Adobe PDFツールバーAcrobatをそれぞれの手順を解説しましたが、Adobe PDFツールバーに関しては、変換内容によって使用可能なブラウザに違いが出てきます。それらをチェックしていきましょう。まず、WEBページ全体を変換可能なブラウザです。

「使用可能なブラウザ」
Windows…InternetExplorer、FirefoxChrome MacFirefox

上記ブラウザは、全体のPDF保存が可能です。

WEBページの一部をPDFファイルに変換可能なブラウザ

f:id:rick1208:20200913182550p:plain
全体でなく一部だけをPDFに変換可能なブラウザは以下のとおりです。チェックしましょう。

「使用可能なブラウザ」 InternetExplorerのみ

WEBページ全体の保存は大体のブラウザで可能ですが、一部だけ保存可能なのはInternetExplorerのみのようです。なので、全体と一部と用途によってはブラウザを使い分ける必要があるかもしれません。

変換ツールの使用

f:id:rick1208:20200911094108p:plain
上記では、Adobe PDFツール、またAdobe AcrobatによるPDF変換方法を解説しました。ブラウザによる変換内容の違いなどはチェック可能でしたか?

この項目では、WEBページをWEB上の変換ツールを用いて保存する方法を解説したいと思います。無料で使用が可能なので、手軽にWEBページをPDF保存したいという方におススメです。

使用する変換ツールは「PDFmyURL、COM」です。使用手順は下記項目をチェックしてください。

変換ツール「PDFmyURL」の使用手順

f:id:rick1208:20200913183306p:plain
PDFmyURL、COMは、WEBページのURLを張り付ければ簡単にWEBページ全体をPDFに変換可能な、無料のツールです。一部のみの変換はできないので全体をさくっと保存したいという方に適したツールです。

ソフトウェアではないため、何かをダウンロードするなどの手間もありません。URLにアクセスすれば、すぐにその機能を使用することが可能です。

下記リンクからアクセスすることが可能です。使用したい人はアクセスしてみてください。
Convert any URL or Web Page to PDF. Online PDF API


f:id:rick1208:20200913183850p:plain
使用手順は至って簡単で、上記でも述べた通り、保存したいURLをコピーしたらボックスに張り付けるだけです。URLを張り付けたら、「PDFとして保存」をクリックで選びましょう。
f:id:rick1208:20200913183900p:plain
上記画像のように変換が開始されたことがウィンドウで表示されます。あとは変換されたWEBページのPDFを保存するだけです。

有料プランを契約する必要がある場合とは?

f:id:rick1208:20200913183907p:plain
また特定のホームページからPDF変換を行うなどの操作を行いたい場合は、有料のプランを契約することでその機能を使うことが可能です。

変換以外にも便利な機能があり、サイトの下部で詳細をチェックすることが可能です。気になる人は実ときにアクセスし、サイトの下部をご覧ください。

拡張機能の使用

f:id:rick1208:20200911084440p:plain

上記ではサイトを使用したWEBページPDF保存方法を解説しました。無料で手軽に使用が可能なので、時々PDF変換を行いたい方などにぴったりのツールと思います。

この項目で解説するのは、ブラウザの拡張機能によるPDF保存方法です。拡張機能をダウンロードすることで、ブラウザ上で手軽にPDF変換、保存が可能です。

拡張機能、「Awesome Screenshot」を使用した保存方法をチェックしましょう。手順は以下のとおりです。

拡張機能Awesome Screenshot」の使用手順

f:id:rick1208:20200913183926p:plain
拡張機能であるAwesome Screenshotは、ダウンロードするとブラウザにアイコンが表示されます。拡張機能を使用したいのであれば、そのアイコンをクリックすることで機能項目の選択が可能になります。

アイコンをクリックすれば、上記画像のような機能項目が表示されます。それぞれの項目内容をチェックしましょう

Capture visible part of page:パソコン画面上で表示されている部分をキャプチャ
Capture selected area:範囲を選びてキャプチャ
Capture entire page:ページ全体をキャプチャ

Delayed capture:セルフタイマー(3秒)後にキャプチャ
Capture desktop:現在起動中のアプリから画面選び、キャプチャ
Select a local image:パソコン内の画像を選びて編集する


よく扱う機能は黄色くマーカーを引いた箇所になります。

f:id:rick1208:20200913184645p:plain
この拡張機能は、WEBページをキャプチャし、その内容をPDFで保存するといった使用方法が可能です。なので、全体も一部もPDFデータとして保存することが可能なのです。

「Capture selected area」を選択することで、範囲指定(WEBページの一部)をキャプチャすることが可能です。
f:id:rick1208:20200913184657p:plain
「Capture entire page」を選択することで、WEBページ全体のキャプチャをすることが可能です。PDF変換ツールとして使用することもできれば、キャプチャしてスクリーンショットを撮りたいという時にも使える拡張機能です。

無料で使用可能な拡張機能ですので、手軽に使用可能なのも魅力と思います。

全体か一部か、どっちかの選択をしてからのPDF変換手順をチェックしていきましょう。
f:id:rick1208:20200913184714p:plain
範囲選択を選び、一部のWEBページをPDFとして保存したい時は、ドラッグによって範囲選択をしたあと、「capture」というボタンを押して確定させます。
f:id:rick1208:20200913184725p:plain
一部、全体のキャプチャが終わると、上記画像のように上にツールバーが表示されます。ツールバーの機能を用いて、キャプチャした画像を編集することが可能です。

もし何かしらの編集を行いたい場合はツールバーから機能の選択を行ってください。

保存して大丈夫な場合は、「DONE」ボタンを押して保存します。
f:id:rick1208:20200913184736p:plain
DONEをクリックすると、保存に関する選択が表示されます。この時、そのまま保存を選びてしまうと「画像」として保存がされてしまいます。

PDFとしてWEBページを保存したい場合は、「印刷」アイコンを選択する必要があります。一番右のアイコンを押して選びましょう。
WEBページ保存方法・PDFに変換して保存する画面

この時、使用しているブラウザの印刷機能が表示されます。あとの流れは先ほど解説した流れと変わりありません。変更ボタンからPDFを選び、保存をを押すだけです。

この拡張機能は、「一部」のみのPDF化をしたいとい方にぴったりのツールです。

Firefoxでのダウンロード手順

f:id:rick1208:20200911075528p:plain
Firefoxでダウンロードしたい場合、下記リンクから簡単に拡張機能をダウンロードすることが可能です。Firefoxの人は、下記リンクにアクセスしてみてください。
Awesome Screenshot & Screen Recorder – Get this Extension for 🦊 Firefox (en-US)

GoogleChrome拡張機能のダウンロード手順

f:id:rick1208:20200911032453p:plain
GoogleChromeの場合も、Googleのウェブストアにアクセスすることで拡張機能を簡単にダウンロードすることが可能です。

Googlechromeを使用している人は、下記リンクからアクセスしてみてください。手順は、「chromeに追加」ボタンを押して選択するだけです。
Awesome Screenshot スクリーンショットと画面録画 - Chrome ウェブストア

Awesome Screenshot」の特徴

f:id:rick1208:20200910163311p:plain
Awesome Screenshotの特徴としては、上記でも述べたように「キャプチャ」してPDF変換可能な点と思います。もともとPDF変換ツールというよりは、キャプチャ・スクリーンショットツールとして使用されていたものです。

なので、PDF保存以外の用途でも使用可能な便利な機能といえると思います。導入するとき、フリーソフトとして下記リンクからもダウンロード、ダウンロードが可能です。

気になる人はぜひ、利用しているパソコンの導入してみてください。

スマホのWEBページもPDFファイルで保存は可能

f:id:rick1208:20200910162311p:plain
上記ではパソコンによるWEBページのPDF保存方法を説明してきましたが、もちろんスマホでもPDFへの変換、保存は可能です。AndroidiPhoneそれぞれの流れをチェックして、オフラインでもWEBページがチェック可能なようにしましょう。

Android端末での手順

f:id:rick1208:20200913185024p:plain
Androidの場合も、使用するのはブラウザの「印刷機能」です。ブラウザのメニューを表示すると、「共有」という項目があるかと思います。

共有の中に、「印刷」という項目があるはずなので、そこを押して選びます。

あとは「PDFで保存」を選び、保存するだけです。Androidの人はこの手順でぜひ、WEBページをPDFとして保存してみてください。

iPhone端末での手順

f:id:rick1208:20200913185032p:plain
iPhoneの場合も、PDF保存の流れはAndroidと変わりありません。PDF化したいWEBページを開いた状態で、ブラウザの「共有」を選択。

iPhoneの場合、共有の中にすでに「PDFを作成」という選択肢があります。ここを押しましょう。すると、PDFを編集可能な画面が表示されるので、編集の必要がある人は操作を行い、「終了」を押します。

以上が、スマホでのPDF変換、保存方法になります。

WEBページをPDFファイルで保存するときのコツ

f:id:rick1208:20200910155530p:plain
上記では、WEBページをPDFで保存する方法をそれぞれ説明してきました。自分自身に合った手段、ツールはありましたと思いますか?

この項目では、WEBページをPDFファイルで保存するときのコツを説明していきます。コツを押さえて、うまくPDFの保存を行いましょう。

コツは以下のとおりです。

PDFファイルに変換する方法は用途によって選ぶ

f:id:rick1208:20200910075246p:plain
PDFファイルに変換するときは、用途によってツールを選びましょう。実は、使用するツール次第でファイルが大きくなったり、小さくなったりするのです。

もちろん、全体で保存可能なか一部を保存可能なかという点も変わってくると思います。それらのことを考えて、何を使用して変換を行うかを考えていきましょう。

ファイルが大きくなる原因

f:id:rick1208:20200909201541p:plain
PDFファイルは、サイズ容量が大きくなりがちです。高画質な画像を多く使用していたりすると、特にPDFのサイズは膨らんでいきます。画像データは、文字などよりも情報量が多いのです。

WEBページの場合、画像を使用している場合が多いです。なので、スタイルを崩さずそのままを保存しようとなるとPDFファイルもサイズが大きくなってしまうのです。

サイズを軽くするには?

f:id:rick1208:20200909201515p:plain
PDFのサイズを小さくしたいのであれば、データを縮小することが可能なオンラインツールや、PDFの編集が可能なソフトウェアを使用するのがおススメです。上記で解説したAcrobatでも、もちろん編集が可能です。

オンラインツールであれば、ブラウザ上にデータをドラッグ&ドロップするだけで簡単にサイズを小さくすることが可能です。

色々な方法があるので、自分自身にあった手段を選ぶと良いと思います。気になる人は、ぜひオンラインツールや編集ツールについて検索してみましょう。

WEBページをPDFファイルとして保存する方法についてを解説しました。いかがでしたか?PDFとして保存することで、資料作りなど色々な用途でデータを使用することが可能なと思います。

方法自体も簡単で、手段も多いのでPDF化は難しいことではありません。ぜひ、自分自身にあった方法をこの記事を参考にみつけてください。